総量規制 どこも 借りれない

総量規制 どこも借りれない

  1. 銀行でお金を借りたい
  2. 総量規制でどこも借りれない
  3. 目的ローンで借りる
  4. 消費者金融会社に相談してみる
  5. どこからも借りれないときは

 

 

銀行でお金を借りたい

銀行でお金を借りるとなると、なんとなく敷居の高さを感じてしまうのですが、実際にはどうなのでしょうか。年収条件や勤務形態などの条件が厳しいイメージなのですが、現在はそれほど厳しくないという声も聞こえてきます。

 

通常、カードローンの申込み条件というのが一般的にあって、それは、満年齢が20歳以上で、安定した収入のある人という二つです。年齢はいいのですが、安定した収入というのが解釈が広いところです。銀行では内々的に、前年度の年収が200万円以上、正社員としての勤続年数が1年以上といった条件が加えられていることが少なくないのです。年収や勤続年数、勤務形態などに多少の違いはあっても、ある一定金額の年収や勤続年数、そして勤務形態はとても重要です。

 

ここで気になるのが勤務形態ですが、パートアルバイトなど非正規雇用の人たちはどうなっているのでしょうか。これは残念ながら審査に通ることは難しいようです。非正規雇用でも派遣社員や契約社員となっても、雇用が安定していないことは変わらないので、これもまた銀行カードローンなどに融資の申し込みをしても審査に通る事は難しいでしょう。

 

もっとも、パートアルバイトや契約社員の人が全員銀行カードローンの審査に通らないということではありません。これは審査基準などが公にされていないので、審査内容はわからないのですが、何年もパートアルバイトで安定した収入のある人は、審査に通ることもあるかもしれません。それでも、正社員と違って年収を超えるような高額融資を期待することはできないでしょう。

 

また、銀行カードローンの場合は、審査をするのが銀行だけではありません。保証会社の審査にも通ることが必要となるのです。この保証会社というのは、どういったものかというと、現在のカードローンは担保や保証人を必要としていません。それでも、銀行カードローンには保証人の代わりとなる保証会社が存在するのです。

 

この保証会社が、お金の借り入れを保証するというお墨付きがなければ審査に通ることができないのです。これは、銀行カードローンで融資を受けて、返済ができなくなった場合、銀行へは保証会社が残債無を弁済します。これによって銀行は貸し倒れを回避することができるのです。

 

それでは、お金を借りた利用者はどうなるのかというと、残債無を立て替えた保証会社から債務の支払いを求められるのです。実際にはこの時点で、利用者は債務整理になっていることが多いので、保証会社と残債務について支払いの交渉をすることになります。そうなると、消費者金融会社には保証会社はないのかということになりますが、これは消費者金融会社には保証会社はありません。ですから、消費者金融会社がゴーサインを出せば審査を通過することになるのです。

 

銀行からお金を借りることができない人について少し振れましたが、申込み条件をクリアしていて、収入証明書や本人確認書類などの書類も用意できたのに、銀行からお金を借りることができない、審査に通らないという場合はどのような理由で審査に通らないのでしょうか。銀行の審査通過率は厳しいことで知られています。正社員であっても審査に通らないこともあるのです。

 

まず、他社借り入れがある場合は、審査通過率がかなり下がります。銀行は特に複数の債務を嫌う傾向が強く、複数の債務が2社であればなんとかOKですが、3社となるとが多重債務者というレッテルが貼られることが多いのです。さらに、他者債務を3ヵ月以上延滞しているといった場合債務整理に入っているか入る寸前の状態です。この場合は、確実に審査落ちとなります。そして、延滞が進んで保証会社から債務の代位弁済が行われている場合も、審査落ちとなります。これもすでに債務整理に入っている可能性もあるからです。

 

返済できずに延滞して、遅れても返済を続けたらなんとかなるかもしれませんが、保証会社の代位弁済があれば審査に通ることはできないのです。延滞の時点で、悪質な返済トラブル、つまり金融事故情報として信用情報機関に記録されます。俗にブラックリストに載るといった状態になるのですが、これは、一つの加盟している信用情報機関に記録されるわけではなく、3つある信用情報機関全てにブラック情報が記録されます。それほど警戒するべき情報ということになるのです。

