金融審査落ちまくり

金融審査落ちまくり

  1. 大手消費者金融の審査落ちまくりは中小消費者金融へ
  2. 申し込みブラックは審査落ちまくりになります
  3. 個人信用情報機関の内容で審査落ちまくりということも
  4. キャッシング経験なしで審査落ちまくり?
  5. 審査基準の違い ブラックでも借りれる中小消費者金融

 

 

大手消費者金融の審査落ちまくりは中小消費者金融へ

キャッシングが必要なときに、簡単に申込みができるのがカードローンです。
ところが、申込みをしても審査に通らない。カードが持てない方もいることでしょう。

 

なぜ審査がある?

消費者金融にも住宅ローンにも審査がありますが、信用情報と申込情報で返済ができる人なのかを判定するのが審査です。審査基準は、金融機関や金融業者でそれぞれですが、厳しい審査、甘い審査なんていうものが存在しています。そして、住宅ローンなどは審査落ちまくりという口コミも多いです。

 

それは、どうしても何千万という借入に際しての返済能力の確認です。
なかなか厳しい審査というよりは、住宅ローン審査そのものが簡単ではないということです。10万円程度のカード会社なら、そこまでの高い返済能力は要求しないですが、落ちてしまう方も存在しているのは確かです。

 

自分だけと思わないことです。
口にしないだけで、カードローン審査に落ちまくりの口コミはよく耳にします。

 

 

何を審査している?

信用情報と申込情報と言いますが、信用情報では個人信用情報機関を使って、今までの借入状況や返済も滞ってないかなどを確認しますいわゆる借金の借りくせだったり、債務整理などをしていないかなどです。
そこで、返済トラブルがあると事故情報として記録されると、金融業者の審査基準で審査落ちと言うことになります。

 

金融事故に関しては大小ありますが、大手消費者金融や銀行カードローンではどんな内容も落ちまくります。その時には甘い審査の審査基準の中小消費者金融、街金に行くと借りれることがあります。

 

申込情報では、本人確認は当然ですが、収入の有無、20歳以上の年齢確認、住所があるかなどです。一番のポイントは収入の有無で、勤務先への在籍確認をすることで、返済の可能性を確認することがほとんどです。

 

中小消費者金融に行けば良い

そうです。大手消費者金融で借入ができない信用情報だとしたら、中小消費者金融に行ってみると、借りれることがあります。申込者で事故情報があったとしても、返済能力があるのなら借りれることがあります。

 

既に中小消費者金融で落ちまくりの方は、キャッシングの可能性はないですが、カード会社ではなく、中小消費者金融、街金で検索される金融業者に行ってみることは提案できます。
そこでも借入ができない方は、今の時点での落ちまくりでは、借りれないと言うことになるでしょう。

 

最終的には

中小消費者金融の落ちまくりでも申し込みブラックにはならないので、続けて数社の申し込みができます。口コミでは、極甘審査の中小消費者金融なども存在していて、審査通過のタイミングもその方の行動一つです。

 

要は収入があるから返せるという証拠ですが、債務整理を考えられない方は、何社かの中小消費者金融に行ってみることです。そこで連続落ちまくりの事態では、債務整理をすることが得策なのですが。

 

 

 

申し込みブラックは審査落ちまくりになります

大手消費者金融ばかりに申し込みをしているけれど、どうしても審査落ちまくり。
もう最後の大手消費者金融だけど、どうして?

 

申し込みブラックでしょう

申し込みブラックとは、カードローンの申し込みを短期間で数社行うことを言います。
申し込みを続けて行う。最初のカード会社で審査落ちでは当然の行動です。

 

しかし、これは最低限2社まででしょう。
2社目で借りれないときには、申し込みはストップしてください。
この2社目の申し込みで審査落ちなら、何らかの原因があるから仕方ないと諦めるか、甘い審査の中小消費者金融に行くことです。ここで3社目の大手消費者金融に行くことで、理由はどうあれ申し込みの事実で審査に通らないと言うことになります。

 

 

