簡易審査の正しい使い方 審査に落ちた時の対処

簡易審査の正しい使い方 審査に落ちた時の対処

消費者金融や銀行カードローンでは、申し込みをした方については、入念な審査を行います。これはキャッシングだけではなく、住宅ローンなどのローン関係、お買い物などでもその都度確認をします。カードで買い物をした時に、いきなりこのカードは使えませんと言われたことはないでしょうか?瞬時で確認ができる審査ですが、キャッシングの申し込みのときには、少し時間をかけて審査をします。それでも、スピード審査で30分という消費者金融も少なくないです。

 

大手消費者金融のホームページなどでは、最初に簡易審査を行うページが多いです。年齢と年収と借入件数などの簡単入力ですが、これだけで一応審査をしてくれます。それだけでわかるのです。消費者金融では、一応借入条件の年齢や収入などの設定があります。年収は少なくても良いのですが、ゼロではない限り要相談になります。そして、借入件数ですが、2件と入れた時点で審査に落ちてしまう場合があります。

 

この簡易審査ですが、スムーズにいけば本審査になりますが、この情報だけでは判断しかねますからお電話をくださいと言われる場合があります。これは審査通過の可能性がありますが、否決の場合はその先の本審査への道は絶たれます。すなわち、審査に落ちるのです。それでも、どうしてもお金を借りたいからと食い下がったとしても絶対に無駄です。否決された時点で引き下がりましょう。

 

じゃあ、他の大手消費者金融で同じことをしてみようとか、別の数字を入れようという方もいます。全てマイナスの行動です。大手消費者金融のホームページの簡易審査では、その情報が報告されます。ここのパソコンやスマホからの情報、審査落ちですという内容が個人信用情報機関に伝わり、向こう3ヶ月は保管され、そのまま3ヶ月は審査落ちが続くのです。本当に借りたいと言うときには、1度の審査落ちで簡易審査は絶対にしないことです。そして、次の手を考えてみましょう。

 

ここで、大手消費者金融ではNGになりますから、中小消費者金融や審査の甘い消費者金融に申し込みをしてみてください。審査内容によっては通らないこともありますが、大手消費者金融よりは通る可能性は高いです。パソコンからの情報ではなく、電話で直接でも良いです。近所の街金や店舗がある場合には訪問などの方法もありますが、この時に大手から中小に切り替えるのが大きなポイントです。