大手消費者金融 審査 落ちた

大手消費者金融 審査落ち

  1. 審査落ちはブラックリストだけではない
  2. 中小消費者金融は信用できない?
  3. あえて大手消費者金融審査落ちは回避
  4. 信用情報の内容とは?返済はキャッシングだけではない
  5. 収入の審査を考えてみる

 

 

審査落ちはブラックリストだけではない

大手消費者金融の借り入れができないときには慌てないことです。
あまり知られていないことですが、審査通過率は50%程度です。
2人に1人は審査落ちの経験していることになります。

 

ブラックとは限らない

よく大手消費者金融の審査に通らないのは、申込者がブラックリストになっているからと言われることが多いです。確かにそれは確率的には多いことですが、決してそうではないことがわかります。

 

大手消費者金融申し込みだけで、借りられない条件がいくつか存在しています。それは、審査がコンピューターで行うことで、全て審査がデータで判断されてしまうことが原因です。

 

個人信用情報の内容だけではなく、連続して借り続けているなどの事実があると、大手消費者金融では審査に通らないようです。それが同じ金融業者ではなく、他の大手消費者金融でも同様であり、数値でコンピューターを判断してしまうことで、キャッシングができないことがあります。

 

 

持っているローンカードでは借り入れができないから

ローンカードは違う金融会社を使ったとしても、個人信用情報上では同じです。大手の審査基準の違いはそんなにないため、コンピュータースコアリングシステムで簡単に落とされることになります。

 

多重債務ができると言ったのに

口コミでは、総量規制範囲内の多重債務は対応しています。ですから、簡単申し込みしてしまうこともありますが、債務が多い状態では、勝手に返済リスクが高いとして審査落ちになります。

 

ローンカードのある大手消費者金融の50%の審査通過率も納得の内容です。
簡単に借り入れができるからこそ、一応は審査がとても厳しくなっているのが現状です。
多重債務者もできる人がいるかもしれない程度で検討しておくことが必要です。

 

ブラックリストとは限らない

借り方だったり、返済が1回でもした後なら借りれる。そんな微妙な状態で借り入れができないという内容もあり、金融事故がある、ブラックリストであるとは限定していないです。しかし、大手消費者金融での審査落ちの経験そのものが金融事故情報になってしまうこと。

 

まだ少し待っていたほうが良いのに、慌てて申し込みしてしまうことがブラックリストになることがあります。ですから、慌てて申し込みの前に、審査落ちになってしまったとしても、次にすぐに大手消費者金融申し込みには行かないこと。

 

まずは自分の債務の状態など確認するため、借り入れ情報サイトなどで確認されることをオススメします。事故情報がなくても審査落ちになってしまうことはあります。

 

 

 

中小消費者金融は信用できない?

ローンカードがある大手消費者金融では、審査に落ちる人も多いです。ブラックリストだけど申し込みしてしまう方もいますが、個人信用情報機関での金融事故が1つでもあると審査に通らないのが通常です。

 

キャッシングは無理だった

大手消費者金融の借り入れができないとすべてが終わりになってしまうか?というと、事実としては完了の方もいます。銀行カードローンももちろん借り入れができないのです。

 

他の甘い審査の消費者金融(中小消費者金融や街金など)で申し込みして借り入れができる方もいます。総量規制範囲内であればと言いますが、審査をしてみないとわからないでしょう。

 

甘い審査の中小消費者金融などでは、そんなに簡単にキャッシングができないとつぶやく方も多いです。ブラック対応と言いながら、実際に申し込みしてみたら、散々な目に遭ったので、行かない方が良いとの口コミもあります。どうして借りれない?何が違う?

 

 

中小消費者金融の審査は1人ひとり違う

これは当然のことですが、多重債務をしていたとしても、債務整理していたとしても借りれる甘い審査は存在しています。問題は内容であり、本人の収入と支出の関係からです。ブラックでも収入があれば良い。

 

大手消費者金融では、収入があってもブラックリストであれば審査落ちになってしまう。この違いです。いい加減に収入はありますからと言うのではなく、収入証明書が存在していることで、よく審査をした上で借りれることがあります。

 

だから審査してみないとわからない

大手消費者金融の審査落ち経験者が申し込みすることができる中小消費者金融だったり、甘い審査。まずは、あなたの信用情報と申し込み内容を確認させて下さい。話しはそこからですとの展開になりますが、実際にはその時の状況になります。

 

審査内容の公開がなく、ブラックリストは借りれた方はいるというだけです。返済能力があればとの情報ですが、大手消費者金融の判断は全く不明です。

 

一応、自分と似たようなブラックリストが借りれたとしたら、期待ができます。
ただし、本当に審査内容については、全て違うことになります。

 

申込者が少ないと借りれる?

