消費者金融 審査に落ちた時

消費者金融 審査に落ちた時

消費者金融 審査に落ちた時 関連記事





消費者金融の審査に通らない そもそも審査とは?


消費者金融の審査ですが、カードローンは簡単に申し込めることはCMなどでも宣伝しています。
しかし、誰でもキャッシングができるのではなく、金融業者として必ず審査があり、審査基準に合わないと審査落ち、キャッシングができません。
その借入ができない理由は1つではなく、さまざまな要因があります。

どうして審査があるのか?
審査は、金融機関では必ずついて回るものです。
住宅ローン、クレジットカード、自動車ローン等でも行われていることで、具体的には申込情報と個人情報を確認することになります。
申込ができる資格は、ホームページなどに明記していますが、一般的な消費者金融では、
  • 20歳以上
  • 収入がある方
です。
まずは、成人で働いている人が対象です。
この基準に満たない場合は、審査に落ちると言うよりは、最初から申込ができない人です。
この基本的な基準は、大人として分別がつき、返済が保証される収入があることが、申し込み情報では必要なのです。
収入があるだけではなく、勤務先の入力でわざわざ勤務先に電話をかけて在籍確認も行います。

働いているだけでは証明にはならないのです。
審査は、働いていることの虚偽がない返済ができる審査を、最初の申し込み情報で確認をします。
審査がなければ、年収からの総量規制限度額を決めることもできません。

一歩踏み込む審査情報

個人信用情報機関をご存知でしょうか?
個人情報は、最近耳にするのですが、この機関は借金に関するあらゆる情報を網羅したものです。
お金を借りた、クレジットカードを利用した、キャッシングしている、返済していない、完済記録等、お金の貸し借りが個人別に情報として搭載されています。
本人であれば自分でも確認する事ができるのですが、必ず個人信用情報機関の内容を審査の一つとします。

実は、ここで、審査の真髄が決まります。
要するに、収入がある成人だけど、実は多重債務者であったり、延滞していたりと言うような悪い情報がある方が申し込みをしている場合があります。

ブラックリストとは俗語ですが、そのよう悪い行為を記録としてある場合、消費者金融によっては審査落ちです。
この中のどれかの悪い情報が、審査されることで、通過ができなく、ブラックの称号がつけられ、審査に落ちたということになります。

審査は、本当にこの人に貸して良いかをデータから分析するもので、どんな金融業者も金融機関も行っています。
ただし、金融庁に届け出をしている正規登録された金融機関などであり、闇金などは、個人信用情報機関の確認はありません。

審査落ちした後はどうしたら良い?
個人信用情報機関を確認する正規登録の金融業者の借金については、債務者が返済ができない、ブラックリストである状態をなんとかしたい場合は、債務整理を行うことができます。

この債務整理は、正規登録金融業者で行えることです。
審査落ちはしてしまったけれど、返済額の減少を目的とした債務整理を行うことで、ブラックリストの立場を大きく変えることができます。

よって、消費者金融の審査落ちの場合は債務整理が妥当です。
審査が甘い中小消費者金融もありますが、ここではあえて債務整理をおすすめします。
また、審査のない闇金での借入については、信用情報会社は介在しないのですが、返済や金利が無謀であったり、ブラックリスト以上の苦しみが待っています。
お金を借りる場合には、正規登録金融業者でなくてはならないのは自分の身を守るためです。


▲TOPにもどる



消費者金融は総量規制で借りれる金額が決まります


消費者金融のキャッシングの時、総量規制という言葉を耳にします。
これは、限度額のことです。

消費者金融で借りれる限度額は年収3分の1の総量規制
消費者金融では年収3分の一がその人の利用限度額になります。
よって、年収が多い方は多く借りれる、少ない方は少ない限度額になります。
理にかなったことですが、それが総量規制でくくられています。
多重債務も合算され、消費者金融カードローン、クレジットカードキャッシング枠がこれに入ります。
銀行カードローンは別であり、総量規制対象外とされています。
総量規制があるため、自分の限度を知ることができます。

消費者金融で総量規制以上の借入はできない
その人の限度額である総量規制以上の借入は絶対にできません。
例えば、消費者金融では審査の甘い中小消費者金融が存在します。
これは、大手のカードローン会社で借りれない方でも、数万円単位でキャッシングができるというありがたい金融業者です。
ここでも、総量規制の存在は絶対的であり、債務整理者などは審査に通るけれど、総量規制オーバーローンの申し込みに関しては、審査落ちになるというものです。
総量規制の理解がないと、つい多重債務で余計に借り過ぎたり、することもあり、審査落ちの大きな原因です。

銀行カードローン審査は総量規制は無関係です

個人信用情報機関も限定信用情報機関で、現在総量規制がどのくらい使われているか等も知られない場合もあると言います。
しかし、現在は総量規制範囲内の借入をしている状態での銀行カードローン審査は通らないと言います。
これは、例えば、三井住友銀行カードローン等の大手の銀行系カードローンの審査の上で、保証会社が大手消費者金融であることが多いからです。
必然的に信用情報会社の情報が入手されることで、この人は総量規制に近い借入がある多重債務者であるなど真実が知られてしまいます。
個人信用情報機関は、何処かでつながっていて、審査は厳密に行われているということです。