前の申し込みはバレている

続けて申し込みをしたときに、毎回申し込みしてきたカード会社では、個人信用情報機関の確認をします。その時に◯日◯時に大手消費者金融申し込みの記録があります。
個人信用情報機関では、申し込みをしただけでも記録が付きます。
その時に、審査落ちになっていのに、また申し込みをしてきたという事実。

 

借りられない金融事故があるのに、気がついていない?
それはわからないです。審査落ちの理由は聞かされないのですから。
申込者が気が付かない金融事故を持ったまま続けて申し込みをするとブラックリストになります。

 

クレジットカード、銀行カードローンも同じ

大手消費者金融同様の審査基準のクレジットカードも銀行カードローンも申し込みブラックが存在しています。楽天カードなども申し込みブラックで審査落ちです。

 

当然それを知らないで、あちこちに申し込みをして審査落ちまくりの事態になってしまう。
ですから、2社続けて審査落ちでは、そこでストップしないと負のスパイラルに陥ることになります。

 

申し込みブラックになると

なんと、この審査落ちまくりが半年間続くことになります。
たまたま借りれなかった申し込みブラックで、新規でのキャッシング、クレジットカードの申し込みも半年間棒に振ることになります。

 

実は、2社の申し込みで入力間違えだったり、信用情報には関係のない金融事故のない場合があります。修正をしたら普通に借りれるこの機会を逃す事になってしまいます。

 

または、1回だけ返済をしたら借りれるといったことも。
自らの行動で申し込みブラックになってしまう、その原因が金融事故とは無関係のこともあります。ですから、自分が多重債務でも債務整理でもない。多少不安があるけれど、金融事故らしいものを持っていないのに、審査落ちまくりの場合、気をつけて申し込みをすることです。

 

2社審査落ち後は、申し込みブラックが無関係の中小消費者金融へ。
そこの担当者が話しやすい人ですと、申し込みブラックになってしますと教えてくれる場合もあります。安定収入で返済能力があれば、小さな金融事故ならキャッシングの可能性があります。

 

 

 

個人信用情報機関の内容で審査落ちまくりということも

どんなカードローン会社に申し込みをする時にも確認しておきたいことがあります。
それは、個人信用情報機関の内容です。

 

個人信用情報機関って何?

自分が今まで借金、クレジットカードの利用などが記載されている情報機関です。
現在国内に3つある個人信用情報機関ですが、ヤミ金以外の正規の金融業者、カード会社などでは、情報を共有しています。キャッシングやカードローン、クレジットカードの申し込みのときには必ず借入情報と返済情報を確認します。自分でも取り出すことができますが、そこに事故情報があると審査落ちになることがあります。

 

事故情報とは、延滞、借り過ぎ、多重債務、債務整理などの内容です。
続けて申し込みをする申し込みブラックも含まれます。要は、申込者の借金の仕方など確認するものであり、多重債務にしてもきちんと返済をしている様子であれば、借入ができることです。その他、申込内容で収入の有無などを確認します。

 

 

個人信用情報機関が何?

金融事故があると大手消費者金融では審査落ちまくりです。
どんな金融事故でも借りられないとされていますが、延滞と遅滞の記録、現在多重債務になっている、債務整理をして年数が経っていないなどです。

 

また、収入が少ないとか、安定した職業ではないなどの審査基準に合わないと審査に通らないです。続けて大手消費者金融に申込をしても無駄です。審査落ちまくりになってしまうのは必至であり、申し込みブラックも大手消費者金融、銀行カードローンでも困難です。

 

個人信用情報機関の確認とは?

現在、多重債務になっている。
そう言えば、延滞をしていた、今はしていないけれど、直近の返済が遅滞だった。
債務整理から1年程度。そのような場合は、個人信用情報機関で金融事故があるはずです。

 

大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングにも申し込みはしないことです。自身の個人信用情報機関では、上記のような金融事故に当てはまってない場合のみ、大手消費者金融などの申し込みが妥当です。

 

しかし、審査落ちをしたときには、次の大手消費者金融申し込みは厳禁です。
申し込みブラックで、半年間の審査落ちになります。

 

金融事故を問われない審査

それが中小消費者金融や街金です。
金融事故は、個人信用情報機関で異動情報として記録されています。
サラ金でも中小消費者金融、街金では大手消費者金融で申し込めない人でも、金融事故もある程度は許容している消費者金融会社です。借入の可能性が高くなるのですが、名前も知らない金融業者であることから、必ず正規の中小消費者金融に行くことです。

 

情報サイトは豊富にあり、正規中小消費者金融は簡単に検索ができます。
インターネット申し込みができる全国対応の金融業者はたくさん存在しています。

 

 

 

キャッシング経験なしで審査落ちまくり? 

