審査落ち キャッシング

審査落ち キャッシング

  1. すぐにお金が借りたい
  2. キャッシングしたくても審査落ちする
  3. 消費者金融系カードローンで借りる
  4. 消費者金融会社でも審査落ちする
  5. キャッシングで審査落ちするときは

 

 

すぐにお金が借りたい

すぐにお金が借りたいとなると、まずは銀行カードローンを思い浮かべる人も多いでしょう。というよりも、銀行の金利が低いので銀行から借りたいと考えるのです。

 

しかし、銀行は現在では即日融資に対応していないので、銀行でお金を借りるにしても翌日の融資になってしまいます。すぐにお金が借りたいのだけど、明日でもかまわないという人でしたら、銀行カードローンは金利が低いので狙い目といえるでしょう。ですが、銀行カードローンは誰でも借りることができるわけではないのです。というのは、銀行カードローンの審査基準が高く、そのため属性の高い人でないと銀行カードローンの融資を受けることができないのです。

 

これは、率直にいうと雇用形態などが大きく影響します。雇用形態が正規雇用、いわゆる正社員でしたら、銀行カードローンの融資の審査に通ることは難しくはないでしょう。特にこういった正社員の人でしたら、最初の融資の申し込みは、銀行カードローンにするべきなのです。それでは、正社員以外の雇用形態の人はどうでしょうか。パートアルバイトの人は、銀行カードローンの融資の申し込みに対して審査に通るのでしょうか。

 

残念ながらパートアルバイトの人でしたら、銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。というのも、銀行カードローンの融資条件の「安定した収入のある人」という条件にパートアルバイトの人が合致しないからです。収入の問題もあるでしょう。それ以上に問題となるのが、雇用形態なのです。正社員は雇用が法律によって守られています。ですから、すぐにクビになることはありません。それだけ安定した収入がずっと保障されているのです。

 

一方のパートアルバイトの人はどうかというと、極端にいうとすぐにでもクビを切ることができます。厳密には雇用契約などによって、1年単位の雇用契約となる場合もあるようですが、正社員と比べて雇用が保障されているわけではないのです。ですから、いつでも雇用打ち切りの可能性があるので、銀行から見ると返済能力に難有りということになります。そのため、銀行カードローンの融資の審査に通ることはないということになるのです。

 

一方で正社員となると、雇用契約がしっかりと結ばれていて、現在でも終身雇用が根付いているので、正社員の場合は返済能力が高いと見られて、銀行カードローンの審査に通りやすいということになるのです。もっとも、正社員でも他社借入れがあるとか、勤続年数が1年未満といった場合は返済能力が無いということで、銀行カードローンの審査に通らない可能性が高くなります。

 

それでは、銀行カードローンの融資の申し込みをしても審査に通らない人はどうしたらいいのでしょうか。それは、消費者金融会社のカードローンや一般のローンに融資の申込みをするようになります。

 

消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンの審査基準よりも低くなっているので、パートアルバイトの人でも審査に通ることができるでしょう。もっとも、数百万円の融資はできないかもしれません。消費者金融会社には総量規制という法律があって、年収の3分の1までしか借りることができないとされているのです。ですから、パートアルバイトで年収が200万円という人でしたら、消費者金融会社から70万円弱の借入れができることになりますが、それ以上の借入れはできません。

 

もっとも、銀行で借りることができたら、銀行は総量規制対象外ですから、もっとお金を借りることができます。それでも、昨今は銀行の過剰融資が問題となっていることもあって、金融庁などあるいは経産省などからの通達もあって、銀行も過剰融資に一定の歯止めをかけるようになったのです。銀行でも、自主的に総量規制を行っているところもあるということです。

 

また、消費者金融会社でもカードローンを取り扱っているのは、アコムやアイフルといった大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社だけです。消費者金融会社のカードローンは、消費者金融会社のローンの中にあって、もっとも審査基準が厳しく、属性によっては消費者金融会社のカードローンの審査に通らない人もいることでしょう。そうなると、大手消費者金融会社ではなく、中小消費者金融会社の通常のローンや、もっと小規模な消費者金融会社である街金のローンに、融資の申し込みをするようになるでしょう。

