中小消費者金融にも落ちたら

中小消費者金融にも落ちたら

  1. 絶体絶命?中小消費者金融に審査落ちした場合の金策とは?
  2. 信用ブラックなどの債務者は個人間融資を使って乗り切りたい
  3. 消費者金融の審査で落ちた場合にはもう業者から借りられない?
  4. 中堅消費者金融がNGでも意外に銀行カードローンなら通る?
  5. 同じ日に何件も申し込むのは逆に危険なので少々時間を置きたい

 

 

絶体絶命?中小消費者金融に審査落ちした場合の金策とは?

数多くの消費者金融が世の中には存在しますが、その中には中小消費者金融会社もあります。

 

消費者金融と言えば、プロミスやアイフルといった大手消費者金融会社を思い浮かべる人が多いものの、営業規模がややコンパクトになっている中小消費者金融会社も多数存在するのです。そのため、大手消費者金融の審査基準では厳しくて審査が通らない人の中には中小消費者金融会社に申し込み、無事にお金を借りている人もいます。

 

しかしながら、大手と比べてやや審査基準が甘いと言われる中小消費者金融会社であっても、必ずそれぞれで審査をおこなうため、中小消費者金融会社であっても審査落ちする人はいます。審査が甘いと言われる中小消費者金融にも落ちたら、どうしてもお金を用意しないといけない事情を抱えている人は慌ててしまうものです。

 

しかしながら、このような状況であってもお金が必要な事情が消えてくれるわけではないために、どうにかしてお金を用意しないといけません。ただし、だからといって闇金業者を利用することはNGです。闇金は高利貸しの代表格であって、返済に苦労することが多い存在だからです。そのため、ヤミ金は避けておきたいものですが、それ以外に借りられる会社があるのかと不思議に思う人が多いものです。

 

ですが、そもそも論としてお金を貸してくれるのは今の時代、業者だけではないのです。今は個人間融資も頻繁に各所でおこなわれているため、こうした制度や仕組みを使ってお金を借りることも考えてみましょう。個人間融資掲示板などが存在しており、これらの場所に希望額や事情を書き込むことによってお金を個人と契約して借りることも可能です。

 

また、総量規制オーバーによって、中小消費者金融会社の審査に落ちてしまうような場合には、銀行カードローンの審査を受けることによってお金を借りられるケースもあります。専業主婦などが旦那さんに内緒で借りたい場合にも同様の手があります。

 

総量規制とは無関係な存在が銀行ですから、ここから借りるならば総量規制オーバーにはっ無関係となり、審査も通る可能性があるため、まずは中小消費者金融会社に落ちてしまう理由を探って、その上で最適な相手からお金を借りましょう。

 

 

 

信用ブラックなどの債務者は個人間融資を使って乗り切りたい

過去の借入において遅延や延滞などの履歴があったり、キャッシング業者やカードローン事業者からお金を借りていながら、返済不能に陥って債務整理をおこなったことがあるような場合には、いわゆる信用ブラックに陥ってしまいます。

 

そのため、こうした状況下では信用度は低下しているために、おのずと増額希望審査は受けられませんし、新たなカードローン審査や融資も不可能な状況になってしまうのです。

 

収入や支出の予定が変わって、生活が厳しいときなどに自己資金では賄えないなど、人それぞれに事情がある以上はどうにかしてお金を用意しないといけません。この際、父母や兄弟や親戚、友達や同僚などから借りることもできますが、親はまだしもそれ以外の人からお金を借りる場合には、後々の人間関係にも影響を与えるおそれがあるために、これは避けておきたいものです。

 

そのため、このような事態に陥った際にお金をどうしても用意しないのであれば、個人間融資掲示板を使って個人からお金を借りられるように考えていきましょう。今はネットのおかげで、見ず知らずの他人と出会える環境、繋がりを持てる環境があるわけですが、そのために個人からの融資を得ることもできるようになっています。

 

相手は業者ではないために、信用情報機関にある情報も無関係です。ブラック債務者などであっても、相手さえ承諾してくれればお金を貸してくれますので、こうした仕組みを使ってお金を借りることを考えておきましょう。

 

専用サイトや専用の掲示板などが用意されており、ここで個別に交渉していけば融資を即日で得られるケースも多いため、まずはこのようなサイトを活用して相手を探してみましょう。会って融資してくれる人や振込対応してくれる相手なども存在しており、自分の都合に合わせてくれることも多いため、まずは相談してみることが大切です。

 

信用情報機関にある情報が問題ある場合には、大手消費者金融会社はもちろん、中小消費者金融でも審査に落ちることがあります。中小消費者金融にも落ちたらお先が真っ暗と考えてしまう人もいますが、今は個人間融資という制度もあるため、その存在はぜひ覚えておきましょう。

 

 

 

消費者金融の審査で落ちた場合にはもう業者から借りられない?

