総量規制以上 キャッシング できる まとめローン 借り換え

総量規制以上のキャッシングができるまとめローンと借り換え

消費者金融で総量規制以上の借入ができる場合があります。
まとめローンです。

 

まとめローンと借り換え

まとめローンとは、多重債務を1つのローンに契約を変えることです。
借り換えは、今持っている借入を違うローンに借り換えをすることです。
要は債務を持っている方が、より金利が低い内容にしたいためのローンになります。

 

2つの共通点としては、返済専用です。カードローンのように限度額が総量規制というのではなく、借りたい金額を1回のキャッシングで貸付する仕組みです。

 

 

まとめローン

3社100万円金利18%の多重債務者が、金利15%の1つのまとめローンにすることです。
この場合、申し込みを受けた消費者金融としては、すでに借入がある信用情報だけど、新たに多額のキャッシングの審査になります。

 

金融業者が完済をして、その分のまとめローンの契約になる場合と金額をキャッシングとして、自分で完済することがあります。

 

借り換え

現在100万円20%のローンを持っていて、15%のローンにそっくり変えることです。
いずれにせよ一時的に総量規制以上の借入になりますが、審査次第では、契約して完済ができれば金利収益が望める申込者なら審査通過です。

 

ここが、まとめローンと借り換えの難しい関門です。
というのも、一時的に総量規制以上だけではなく、返済が本当にできるかの見極めがあります。ちなみに大手消費者金融のまとめローンと借り換えの審査は非常に厳しいと言われています。

 

 

消費者金融の総量規制

貸金業法で決めた総量規制では、年収3分の一程度は完済ができるという限度としています。それ以上の借入は債務整理の危険が高いということです。

 

元金についての大手消費者金融の金利は平均17%以上であり、中小消費者金融では利息制限法の20%です。100万円借りたとしても最大20万円の金利ですから、総量規制以上の借入は原則として禁止です。

 

また、消費者金融としても回収できないリスクを最初から回避することができ、総量規制の存在は大きいです。新規キャッシングでは、総量規制以上の希望はことごとく断られることになります。

 

総量規制以上の借入

しかし、まとめローンと借り換えについては、総量規制対象外として受け入れる事になっています。新規キャッシングではなく、返済目的としている点で審査をされるのですが、申込者が返済負担を小さくしたいことも、貸金業法での債務者に有利な商品と言えます。実際に1%でも低金利になることは、完済に大きく影響を与えることになります。

関連ページ

総量規制無関係の銀行でのキャッシングを考える
総量規制の限度額があるのは、貸金業法のキャッシングの場合です。銀行でのカードローン申し込みでは、総量規制に縛られることはありません。属性がよく返済がきちんとしている人ならば、多重債務も可能です。勤続年数が長い人ほど審査通過飲み込みがあります。
レイクALSAについて 今は消費者金融
レイクALSAは、新たに消費者金融としてのカードローンサービスをはじめました。大手消費者金融と同様のサービスが復活した形になります。貸金業法によって即日融資はOKですが、総量規制範囲内のキャッシングになっています。アプリのキャッシングで、カードレスになっており、無利息期間もあります。
消費者金融で借りれない総量規制以上の借入
審査は難しいですが、延滞地帯もなく、総量規制範囲内でうまく返済をしていた方限定で、銀行カードローンでの総量規制以上の借入ができる場合があります。借りれる保証は低いですが、消費者金融の総量規制以上のキャッシングは銀行カードローンだけでかなうことです。
総量規制と債務整理
銀行カードローンでは最初から総量規制対象外、消費者金融ではまとめローンと借り換えについては、総量規制対象外のキャッシングができます。大手消費者金融、金融機関で借りれない。貸金業者で、総量規制以上は断られた場合の相談先は弁護士です。債務整理をする検討を付けましょう。