 

このあたりの消費者金融会社になると、ブラックの人でもお金を借りることができるという口コミサイトの投稿などもあります。中小消費者金融会社や街金では、信用情報機関に照会しない独自審査をするところもあって、現在の属性のみで審査をすることになれば、金融事故を起こして債務整理から自己破産に陥った人も、不問ということになり、ブラックの人でもお金を借りることができたという人もいるのです。

 

ブラックでも確実に借りることができるというわけではありませんが、消費者金融会社の中にはブラックでも借りることができる人もいるということですから、ネットの口コミサイトの投稿などを参考にして、審査基準の甘い中小消費者金融会社や街金を探してみるといいでしょう。

 

 

 

キャッシングしたくても審査落ちする

銀行カードローンで審査落ちすると、後は消費者金融会社のローンに頼るしかありません。消費者金融会社に頼るのならカードローンがいいでしょう。もっとも、銀行カードローンと同様に消費者金融会社のカードローンも、信用情報機関に信用情報を照会して審査に通らないといけません。

 

一般的には住宅ローンで借入れができるような信用情報があれば、銀行カードローンの審査も楽に通ると思いがちですが、住宅ローンは借金とは別物と考えたほうがいいでしょう。住宅ローンの場合は団体生命保険や保証会社の介在などがあるので、住宅ローンを借りることができる…つまりは住宅ローンの審査に通ることができるというわけです。

 

通常であれば、消費者金融会社のカードローンは審査に通りやすいということになっていますが、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても、半分は審査に落ちるという調査結果があるようです。銀行カードローンの審査の厳しさはわかるのですが、消費者金融会社のカードローンも銀行カードローンほどではなくても、キャッシング審査の審査落ちになるということです。

 

もっとも、消費者金融会社のカードローンは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社と、一部の中小消費者金融会社しか取り扱っていません。消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社あるいは、街金といった小規模な消費者金融会社ですから、業容が大きくないと運用できないカードローンのシステムは、自ずと大手消費者金融会社と、一部の準大手と呼ばれる中小消費者金融会社でしか取扱いができないということですね。

 

大手消費者金融会社のカードローンも、信用情報機関に個人信用情報の照会を行います。ここで属性に不安のある人は、審査に落ちることもあるでしょう。パートアルバイトの人でも、消費者金融会社のカードローンの審査に通ることができるのですが、申し込む融資額によっては厳しい場合もあるでしょう。

 

また、消費者金融会社の場合は総量規制という問題があるのです。それは収入の3分の1までしか借りることができないという規制です。法律で定められているものですから、このあたりは消費者金融会社も厳密に調べますし、融資の申込みをする人でも虚偽の申請は罰せられることになるので、他社借入れがあるのにゼロの申請を行うと罰せられるあるいは逮捕されることもあります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外ですから、始めて借入れする場合は、属性も低くはないでしょうから、できるだけ銀行カードローンで融資を受けるようにしたいものです。銀行軽カードローンでしたら、セブン銀行カードローンなどが使い勝手が良く評価も高いようです。

 

 

 

消費者金融系カードローンで借りる

銀行カードローンで審査落ちをして、他で借りるとなると消費者金融会社のカードローンか、通常のローンしかありません。

 

また、消費者金融会社のローンの申込者は、金融事故情報のあるブラックの人でも借りることができるという通説があるようですが、それは人によるとしか言いようがありません。ブラックの人は一般的に融資を受けることはできません。これは社会的制裁のようなもので、法律で決まっているわけではないのですが、普通に考えて返済不能となって債務整理に陥った人に、お金を貸すような消費者金融会社は存在しないと考えたほうがいいのです。

 

それでも、可能性としてゼロでは無いのがブラックでも借りることができたという情報です。ネットの口コミサイトなどでも、ブラックでも借りることができたという投稿も多く見ることができます。そのため、金融ブラックの人でも融資を受ける可能性があると多くの人が思ってしまうのです。もっとも、ブラックの人でも確実に借りることができるわけではないということも、しっかりと理解しておきましょう。

 