口コミとしては信ぴょう性はとても低いのですが、新規の中小消費者金融、最近申込者が少ない中小消費者金融では最初だけのサービスとして極甘審査の設定にしているとか。そんな都合の良い話しは少ないのですが、大手消費者金融で借りられないとしても、一応は申込ができるところは存在しています。

 

そして、借りれるかどうかについては、審査次第です。口コミでブラックリストでも借りれたとの報告があれば、きちんとキャッシングができる人がいるでしょう。口コミに挙がっていない事実も多いです。

 

審査では収入が確実にあり、返済が可能な少額融資になることが多いです。
それでもしっかりと審査されることで借りれる場合があります。

 

 

 

あえて大手消費者金融審査落ちは回避

どうして大手消費者金融の借り入れができないのか?
理由は1つではありませんが、銀行カードローンと関係があります。

 

持っている銀行カードローンとの関係

現在、大手消費者金融では銀行カードローンの保証会社となっている場合があります。
クレジットカードの保証会社なども行なっているのですが、すでに銀行カードローンの情報がある場合、それ以上のキャッシングをさせない対応があると言います。

 

しかも、借り入れ情報としても返済が遅れ気味だったり、何かと不都合がある信用情報ではなく、保証会社として認識していると、その大手消費者金融だけではなく、全ての信用情報でもNG内容になってしまうようです。消費者金融という枠組みから、金融会社、保証会社という存在で言えば、大手消費者金融の選択も重要な鍵になります。

 

 

消費者金融の歴史から

現在、アイフル以外の大手消費者金融では全て金融会社グループの一員です。そこでの金融会社の役割もしています。それは金融情報が入りやすいのですが、銀行カードローンとの共有に関しては、信用情報を通じてではなく、消費者金融としての情報がダイレクトに入手することができます。

 

銀行カードローンで借り入れが多いのに、まだ大手消費者金融カードローンで借りたい?そうした申込者の印象が悪くなってしまうのは当然このことです。

 

最初から中小消費者金融に行く

借入したいけれど、大手消費者金融ではこうした銀行カードローンとの深く関係しています。どうしても借りたいとしたらローンカードはありませんが、中小消費者金融などで金融業者をべつ選択をしてみましょう。

 

銀行カードローンからの大手消費者金融ではなく、中小消費者金融です。総量規制対象外の銀行カードローンでは、大手消費者金融では最初から総量規制範囲内でのキャッシングができます。銀行カードローンで延滞遅滞などがないことが必要ですが、ずっと借りやすいです。

 

 

審査も甘い

一応、ブラックリストでも借りれることがポイントになります。
大手消費者金融を経ることなく、ストレートに中小消費者金融などで借りることができれば、信用情報に審査落ちの結果も記録されないでしょう。

 

大手消費者金融にこだわらない

中小消費者金融の情報サイトは、インターネット上に多く存在しています。それが、あちこちのサイトで、名前がでていれば安心です。インターネット申込ができたり、近くに店舗が存在していることもあります。まずは調べてみることです。

 

 

 

信用情報の内容とは?返済はキャッシングだけではない

ローンカードがある大手消費者金融では手軽です。即日融資もそうですが、すぐに借りれ、ネームバリューもあるのでは安心です。ただ、審査があるのは気になります。

 

審査では情報がとても多い

20歳以上で収入がある方が申し込みができます。専業主婦は審査に通らないですし、あまりにも低いアルバイターも借りれないでしょう。

 

21歳大学生で、コンビニバイト1年以上経験しているとしたら、あとは信用情報の審査です。その信用情報ですが、キャッシングだけではなく、クレジットカードやその他借金の情報も確認されます。

 

借金がある、クレジットカードの利用もあるのは問題ないのですが、きちんと返済していない点では、審査落ちになることがあります。クレジットカードとキャッシングは根本的に限度額が違うのですが、返済だけはうるさいです。

 

 

特に注意したいのは

携帯電話の支払いが遅れている。クレジットカードもリボ払いにしようとしていたけれど、うっかり忘れて遅滞した。

 

後で支払いをするからというのは、キャッシングの審査では厳禁です。このあたりの信用情報はきちっときれいにしてから、申し込みをしてみることです。ブラックリストと言っても、キャッシングだけではなく、借金すべての審査があることを確認して下さい。

 

保証会社が関係するクレジットカードなどでも、1回程度過去に遅滞した程度ではOKです。問題は、現在遅滞している状態での申し込みです。ここは要注意です。携帯電話の機種変更したときにも毎月返済をしていくこと、通話料以外の機種代が問題になります。

 

知らなかったでは済まない

大手消費者金融では、クレジットカードの支払いをしていないので審査落ちと言われることはありません。審査落ちのときには、今回は残念でしたと言われるだけです。ですから、自身で確認しなければならないことです。

 

ここで、返済していないことがわかって、一度大手消費者金融審査落ちして、すぐに申し込みしたとき。遅滞は解決したけれど、タイミングが早いと審査にとおらないことがあります。微妙なことですが、連続申し込みなどはとても嫌がります。いかにもお金に困っているから借りに来たという印象はあまり良いものではありません。

 