 

銀行の審査通過率は20%程度と言われています。かなり低いですが、それだけ審査基準が高いということになります。いたずらに、銀行カードローンに申し込みをしてしまうと、申し込みブラックになってしまいます。各銀行で審査基準や審査方法は違ってくるのですが、一つの銀行カードローンの審査に落ちてしまうと、他の銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。一度銀行カードローンの審査に落ちてしまうと、素直に消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした方がいいです。

 

 

 

総量規制でどこも借りれない

総量規制という言葉を聞いた事のある人も少なくないでしょう。というよりも消費者金融会社でお金を借りていて、総量規制を意識しなくていい借り方をしている人は幸せといえます。

 

この総量規制というのは年収の3分の1までしか借り入れができないという、消費者金融会社をターゲットにした金融規制です。かつての消費者金融業者の、過剰融資を抑えるために行った国の金融規制ということです。そのため、銀行は総量規制を受けないので、年収に関係なく借りることができます。

 

もっとも、総量規制以上に審査基準が厳しいので、総量規制までお金を消費者金融会社で借りている人でしたら、銀行カードローンの審査に通ることは難しいかもしれません。総量規制が始まったのは今から10年くらい前になるのですが、施行された年はそれ以上お金を借りることができなくなって、自己破産が急増したそうです。

 

しかし、それも一時的なもので、それから年々自己破産は減少していき、総量規制の効果も軌道に乗ったかに見えたのですが、2017年はそれまで順調に自己破産者の数が減っていたのに、2017年度は反対に自己破産者数が増加に転じたのです。これは消費者金融会社に変わって銀行が過剰融資に走っているのではないかということで、金融庁が通達を出し、現在は自主規制という形で銀行も総量規制を実施しているところがあるようです。このことから、もともと審査基準が厳しかった銀行カードローンがますます、審査が厳しくなったとされているのです。

 

総量規制は法律ですから、守らなくてはいけません。ですから、消費者金融会社がいくらお金を貸したくても貸すことができないのです。そうなると、借りる側もがんばって現在の債務を返済していって、総量規制にかからないくらいにしなくてはいけません。それほどきっちりと計算しているわけではないということですが、それでも数万円借りるか借りることができないかというのは大きいので、しっかりと返済していかなくてはいけないのです。

 

消費者金融会社から借りれないからと、銀行からの借り入れもあきらめている人も少なくないでしょう。銀行カードローンの場合は、複数の債務を重視する場合が多いので、複数の債務をおまとめローンで一本化するようにしたら、銀行からの借り入れも易しくなるでしょう。複数の債務はそのまま多重債務になることが多く、その先は金融ブラックに陥る事も多いので、できるだけ債務は一本化して、返済しやすくしておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

目的ローンで借りる

総量規制だからといって、ローンならなんでも総量規制の対象となるわけではないのです。総量規制の対象となるのは使途自由のフリーローンのみです。これは、レイクALSAなどの大手消費者金融会社のカードローンも対象です。ですから、逆に考えると目的ローンは総量規制の対象外ということになります。

 

目的のあるローンでしたら、できるだけ目的ローンを利用しましょう。例えばマイカーローンなどがあるのですが、これは自動車販売会社の見積もり書などの提出が必要となりますが、逆に考えると通常のローンにそういった書類が一つ増えるだけです。

 

マイカーローンは簡単なローンになるのですが、他には事業者ローンなどがあります。これはビジネスローンとも言われているのですが、おもに個人事業主やSOHO向け、中小企業向けのローンです。融資を受けるには、事業計画書などの書類が必要です。銀行の場合は事業者ローンも厳しいのですが、消費者金融会社でしたら、これも銀行に比べると借りやすくなっています。金額も高額になりがちですから、事業をしている人でしたら、事業者ローンがおすすめです。

 