初めてのキャッシングをする方。
審査落ちは当然しないとたかをくくっていると、なんと審査落ちまくりということも。
どうして審査落ちになってしまうのでしょうか?

 

初めてのキャッシング

これはカードローン会社としては、個人信用情報機関が真っ白の方を指します。
クレジットカード、各種ローンもしていない。
このような方のキャッシングでは返済リスクが計り知れないということがあります。

 

20歳になると、初めて自分のクレジットカードを作る方が多いです。
大学生と同時にショッピングだけができるクレジットカードの発行なども。

 

この記録もすべて個人信用情報機関に記録されるのですが、若い年でクレジットカードなどを作って個人信用情報機関に記録があると安心です。携帯電話の契約などもその例です。
簡単に審査に通るのですが、キャッシングでは簡単ではないです。

 

 

やましいことは何もないけれど

これが、初めての各種ローンでは簡単に借りれます。信用情報で何もないですが、契約はしやすいです。返済リスクを心配するキャッシングやカードローンでは、1度でも良いので、個人信用情報機関での完済記録があることを要望しています。

 

とはいっても、クレジットカードを作ってくださいとは言いませんが、個人信用情報機関で金融事故だらけも審査落ちですが、記録なしもとりあえず審査落ちまくりになる可能性は大きいです。

 

消費者金融ではなく銀行カードローンへ

カードローンでは現在大手消費者金融と銀行カードローンがあります。
キャッシングが得意で、実績も長いのは消費者金融です。

 

しかし、初めてのキャッシングは銀行カードローンがおすすめです。
個人信用情報機関で記録がない場合は、借りやすいと言えます。
金融事故がないことで言えば、安心できる方との保証は大きいでしょう。

 

ネット銀行などでも、信用金庫などで取引がある場合は、信用は大きいかもしれません。
消費者金融で審査落ちまくり後は多少審査通過で不安がありますが、申し込みブラックになっていないとしたのなら、銀行カードローンから始めてみてください。

 

羨ましいスーパーホワイトリスト

このようにクレジットカードの利用もしていない、個人信用情報機関の内容がない方は、スーパーホワイトリストと言います。ホワイトリストもいますが、これは債務整理後の個人信用情報機関です。債務整理をすると数年間キャッシングもカード会社の契約もできず、記録がされないです。

 

または、借金の完済後しばらく契約をしていないとしてもホワイトリスト状態です。
このホワイトリストが、キャッシングでは歓迎の個人信用情報機関と言えます。
この言い方は、金融事故が記録されるブラックリストに対しての言い方です。

 

ブラックリストからのホワイトリスト。
しかし、スーパーホワイトリストにはなれないということですが、キャッシングに関しては、契約には二の足を踏むようです。

 

 

 

審査基準の違い ブラックでも借りれる中小消費者金融

個人信用情報機関ではカードローン会社、クレジットカード会社、銀行カードローンでも重視する審査の一つです。中小消費者金融でも確認をしますが、ヤミ金には関係のないことです。ヤミ金には審査がないからです。

 

審査のあるキャッシング

審査では、そのキャッシングの正当性が認められることになります。
審査通過で、正規のキャッシングでは、金利なども保証され、債務整理ができることが保証されることになります。ですから、厳正な審査が必要であり、審査落ちまくりの場合は、その審査基準のキャッシングができないということです。

 

国内では、中小消費者金融や街金の審査基準では、金融事故者でも借りれる甘い審査があります。甘い審査、ネームバリューのない中小消費者金融や街金ですが、会社的にも安心できるキャッシングができます。特に大手消費者金融、銀行カードローン審査落ちまくりの方にはチャレンジしてほしいと思われます。

 

 

甘い審査って?