返済したとしても、少し期間を空けて申し込みすることが必要です。そうしないと借入ができないだけではなく、続けて申し込みしてしまうと、申し込みブラックで半年間は金融事故情報が掲載されることになります。

 

 

 

収入の審査を考えてみる

収入があることが、大手消費者金融の審査では当然必要なことです。
専業主婦と無職では申込資格はありません。

 

収入と返済能力

収入は高ければ高いほど良いです。しかし、それだけではなく、安定した収入かどうか、他の債務がある。それが各種ローンやクレジットカードの返済も確認をします。

 

要するに、出費が多い場合には審査落ちになることが少なくないです。クレジットカードの情報はすべて信用情報にあります。そこで、大手消費者金融では返済負担率が高いと数字がでるだけで審査落ちになります。

 

提示された数字から、現在負担している返済がある。それ以上の借入ができないだろうという予測があって審査に通らない。予測って何?という方もいますが、返済リスクがあるだけでも大手消費者金融では借入ができません。これは、収入が高く、出費も多い方では、これ以上の借金は危険とみなされることです。

 

中小消費者金融のように直接担当者が話しをしないので、データ上で返済リスクが高いと判定されることで、最悪の事態です。大手消費者金融の審査が厳しいのは、この部分で返済できないかも?と審査が存在しています。

 

 

短期間で借入、申し込み

すでにローンカードを持っている方が、総量規制範囲内だからと続けて多額のキャッシングをしてしまう。実はそれだけでも審査落ちの原因になります。

 

こちらも、こんなに借り続けたとしたら返済ができない?または、審査落ちしているのに続けて申し込みをしているのは、お金に貪欲だから?そんな憶測からの審査通過しない事態があります。

 

キャッシングでは、大手消費者金融ではあくまでもコンピューターでの対応です。返せない人と判定しましたとなると、担当者の出る幕がなく、そのままキャッシングができない事態になります。案外と、ブラックリストではないというのに、返せない人判断はなかなか厳しいものがあります。

 

収入があるとしても

それは、安定していることが必要です。大手消費者金融では具体的には1年以上勤続していて、毎月決まった給与がある。それがパートやアルバイターでも良いです。高い収入も良いのですが、安定が必要です。ですから、個人事業主では借入ができない消費者金融もあります。

 

どちらかというと、社会保険を持っている正社員などは有利です。ボーナスあり、昇給ありでは、審査も通りやすいというのは事実です。正社員限定の消費者金融では、とことん安定を求めることになります。

 

低い収入でも

収入が安定していて、パートで100万円程度の年収もローンカードは持つことができます。
この場合、限度額は年収3分の一の33万円程度ですが、きちんと契約が可能です。
信用情報の審査がOKなら、普通にカードローンを持てます。

 

大手消費者金融の審査に落ちた記事一覧

大手消費者の審査に落ちたら何が原因?カードローンで借りられない人が審査に落ちる原因は、一体なんだと思いますか?最近、銀行カードローンでお金を借りようとした人も同じだと思いますので、カードローンでキャッシングが出来ない場合は、何でお金が借りられなかったのかを考える必要性があります。そこで、お金が借りれない理由はパっと浮かんで二つあると思いますが、まずは信用情報です。大抵のカードローンは、まずこちらの...

カードローンが利用したくても出来ない人の中には、債務整理してブラックになっており、信用情報に事故情報があるからお金が借りれない人がいるでしょう。又は、総量規制オーバーが原因で、おまとめローン以外ではキャッシングが出来ない人もいると思います。いずれにせよ、大手消費者金融のカードローンではどちらも対応不可能なので、どうしてもお金が借りたいのであれば、信用情報にブラックがあってもお金が借りれる中小規模の...

アコムなどでお金が借りれると思ってカードローン申込したけれど、結果は総量規制が原因なのかお金が借りれなかった。何故総量規制を疑うのかというと他社借入があったりして割と返済もてこずっている為、延滞している借金もあるからでした。ちなみに債務整理などの経験はないのでブラックになった事は考えられません。よってこんな自分であればまずやれる事があるんだとしたら、おまとめローンでも真っ先にするべきなのでしょうか...

どんな理由があってカードローンでお金が借りれない人がいたとしても、それってカードローンの審査が厳しいからというものなのでカードローンでお金が借りれない。銀行カードローンで尾根かが借りられないとしても嘆く事はないと言えるでしょう。何故ならば信用情報にブラックがあるとか総量規制が原因とかであってカードローンでお金が借りられないんだとしても、大手消費者金融や銀行の審査に落ちてもお金が絶対に借りられないと...

カードローンは優しいはずなのに、お金が借りられないという結果は厳しすぎる・・・。最近アコムでお金を借りようと頑張って申し込みしたら、電話対応は良かったのに融資結果は否決だった。これってアコムが二重人格だから?そんな人もいるかもしれませんが、アコムが二重人格とかだからお金が借りられない結果ではなかったりするでしょう。アコムの審査で通らない、お金が借りられないと判断されてしまったが故に、キャッシングが...