審査に落ちたら債務整理をしよう

審査に落ちたら債務整理をしよう

簡単インターネットで即日融資。大手消費者金融ではスピード融資を第一に宣伝しています。お金を借りたい人は今すぐ欲しいのですから、このスビーディさは嬉しいです。消費者金融業者では、どんな申込者でも必ず審査をします。人によって時間のかかり方は違いますが、基準によって可否が決まります。そして、結果はすぐに知ることができます。

 

この審査ですが、ホームページなどでは簡易審査で知ることができます。年齢と年収と借入件数だけで判断するこの審査は、何か不備があると審査に落ちます。不備というのは、その消費者金融の審査基準ですが、この3つの情報だけで決まってしまうのです。ここでダメであっても、電話をかけたらどう?という方もいますが、ご相談にくださいという方には具体的なクレジットが出ます。

 

中小消費者金融の場合は、この審査基準が下がります。金融事故があるブラックであったとしても、お金が借りられるブラックも少なくないと言います。中小のキャッシング会社にしてみれば、ブラックのリスクをある程度の許容範囲としているところもあります。ただし、保証はありませんから、ブラックの方は実際に申し込みをしてみないとわからないのが実情です。

 

実は、大手消費者金融の審査に落ちた時にホッとした方もいるというのです。多分、自分は多重債務でブラックだと予想していたけれど、審査に落ちて債務整理の決心が付いたというのです。ブラックリストは債務整理をした方と考えている方もいますが、少なくとも大手消費者金融で審査落ちした時点で何かしらの金融事故を起こしているのです。ですから、その時点ですでにブラックになっていますから、今さら?という感じです。

 

どこからもお金が借りられないと言う方もいますが、返済ができないのに何を言っている?というのが金融業者の本音です。返済の見通しがない方にお金を貸すことはない、冷静に考えるとそうなのですが、借りられないことからショックな方もいます。

 

しかし、やはり債務整理の時が来たと考えられるのなら、即刻債務整理をすることをお勧めします。多重債務以外でのブラックの場合、債務整理後数年しか経っていない、滞納をしている、延滞中、遅延が続いているという場合、すぐに解決はできず、借入は無理な話しです。やはり債務整理が妥当です。