そして、おまとめローンも目的ローンです。ですから、総量規制対象外です。おまとめローンを利用して複数の債務を一本化するのは債務が3件程度ある人にとっては何よりもまずしなくてはいけない先見事項となります。それ以上の債務になってしまうと消費者金融会社でも、多重債務者となってしまいます。そうなる前にできるだけ速やかに債務を一本化するようにしましょう。

 

 

 

消費者金融会社に相談してみる

消費者金融会社によっては目的ローンを用意していないところもあります。しかし、「要相談」といった文言をよく見かけると思います。これは、目的ローンを用意していなくても、目的のあるローンでしたら、それに合わせてローンを新設して融資をしようというものです。

 

フリーローンではないので、総量規制にかかっていても融資を受けることができるのです。お金を借りるにも何か目的があるはずですから、それに合わせて目的ローンを作ってくれるということですね。

 

こういった消費者金融会社は中小消費者金融会社に多いので、相談するといいでしょう。もっともローンの目的が借金の返済ということでしたら、債務整理に進んだほうがいいでしょう。

 

 

 

どこからも借りれないときは

総量規制にかかってどこからも消費者金融会社からは借りることができないときは、個人間融資掲示板を利用しましょう。個人間での貸借りになるので、総量規制はもちろん関係ありません。

 

もっとも個人間での融資はリスクも伴います。中には業者が介在することもありますが、業者からの借り入れは危険ですからやめたほうがいいでしょう。個人間融資掲示板にそもそも業者がいるほうがおかしいです。

 

個人間融資は危険という声も多いのですが、個人でそれを生業にしている人も少なくありません。そういったところは信用第一ですから、実績などを考慮して個人間融資掲示板を利用するといいでしょう。

 

総量規制 どこも借りれない記事一覧

総量規制無関係の銀行でのキャッシングを考える総量規制の限度額があるのは、貸金業法のキャッシングの場合です。最初にお金を借りたい時に、総量規制ではない金融機関、銀行ですが、ここのカードローンの申込で、総量規制に縛られることなくキャッシングができます。多重債務だとしてもまた、消費者金融カードローンを持っていたとしても、属性が良い、返済がきちんとしている場合の銀行カードローンでの多重債務も可能です。属性...

レイクALSAについて 今は消費者金融最近、レイクのカードローンが新しくなりました。レイクALSAです。何が変わったのでしょう?レイクって、消費者金融?以前、存在していたレイクは、現在は消費者金融としての業務はないです。新生銀行のフィナンシャルグループの1つとして、レイクが残っています。レイクALSAは、新たに消費者金融としてのカードローンサービスをはじめました。ということで、大手消費者金融と同様...

消費者金融で借りれない総量規制以上の借入キャッシング業界では、最近消費者にとってはマイナスな事柄が多いです。銀行カードローンの即日融資の廃止と限度額の制限です。銀行カードローンは総量規制対象になった?2017年初頭に、銀行カードローンでは異例の限度額の制限が行われました。貸金業法改正で、消費者金融の総量規制で限度額が低くなることで、銀行カードローンの顧客増大に伴い、多くの債務整理者がでたことが要因...

総量規制以上のキャッシングができるまとめローンと借り換え消費者金融で総量規制以上の借入ができる場合があります。まとめローンです。まとめローンと借り換えまとめローンとは、多重債務を1つのローンに契約を変えることです。借り換えは、今持っている借入を違うローンに借り換えをすることです。要は債務を持っている方が、より金利が低い内容にしたいためのローンになります。2つの共通点としては、返済専用です。カードロ...

総量規制と債務整理銀行カードローンでは最初から総量規制対象外、消費者金融ではまとめローンと借り換えについては、総量規制対象外のキャッシングができます。総量規制でどこも借りれないということはないのですが、審査が厳しくなります。中小消費者金融にもあるまとめローンと借り換え審査ときたら、大手消費者金融よりも甘い審査の中小消費者金融です。大手消費者金融審査落ちでも借りられる金融業者として、全国に点在してい...