それでも、大手消費者金融会社のカードローンを審査落ちになってしまうと、後は中小消費者金融会社や街金の通常ローンに、融資の申込みをするしかありません。総量規制の問題もあり、これは法律で決められているので、年収の3分の1までの借入れがあれば、それ以上消費者金融会社からお金を借りることはできないのです。

 

 

 

消費者金融会社でも審査落ちする

消費者金融業者にもいろいろあります。中には信用情報機関に信用情報を照会しない消費者金融会社もあります。そういったところは、独自審査を行うところです。

 

金融事故情報なども照会しないので、債務整理をしているブラックでも借りることができるという所以になっているのですが、照会しなくてもブラックかどうかは分かるという情報もあるので、ブラックでも確実に借りることができるというわけではありませんし、ブラックだから借りることができないと考えたほうがいいでしょう。

 

独自審査を行う中小消費者金融会社や街金などでは、働いていることが融資の条件とすることが多いです。ですから、電話での在籍確認は必須で行いますし、収入証明書など年収の分かる書類の提出も求められることが多いです。

 

そういった点では、専業主婦が融資の審査に通ることは難しいかもしれません。配偶者がいるので世帯収入で融資を受ける可能性もありますが、そうなると配偶者にお金を借りることがわかるのでまずいと感じる人も少なくないでしょう。

 

 

 

キャッシングで審査落ちするときは

消費者金融会社で借りることがどうしてもできないと万事休すと思いがちですが、ネットの個人間融資掲示板というのがあります。個人でのお金の貸借りになるので、リスクを感じる人も少なくないでしょう。

 

しかし、貸す側にも大きなリスクがあります。基本的に本人確認ができれば、細かな審査などはないので、すぐに用立てできるのがメリットといえます。ですが、返済利息は、これも細かな金利計算は無いに等しく、きちんと計算すれば法外な利息になっていることもあるので注意が必要です。

 

納得してお金を借りることになるので、高額融資にはせずに少額融資でできるだけ早く返済するようにしましょう。

 

審査落ち キャッシング記事一覧

キャッシングの審査落ちの原因 収入キャッシングの審査落ちの原因は、1つではありません。個人信用情報機関の内容もありますが、申込情報の時点で最初から借り入れができない方もいます。共通の審査落ちキャッシングができる方は、基本的に収入がある20歳以上です。カードローンが持てる収入では、安定した一定の収入が必要です。毎月収入があることが基本になり、それも申込のときに一定期間経っていることが必要です。例えば...

キャッシングの審査落ちの原因 虚偽申込本当は審査に通らないかもしれない。総量規制は知っているから、100万円借りたいけれど、収入は300万円ない。だけど、適当に書いておいたら、なんとかごまかせるのでは?収入証明書は必要ないので、適当に書いておこう。消費者金融系の審査はごまかせる?収入証明書の提出が必要ないので、収入をごまかすことも考える方もいます。しかし、これがバレないと思っている方、バレます。確...

どうしてキャッシングの審査落ちになっての?考えられる3つの理由キャッシングの審査に通りたい。だけど、借りられないとき、多重債務でもないのに、収入もあるのにどうして?という場合もあります。返済負担が不安キャッシングもしていないけれど、クレジットカードを頻繁に使っている、住宅ローン、カーローンなどの返済が多い方は、信用情報での審査落ちが考えられます。例えば、住宅ローンですが、高い返済比率でローンを組ん...

キャッシング審査落ちの原因 在籍確認キャッシング審査では、必ず在籍確認があります。その方法は、勤務先に私用電話的に、金融会社担当者が個人名で電話をかけるのです。だいたいこの方法で統一されている在籍確認ですが、これができないと審査完了にならないです。在籍確認がない?消費者金融も銀行カードローンも在籍確認は必ず存在しています。ところが、セブン銀行カードローンは在籍確認なしです。また、提出書類もないです...

審査基準は分からない どうしてキャッシングの審査落ちになる?キャッシングには、金融会社によって審査基準が違います。銀行系、信販系、消費者金融系でも違いがあります。この3社で共通しているのが、20歳以上で収入がある方です。すべてのキャッシングの最低ラインは、この2つの項目です。信用情報で問題があると借りれない?信用情報は、申込の時点では関係ないです。まずは、20歳以上で収入が安定していることです。ア...