消費者金融審査落ちた

消費者金融審査落ちた

消費者金融審査落ちた 関連記事





消費者金融審査落ちた

消費者金融に申し込みして審査に落ちたのであれば理由はいろいろ考えられますが、1つにキャッシングなどの借入においての債務整理や延滞など金融事故情報が、個人信用情報機関に記載されているという可能性があります。
他にもクレジットカードや住宅ローン等の長期延滞があるのかもしれません。
短期間に何社もの消費者金融に借入れの申し込みをしただけでも申し込みブラックといわれ、審査落ちの原因になります。
あまりに収入が低くても審査に通らないと思われます。
他社借入が多いと審査に通りません。
色々挙げましたが、これらに心当たりはありませんか?

消費者金融の審査は銀行よりも甘いと思っている人は多いようですが、けっこう厳しくて落ちた人は多いですよ。
特に貸し倒れが怖いので信用情報機関のデータは厳しくチェックします。

銀行カードローンは保証会社が審査をします。もし申込者が返済をしなくて貸し倒れになると保証会社が代わりに銀行に返済することになります。
銀行系カードローンと呼ばれているアコムやプロミスなどは自社で審査をしています。
なぜ消費者金融なのに銀行系と呼ばれているかというと、例えばアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの銀行系の消費者金融だからです。
プロミスは三井住友フィナンシャルグループの系列消費者金融会社です。
これらの消費者金融が銀行の保証会社になることもあります。

最近はネットバンクが人気があります。 というのも実店舗を構えていない分低コストで営業できるため、低金利融資などサービス面が充実しているといわれているのです。
例えばオリックス銀行カードローンも実店舗を持たないネットバンクです。融資限度額が高くて金利が低めに設定されているとの口コミ情報が挙がっています。
ただし、銀行ですので保証会社もついていますし、審査は厳しいです。

残念ながら消費者金融や銀行のカードローン利用は、審査に通らなければ使えません。
どうしてもお金が必要というのならば、審査の緩い中小消費者金融や街金ならばお金を借りれるかもしれません。
ただし、金利が高いです。法定金利の上限ギリギリの利息を取る業者が多いです。
また、闇金が街金のふりをして融資を勧めてくることもあるので注意が必要です。

消費者金融の審査に落ちただけではなく、借金問題で困っているときは、専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もできるそうです。
消費者金融の審査に落ちて、生活もままならないほどお金に困っている場合は行政に頼る方法もあります。
探せば色々な方法が見つかるので自分に合った方法で今の状態を改善していってほしいと思います。


▲TOPにもどる



消費者金融審査落ちた カードローン

お金を借りたいときに消費者金融に申し込みして、その気になっているのに審査で落ちて期待していたカードローンを借りれないというのは辛いものです。
いったい何が悪かったんだろうと皆さん考えると思いますが、多くの人が個人信用情報機関に事故情報が記載されていて審査落ちしているみたいです。
最近は携帯電話の端末代金の延滞が原因で、自分でも気が付かないうちにブラックになっている場合があるようです。
キャッシングした覚えがないのに審査に通らないという人はそれが原因かもしれません。

他の原因として考えられるものに、他社借入れが多いというのがあります。
他社借入れがあっても問題ないのですが、それが3社4社となっていくと問題になります。
1社から大きな金額を借りているよりも複数社から少額でも借りている方が金融機関からは嫌がられます。
少額しか借りられない信用しかないから複数社から借りているのだと思われるからです。
他社借入れが多いと消費者金融に審査落ちしてカードローンが借りれない原因になるんですね。

他には年収が低いとか収入が安定していないなど、いわゆる属性が低いといわれる人も審査に通りにくいと思われます。
例えば銀行カードローンでは、年収がいくら以上でなければ、という融資条件のようなものがあるようです。

消費者金融会社の場合はそこまで厳しくなく、正社員でなくても毎月安定した収入があれば審査に可決される可能性は高いと思います。 しかし、収入がゼロの月があったり、生活するだけでいっぱいいっぱいで借金返済に回せなさそうな収入だと見なされると審査に落ちる可能性が高いのではないでしょうか。

他にも、まれな審査落ちの例として、書類に記載された職場に在籍確認の電話をしたら、実際は在籍していなかったというものもあります。
審査の際の書類には嘘の記載はだめです。他社借り入れの金額なども少なく記載する人がいますが、すべて調べればわかることですので、正直に書きましょう。

消費者金融の審査に落ちたとすれば、A銀行でもB銀行でもカードローン審査には通らないと思います。
なぜなら消費者金融よりも銀行カードローンの審査のほうが更に厳しいからです。
銀行の場合は保証会社がついていて厳しく審査します。
どうしてもお金を借りなければいけないなら、銀行系のような大手ではなく中小消費者金融や街金に申し込みすれば審査に通り契約できるのではないかと思います。
ただし、金利が高く利用限度額は低いです。
それでも本当に借りる必要があるのかよく考えてみて下さい。

もし借金の返済で困っている場合は、専門の弁護士に相談することも考えてみてはどうでしょう。
無料匿名相談もあるので活用してください。プロに相談することで解決できることもあると思います。


▲TOPにもどる



消費者金融審査落ちた 信用情報

消費者金融の審査に落ちた人の中で、原因は個人信用情報の事故情報だと感じている人は多いはずです。
消費者金融では審査の基準を公表していませんが、金融機関が必ず申し込み者の信用情報の記録を照会するのは確かです。
信用情報には生年月日などの個人情報や現在の借り入れ状況やその返済状況、過去の金融事故情報など借金関係はすべて記録されています。
そこに債務整理歴や代位弁済、長期延滞などの記録などがあると審査で落とされる可能性が高いでしょう。