総量規制に縛られないまとめローン
消費者金融の宣伝しているキャッシングはフリーローン、自由ローンと呼ばれるものです。
目的が自由で、住宅ローン、カーローンのように◯◯のためのキャッシングではありません。
そして、まとめローンなるものも目的ローンであり、多重債務者が1つのローンの借り換えをする目的で借入することができます。
ローンカードが1枚になる、金利がフリーローン割も低い等おすすめしたい理由は多いですが、総量規制対象外のローンとして、多額の借入限度額になっているのが大きな特徴です。
総量規制以上の借入ができることで、返済が楽なる低金利。
多重債務者解消の一つの方法として、他社借入をすべて完済した上で、返済専用という目的ローンになります。

では、消費者金融審査落ちになったら、まとめローンが良いと思うのですが、この審査はフリーローン以上に厳しいとされています。
審査落ちになる方が到底借入ができないものです。
総量規制対象外ということは、金融事故情報もない方、余裕返済をしている方限定のものです。
総量規制に縛られないと言うのは、返済が楽々できる方限定の商品なのです。


▲TOPにもどる



消費者金融の審査に落ちたら債務整理も考えないと


キャッシングの鉄則として、審査基準の高いところからの申し込みがおすすめです。
銀行カードローン審査、大手消費者金融審査ときて、いずれも審査落ちの場合でも中小消費者金融審査があります。
ここでダメなら債務整理ですが、銀行カードローン審査落ちでの債務整理もおすすめです。

金融業者によって審査基準は違う?
審査落ちと一口に言っても、どの金融機関、金融業者での審査落ちなのかで、その対応が変わるということです。
中小消費者金融の申し込みで審査基準に合わないのであれば、其先はないのですが、銀行カードローンや大手消費者金融の場合は、まだお金を借りられる中小消費者金融の存在があるということです。
特に、大手消費者金融での申し込みブラックの審査落ちは、中小消費者金融での審査落ちにはならないとか、多重債務や債務整理等も中小消費者金融でのキャッシング審査落ち要件にならない場合が多いです。
これが審査の甘い金融業者の実態ですが、申込情報などでの審査ではたいてい同じです。

在籍確認出来ない場合は審査落ち

消費者金融では、収入がない方は借入はできません。
無収入、勤務先の会社での在籍確認ができない方は絶対に審査落ち要件です。
ただ、専業主婦だけは、特別に配偶者貸付制度がある中小消費者金融が存在しています。
これぞ審査の甘い部類にはいりますが、実は銀行カードローン審査では専業主婦は申込対象になっています。
これは法律が違うためで、消費者金融では原則収入が必要であり、配偶者貸付制度にしても、配偶者が安定した収入がなければ、申込ができないのです。

消費者金融が審査落ちにする申込情報では、延滞者も挙げられます。
銀行カードローン、大手・中小消費者金融全てで、延滞者に対するキャッシングは絶対にありません。
過去の滞納があったりしたとしても、個人信用情報機関での確認で異動情報として表記があれば、大手消費者金融はもちろんですが、中小消費者金融も審査落ちです。

会社による審査基準の違いも有る?
確かに、中小消費者金融は大手消費者金融に通らない方も審査通過ができます。
返済能力があることを条件として、総量規制範囲内のキャッシングですが、その時に必ず完済できると自信があれば審査を受けるようにして下さい。
目先の借金で、すぐに返済ができなくなってしまうようであれば、中小消費者金融の審査は受けないほうが良いと言われています。
大手消費者金融のブラックリストも借入ができると評判ですが、返済が可能か自身で確認ができた方だけにおすすめです。
ですから、審査が厳しいとされる銀行カードローンや大手消費者金融で借りれない方の審査落ち直後の債務整理も同時におすすめということなのです。


▲TOPにもどる



消費者金融の審査基準は甘い所でも落ちることが有ります


カードローンやキャッシングの審査の内容は公表しません。
それぞれの金融業者などで基準はさまざまで、人によって大きく違います。
同じ条件という方はきっといないでしょう。

銀行と消費者金融の審査の違い
銀行カードローン審査と大手消費者金融では、大手消費者金融の方が借りやすいとされていますが、基本的にはそう変わらないといいます。
ただ、楽天銀行スーパーローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどは、無職の専業主婦もローンカードが持てます。
静岡銀行カードローンのような地方銀行でも収入ゼロの専業主婦も一定の限度額のカードローンがあります。

消費者金融で言う総量規制?
いえいえ、そんなものではなく、20〜50万円程度のキャッシングです。
しかし、大手消費者金融は専業主婦は審査落ちです。
これは主婦ではなく収入がないことだけが問題で、パートやアルバイトをしている主婦は総量規制の年収3分の一の範囲内での審査に通ります。
その他の審査で、債務整理後の経過年数、多重債務者の他社借入件数、個人信用情報機関の金融事故情報などは、銀行と大手消費者金融では審査落ち要件は似ています。

