レイクALSA ついて 今は 消費者金融

レイクALSAについて 今は消費者金融

最近、レイクのカードローンが新しくなりました。レイクALSAです。何が変わったのでしょう?

 

レイクって、消費者金融?

以前、存在していたレイクは、現在は消費者金融としての業務はないです。
新生銀行のフィナンシャルグループの1つとして、レイクが残っています。
レイクALSAは、新たに消費者金融としてのカードローンサービスをはじめました。
ということで、大手消費者金融と同様のサービスが復活した形になります。

 

 

もともと銀行カードローンだった?

新生銀行レイクカードローンということで言えば、銀行カードローンの扱いでした。
これは、銀行カードローンと消費者金融の間という内容であり、無利息期間の種類も豊富で、それだけでも人気のキャッシングでした。

 

ただ、他の大手消費者金融より金利が高めの設定だったこと。
銀行カードローンになることで、即日融資ができないことで、差がでていました。

 

銀行カードローンと言えば、金融業者の金利より低い、総量規制より多く借入ができることでした。それまでのレイクのカードローンでは、無利息期間が長いという点のメリットだけでした。そこで、利用状況にしても頭打ちで、銀行カードローンの即日融資廃止が決定となり、消費者金融のレイクALSAとして生まれ変わりました。

 

総量規制はきっちりと

レイクALSAでは、貸金業法によって即日融資はOKですが、総量規制範囲内のキャッシングになっています。年収3分の一以内のキャッシングであり、多重債務は否定しないですが、多くは借入ができないです。最近流行りのアプリのキャッシングで、カードレスにはなっています。

 

大手消費者金融と方を並べる形になっていて、無利息期間サービスは継続です。
5万円まで半年間の無利息、初回30日間の無利息期間は健在であり、大手消費者金融の選択肢としては、返済負担が一番小さいとされています。

 

総量規制と即日融資

消費者金融の最大のメリットは即日融資です。
すぐに借りれる手軽さは銀行カードローンや中小消費者金融でもないサービスです。
初回30日間無利息期間とか、レディースローンもありサービスも充実していますが、総量規制はどうしても超える事ができないです。

 

レイクALSAにしても、今は銀行カードローンではないので、総量規制以上の借入ができないです。しかし、少しでも返済を小さくしたい方にはお勧めです。

 

特に5万円以内のキャッシングなら6ヶ月で返済で無利息というのは、現在も国内のキャッシングの中では最大の返済負担がちいさな内容といえるでしょう。最短1時間程度で現金入手で、無利息が長いレイクALSA、大手消費者金融でもお勧めの金融業者です。

関連ページ

総量規制無関係の銀行でのキャッシングを考える
総量規制の限度額があるのは、貸金業法のキャッシングの場合です。銀行でのカードローン申し込みでは、総量規制に縛られることはありません。属性がよく返済がきちんとしている人ならば、多重債務も可能です。勤続年数が長い人ほど審査通過飲み込みがあります。
消費者金融で借りれない総量規制以上の借入
審査は難しいですが、延滞地帯もなく、総量規制範囲内でうまく返済をしていた方限定で、銀行カードローンでの総量規制以上の借入ができる場合があります。借りれる保証は低いですが、消費者金融の総量規制以上のキャッシングは銀行カードローンだけでかなうことです。
総量規制以上のキャッシングができるまとめローンと借り換え
消費者金融で総量規制以上の借入ができる場合があります。まとめローンです。多重債務を1つのローンに契約を変えることです。または借り換えローンです。借り換えは、今持っている借入を違うローンに借り換えをすることです。金利が低い内容にするための返済専用ローンとなります。
総量規制と債務整理
銀行カードローンでは最初から総量規制対象外、消費者金融ではまとめローンと借り換えについては、総量規制対象外のキャッシングができます。大手消費者金融、金融機関で借りれない。貸金業者で、総量規制以上は断られた場合の相談先は弁護士です。債務整理をする検討を付けましょう。