審査が緩い 勤続年数が浅い 大丈夫?

審査が緩いと言うけれど、勤続年数が浅いけれど大丈夫?

お金が必要な時に消費者金融の利用は簡単です。しかし、審査に通らないとなると、困ったことになります。私はブラックではないと宣言できる方もいますが、なんと初キャッシングでの審査が通らない方もいます。信用情報に何があるの?と不思議に思う方も多いですが、案外身近に金融ブラックになってしまうことはあるのです。

 

それは、携帯電話の通話料や公共料金の延滞です。1回だけは金融事故ではないのですが、毎月遅れていたり何回も繰り返すことで、なんとブラックリストに載ってしまいます。携帯電話は通話料ではなく、機種代が入っている場合です。機種代はローンですよね?それを返済できない=ブラックということになります。そんなことが原因で、消費者金融の申し込みができないなんて、案外と盲点になっています。

 

収入があれば良いのですが、勤務年数が少ないのも審査が通らない原因になります。例えば、ヘッドハンティングなどで、年収がとてもアップした会社に勤めたとします。年収が2倍とか高くなったとしても、入ったばかりでは勤務年数が審査基準に達していないことになります。こんなに高い年収があるのに?それなら低い年収で、勤続年数が高い方が良いというなんとなく腑に落ちないことなのです。

 

この勤続年数に関しては、各消費者金融で様々な対応があります。上記の場合、以前からの年収の上がり方を証明できれば審査が通ることもあったり、独立して個人事業主になった場合は、過去の実績がないから審査落ちなどいろいろです。大手消費者金融では、だいたい同一の審査基準になっています。ですから、一社の審査落ちになった場合は、他の審査も通らないと思ってください。

 

そこで、中小消費者金融の緩い審査のところの申し込みと勧めたいところですが、勤務年数に関してはなんとも言えないのです。これが多重債務者などの場合は可能性がありますが、審査が緩いと言っても勤続年数に関しては、中小消費者金融もなかなか厳しいのです。それでも話しは具体的に聞いてくれますし、机上の情報だけではなく返済に納得行く回答が得られれば、中小消費者金融でのキャッシングができるかもしれません。

 

緩い審査の中には、現在と未来の返済の約束ができる方に対しては寛大な判断をすることが多いからです。ただし、絶対に保証はないのですが、どうしてもお金が必要なときには検討してみてください。