中小消費者金融の特別な位置

中小消費者金融のことは、中堅消費者金融、街金等と呼ばれていて、昔から大手消費者金融審査落ちの客も審査対象として融資を続けています。
銀行ATM等を使えない振込キャッシングで基本的に数万円程度からの借入です。
大手消費者金融と大きく水を分けるのは、金融事故がある方も審査に通ることです。
自己破産をした方が数年でキャッシングができたり、多重債務も4社程度では契約ができる、申し込みブラックにも借入ができる等、審査の甘いことが評判になっています。

大手消費者金融審査落ちが全員中小消費者金融での借入ができたり、審査が甘い借り換えローンができるか?というと、そうはないのです。
審査通過の可能性は大きくなりますが、カードローン利用が総量規制対象外になっていたり、延滞している、勤務先の在籍確認ができない等の悪条件があると審査落ちです。
また、個人事業主には厳しい中小消費者金融もあり、最初から申し込みができない金融業者もあります。
専業主婦も大手消費者金融同様収入がないことで審査落ち、配偶者貸付制度がない場合もあります。

審査基準は違うけれど、審査落ち要件は絶対にある
これは、中小消費者金融での絶対的借入が保証されないことを言います。
確かに、口コミなどでのブラック対応の中小消費者金融の入金できたとの報告は多いです。
しかし、全員が借りられたものではなく、中には中小消費者金融審査落ちをしてしまう方も多いことを知って下さい。

審査があるということは借りられない場合もあります。
いくら審査が甘いと言ってもあなたの個人情報では貸すことができない。
そんな場合も存在します。

中小消費者金融の審査落ち後は必ず債務整理か、キャッシングを諦めることです。
自己破産後の申し込みは原則的にはできますが、そのとき無職であれば、中小消費者金融での借入は絶対にかなわないことです。
そんな類いの中小消費者金融審査落ちはとても多いのですが、まだ借入が諦められない方は闇金で借りる方もいます。
これは、返済できない方の行動としては最悪ですので、闇金には行かないことです。


▲TOPにもどる



消費者金融の審査に落ちた人は金融事故が原因かも


延滞情報はキャッシングの敵です。
キャッシングばかりではなく、クレジットカードや分割払いの場面でも絶対に起こしてはならない事故情報です。
言い訳は通じない金融事故として、ブラックリストになってしまいます。

消費者金融の借入返済日に入金しない
キャッシングは毎月返済日が存在します。
申し込みの時にその日返済することを契約しているのですが、契約違反は情報機関に報告が行きます。

カードローン利用だけではなく、クレジットカードのショッピング枠、キャッシング枠も関係します。
あと、携帯電話の機種変更などでは、機種代が通話料とともに支払うことになっている分割。
これを延滞したりしてもブラックリストです。

大手消費者金融の審査落ちは携帯電話の滞納
カードローンを初めて作ろうとしたのに審査落ちしてしまう方がいます。
僕は今までクレジットカードも作っていないし、個人信用情報機関的にはスーパーホワイトと自認している方が、いきなりの審査落ちです。
心当たりがない、第一ローンカードもないしという方でも、携帯電話の通話料を払っていない、月遅れで支払いしている方は、それが審査落ちの大きな要件です。

機種変更は、数万円の機種を月の通話料とともに支払う契約が多いです。
通話料の遅れは個人信用情報機関には無関係ですが、毎月遅れる機種代は、ブラックリストになります。
なんと当分ブラックのままの方も多く、意外な盲点です。

クレジットカードのキャッシング枠

キャッシング枠は総量規制範囲内で、消費者金融と同じです。
ですから、キャッシング枠で使うのは消費者金融の総量規制の中で分け合うことが必要です。
カードローン利用の前に、クレジットカードで事故をおこして、延滞等で大手消費者金融の申し込みが審査落ちになってしまうことは多いです。

カードローンは持っていないのに既にブラックリストはおかしいという方に、通話料とクレジットカードの使い方をチェックすることをおすすめします。
また、申し込みブラックは、審査落ちになっているのに、何度も同じ消費者金融に申し込みをしたり、あちこちの金融業者の申込フォームに入力することです。
この情報もいちいち個人信用情報機関に行くことで、ブラックリストです。
半年間はこの状態が続きます。

延滞が有れば基本借りれない
延滞も申し込みブラック、債務整理等の金融事故に関しては、ときが解決してくれます。
確かに、現在お金が必要なのかもしれませんが、今は借りられない時として我慢するしかないです。

申し込みブラックと債務整理の金融事故は中小消費者金融での借入ができる可能性はあります。
しかし、延滞だけは、絶対に借りることができない金融事故であり、しばらくはキャッシング謹慎タイムとして、借金ができない状態が続きます。

もちろんその間に必要であれば多重債務者であれば債務整理をすることで、将来のめには良い方も多いです。
債務整理をした方は、何もしない方が無難です。
弁護士など借金無料相談に行くことをおすすめします。

▲TOPにもどる