いざお金に困ったときに、スムーズにお金を貸してくれることもあるのが消費者金融です。そして、これらの消費者金融はそれぞれ規模も異なります。

 

アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融会社がある反面、中堅消費者金融や中小消費者金融会社もあります。規模が異なるとそれぞれの審査基準も異なってきますので、大手消費者金融会社の審査をクリアできない方でも、中小消費者金融の審査には通ることもあります。

 

ただし、それも絶対ではなく、中小消費者金融にも落ちてしまうことがあります。このように中小消費者金融にも落ちたら、もはや消費者金融からのキャッシングは不可能と考えてしまうものです。たしかに相当厳しい状況とは言えますが、あくまでもそれぞれのキャッシング業者やカードローン業者ごとに審査の基準は異なります。

 

また、個別に審査をおこなうために、結果はあくまでもケースバイケースとなっています。そのため、早々に諦める必要はありません。しかし、なぜ審査に落ちているのかその原因を探る行為は重要です。審査に落ちた理由は業者に聞いても教えてくれませんが、審査に落ちるのは必ず何かの理由があります。

 

信用ブラックや金融ブラックの人もいれば、多重申し込みと判断されてしまって落ちることもあります。さらに、ある程度の年齢になってもヒスクレがなにもない場合には、過去に債務整理をおこなった可能性を疑われてしまい、審査を通らないこともあるのです。このように様々なケースが考えられますが、それによって対処方法も変わってきますので自分に思い当たる節がないかどうか考えてみましょう。

 

たとえば多重申し込みなどの場合、短い期間の中でクレジットカード会社や消費者金融、銀行カードローンなどに多数の申し込みをおこなってしまえば、本来審査が通るような人であっても審査が通らなくなる可能性もあります。ですから、このようなケースでは少し時間をおいてから審査を受けましょう。申し込みをしたという事実も信用情報機関にある情報には記入されますので、こうした配慮も必要になるのです。

 

 

 

中堅消費者金融がNGでも意外に銀行カードローンなら通る?

お金を貸してくれる賃金業者の代表格が銀行であり、今は銀行も住宅ローンや自動車ローンと並んで個人向けのフリーローンをサービスとして用意しています。これらは銀行カードローンなどと呼ばれますが、銀行のローン商品であるからこそ審査も厳しいと考えがちです。

 

ただし、銀行系カードローンは消費者金融やクレジットカード会社にはないメリットもあります。そのひとつが、銀行カードローンは総量規制の対象外であるということです。

 

総量規制のルールでは、年収額に応じて借金できる上限額が決められており、年収の3分の1までの金額しか融資を受けることができません。しかし、この総量規制に関わる融資とは、クレジットカードの融資や消費者金融などノンバンクからの融資です。つまり、銀行からの借入に関しては無関係となっています。

 

たしかに、銀行のローンまで年収の3分の1が上限であれば、年収を超える金額を借りる住宅ローン審査を受けることはできません。そのため、総量規制のルールができた際には、住宅ローンなどがある銀行の各種ローンは対象外となったのです。ですから、大手消費者金融や中小消費者金融にも落ちたら銀行カードローンに申し込むことを検討してみましょう。

 

総量規制のルールが原因で審査落ちをしているような場合、申し込み先を銀行に変えるだけでスムーズに審査が通る可能性もありますので、検討しておきたいひとつの方法と言えます。

 

銀行のほうが審査が厳しいというイメージがあることから、消費者金融会社の審査に落ちた場合には銀行に審査を依頼することなど想像できないという人も多いですが、意外なことに銀行のほうがスムーズに審査を通るケースもあるため、ぜひ検討しておきたい方法です。

 

もちろん、総量規制のルールが理由ではなく審査に落ちているような場合には、銀行に申し込みをしても難しいことが多いため、金融事故などを起こして信用情報機関にある情報がブラックとなっているような場合には厳しいですが、総量規制が理由ならば審査を通る可能性も高いため、まずは相談しておきたいものです。

 

 

 

同じ日に何件も申し込むのは逆に危険なので少々時間を置きたい

キャッシング業者やカードローン事業者は申し込みをおこなうことが最初の一歩となりますが、この申し込みのやり方によっては審査が通らなくなることもありますので、気を付けておきましょう。

 

どのような場合かといえば、多重申し込みです。たとえば同じ日に複数のキャッシング会社に申し込みをおこなうと、借りたまま逃げる可能性があるなど、通常の利用者とは異なる事情を抱えている恐れがあると見なされるので、審査に落ちやすくなることがあるのです。

 

本来なら問題なく審査を通っていたような人であっても、多重申し込みをしているような場合には、すべての業者から審査を断られることがあるのです。つまり、とてももったいない状態を自ら作り上げているわけです。

 

そのため、保険として、たくさんのキャッシング業者やカードローン事業者に同時に申し込みをしておきたい心境は理解できますが、最初に申し込みした会社の審査結果が出るまでの間に次の申し込みをするような行為は避けておきましょう。

 

また、できることならば同じ日の申し込みも避けておきたいものです。同じ日の場合、審査結果が出たあとに申し込みをおこなったかどうかの判断ができず、やはり詐欺の意味合いのある多重申し込みをおこなっているのではないかと考えられてしまうことがあるのです。そうなるとやはり損ですから、最低でも翌日にしておきましょう。

 

あるいは、多重申し込みをおこなう方の多くが、何がなんでもお金を貸してほしいという事情を抱えているからこそ、このような行動に出てしまうわけですが、どうしてもお金がほしいならば多重申し込みをするのではなく、最初にそれぞれの消費者金融の評判を調べた上で審査に通りやすい会社を探しておきましょう。

 

さらに、業者の規模は小さいほどに審査も通りやすい傾向にあると言われていますので、大手消費者金融会社に落ちたら中小消費者金融会社に申し込み、中小消費者金融にも落ちたら街金や個人間融資などを頼ってみましょう。