審査の順番について

審査の順番について

消費者金融や銀行カードローンに申し込みをした時、審査をする前にその属性を設定します。属性とは、その方の職業で区分けすることが多いですが、公務員や上場会社などは有利です。そして、この属性で審査に落ちる場合もあります。

 

はっきりとした境界線として、収入の有無です。消費者金融の場合、無収入は審査落ちですから、専業主婦の申し込みは審査にすら通りません。しかし、銀行カードローンの場合は、専業主婦もOK、無収入ですが、生活していけるだけの配偶者に収入があることが証明になります。ただし、限度額は少なく20万円から50万円ほどです。専業主婦は消費者金融では審査に落ちる、どうしても借りたい方は銀行カードローンに申し込みをしましょう。

 

属性がOKだとしても、収入の高さと借入件数などで限度額が決まります。その方の年収の3分の一が総量規制ですが、借入件数があるときには借入金額を差し引いた金額が、借りられるお金になります。300万円の年収の方の総量規制は100万円、すでに30万円の借入がある場合には、今回のこの消費者金融での限度額が70万円になります。

 

ただし、属性と年収だけではなく、個人信用情報機関の紹介で、過去と現在の借金と返済について調べます。ここで何らかのブラックである場合は、審査に落ちてしまいます。申込者の過去の金融事故は、現在の借入に大きな影響を与えます。そして、現在の金融事故は未来の自分に迷惑をかける事になります。

 

自身の金融事故においては、身の覚えのないこともあります。確かに、過去に借金はしていたけれど、遅滞も滞納もなかった方もいますが、携帯電話の料金はいつも遅れていたりショッピングで引き落としに失敗したなど、これらのブラックの原因になります。ただし、これらのことだけがブラックの原因だとすると、ある程度時が過ぎれば審査に通るようになります。ですが、その期間は一定ではなく、いつになるかは不明なのです。

 

ちなみに、債務整理後については最低5年で、長い方で10年間は審査に落ちるとされています。どうしても今必要なお金なのに、という場合でも大手消費者金融などでは一切相手にしてくれないのです。こんな時どうしたら良い?もう闇金しかないと思っている方もいますが、それは大きな間違いです。とりあえず、お金を借りなければ、今持っている借金の返済ができないのであれば、即債務整理をすることです。そうすることでしばらく借入はできないのですが、滞納と遅滞だけは解消することです。