個人信用情報機関で金融事故がある方でも審査ができます。
たいてい、中小消費者金融では総量規制範囲内で延滞と遅滞はなし。
異動情報の内容が借入件数が多いとか、債務整理をしている方でも借りれることが多いです。特に、自己破産でも数年経っていて、安定収入であれば借りれることが多いので、ブラック対応の金融業者として情報が多いです。

 

収入の点、在籍確認ができるなどの大手消費者金融と同じ審査内容もありますが、大手消費者金融では審査落ちまくりだとしても、中小消費者金融ですぐに借りれる。
ブラック対応であり、少額のキャッシングができるとされています。

 

申し込みブラックも無関係であり、申込者にとってみたら、神的な存在です。
ブラックリストでも借りれる情報はとても多いです。

 

どうして金融事故でも借りれる?

そもそも消費者金融を管轄する貸金業法の改正で、厳しい審査基準に改正しました。
しかし、中小消費者金融ではそれでは客が遠ざかるばかりで、サラ金時代の借り方を継続しているところが多いです。

 

もともと街金レベルで、個人信用情報機関というよりは、人として信用して金貸しをしているキャッシング業者です。それがインターネットでホームページを開設して、甘い審査として顧客獲得をしているのが中小消費者金融です。

 

貸金業法を違反することはできないですが、金融事故があるとしても、返済できると認めることで、大手消費者金融の審査落ちまくりの方でも資金提供をしています。そんなに親切な貸金業者だなんてというのは、嬉しいのですが、延滞と遅滞には鬼のような取り立てが待っています。法律違反ではないのですが、中小消費者金融の返済は確実にできることが大前提です。

 

金融審査落ちまくり記事一覧

銀行系カードローンの場合カードローンは銀行に限定している方も多いです。とにかく◯◯銀行が良い、大手でなくちゃ、ネット銀行など種類はありますが、銀行カードローンにこだわっている方も少なくありません。一番審査で必要のものは?審査では順位はありません。事故情報はあってはならないし、信用情報機関に異動があればダメ、延滞なんと持ってのほか。保証会社の保証が受けられないのも弾かれます。そんな中、銀行カードロー...

アコム、プロミスなどの大手消費者金融の審査落ちは結構ショックです。簡単キャッシングじゃないの?タレント起用の大手消費者金融のCMは誰でも簡単に申し込みができるカード会社です。昔で言うサラ金の大手消費者金融では、20歳以上で収入があれば、WEB完結1時間もあれば、現金が手に入るものです。ところが審査です。これは誰のせいでもない、自分のお金の使い方がNGになった原因ですが、基本的には大手消費者金融は作...

審査の甘い消費者金融は、国内には無数にあります。大手消費者金融は支店が多いですが、これらの消費者金融は1つ店舗が多いです。審査が甘い消費者金融一般的には大手と比較して中小消費者金融とか中堅消費者金融、街金などと呼ばれています。インターネットの普及によって、検索で簡単に調べる事ができます。これはとても便利なもので、多くの中小消費者金融が全国対応です。インターネットを使って、簡単に申込ができます。利用...

街金は中小消費者金融の部類に入ります。インターネットでも検索OKで、審査が甘いと言われています。いきなり債務整理の相談街金に申込をする方で、開口一番債務整理を勧められる方もいます。それまで金融機関や金融業者すべてに審査落ちした方に多いですが、審査が甘いと口コミでも言われた街金での債務整理の勧めは重いです。債務整理を勧めるブラック金融は、あなたは返済ができないと言われているようなものです。ですから、...

消費者金融、銀行カードローンで借りられない。じゃあそこに行こう、闇金。闇金がダメな理由闇金利用がダメな理由は、金利が高く返済が大変自分だけではなく家族や勤務先も巻き込む自分が犯罪の加担者になる結局は自分に甘えているからです。よく言われるのは、借り入れのための審査がなく誰でも貸してくれる無法業者です。ですから、金利設定も自由なのは当然です。銀行や金融業者ではないのですから、言われた通り従うしかないの...