これが銀行カードローンの場合なら、可能性ではなく即審査落ちとされると思います。
銀行の審査が厳しいのは保証会社が審査をしているからです。
もし銀行から融資を受けた人がお金を返せなくなると保証会社が代わりに銀行に返済する仕組みになっています。
なので保証会社はしっかりと厳しく審査を行うのです。
これはメガバンクに限った話ではなく、最近人気が高まっているオリックス銀行カードローンのようなネットバンクでも保証会社がついていて審査をしています。
実店舗がない分、経費が掛からずサービスに反映していると人気が高いですが、審査はやはり厳しいとされています。

消費者金融の審査に落ちた理由は信用情報だけとは限りません。
消費者金融やカードローン会社などの金融業者は総量規制という法律に従って融資をしなければいけません。
他社借り入れが多くて、すでに他社から年収入の三分の一にあたる額の融資を受けている申込者なら審査で落ちることになるでしょう。

他社借り入れの件数が多すぎても審査に落ちる可能性が高くなります。 大口を一軒から借りるより小口を数社から借りるほうが大口の借入額を貰える信用がないと判断されるそうです。
他にも短期間に何軒にも申し込みすると申し込みブラックといわれて審査に落ちる原因となるようです。
このように見ていくと、消費者金融の審査に落ちた人の原因は実に様々で信用情報が原因であることも多いかもしれませんが、それ以外にも色々ありそうです。
しかしながら、金融事故など起こさず信用情報を大事にしなければ近い将来住宅ローンを組みたくても組めなくなってしまう可能性があるので、気を付けなければいけない事に変わりはありません。

消費者金融は大きく2つにわけることができ、一般的に大手消費者金融と呼ばれるプロミスなどの銀行系カードローンと、中小消費者金融いわゆる街金とに分けることが
出来ます。
どうしてもお金を借りたい場合は、審査が緩い街金でなら契約できる可能性があると思います。
ただし、審査が緩い分金利は高く設定されています。
法定金利の上限ギリギリまで取る業者もあるので、返済の負担は大きいかもしれません。
本当に借りる必要があるのか、よく考えて申し込む必要がありそうです。

借金の返済で困っている場合は借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もあるそうなので、ハードルが低いのではないでしょうか。
悩んでいるときはプロに相談すると解決できるかもしれませんよ。


▲TOPにもどる



消費者金融審査落ちた 銀行カードローン

消費者金融の審査に落ちた人が次に銀行カードローンに申し込んでも審査に落とされると思います。
なぜならば、消費者金融よりも銀行カードローンの審査のほうが厳しいからです。
銀行の審査をしているのは保証会社です。
もし、銀行から融資を受けた人が返済できずに焦げ付いても保証会社がその人に代わって銀行に返済する仕組みになっています。
なので保証会社はしっかりと厳しく審査をします。
消費者金融の審査よりも銀行カードローン審査のほうが厳しいわけです。

金融機関は個人信用情報機関への登録を法律で義務づけられています。
株式会社シー・アイ・シーが指定信用情報機関になっています。
そして消費者金融などの貸金業者は借入や返済などの情報、そして延滞などの金融事故の情報があればそれを信用情報機関に記録する仕組みとなっています。

信用情報をチェックすれば個人の借入総額を把握できるので総量規制にも対応できます。
他社の借入れ合計金額がすでに総量規制に抵触していると、消費者金融ではそれ以上貸付できないので審査に落とされることになります。
もし消費者金融の審査に落ちたのに銀行カードローンの審査に通る可能性があるとすれば、上記の総量規制が原因で消費者金融では審査落ちしたという場合だけでしょう。
銀行は総量規制の対象外だからです。

信用情報をチェックすれば他社借入件数もわかります。 金融事故情報があっても一目瞭然なので、信用情報会社は金融機関の審査業務では、なくてはならない存在となっています。

収入が低かったり安定性がない人も審査に通りにくいでしょう。
審査に通りたいがために嘘の情報を書類に書く人がいますが、信用情報の照会や在籍確認や収入証明書などを調べればすぐにわかってしまうので、正直に書いたほうが心象がいいのです。

消費者金融の審査に落ちてしまった人が、まだどこかでキャッシングできる可能性があるとすれば、審査が甘いとされる中小消費者金融、街金だと思います。
街金は審査は柔軟なのですが、金利が高くて利用限度額が低いというデメリットがあります。
返済が負担になる可能性があるので、そこを踏まえて本当に借りるべきなのかをよく考える必要がありそうです。

今すでに借金問題で困っている人がいるなら、借金専門の弁護士に相談するという方法があることを知ってほしいと思います。
無料匿名相談もあるので、相談することのハードルは低いのではないでしょうか。


▲TOPにもどる



消費者金融審査落ちた 事故情報

急にお金を準備しなければいけなくて借りる人がいない場合、金融機関から融資を受けようと思う人は多いはずです。
消費者金融や銀行カードローンに申し込みして審査落ちした場合、その原因として考えられるのは個人信用情報に記録されていた事故情報が多いと思います。
延滞を軽く考えている人もいますが基本的に3か月以上の延滞はブラックとなり信用情報に記録されてしまいます。
短期間の延滞だからと思っても安心してはいけません。
信用情報に記載するかどうかの判断は金融機関側がしますので、何度も繰り返す人は悪質と判断されて信用情報に記録される可能性もありますので注意してください。

当然ですが債務整理や自己破産などの情報も記録されて5年から10年間、その記録が消えませんので近い将来住宅ローンを組みたくても審査が通らないということもありえます。
信用情報というのはとても大事にしなければいけないものだと感じます。

一つの消費者金融で審査落ちしたからといって、次はA銀行次はカードローン会社と、どこか借りれるところはないかと金融業者をはしごする人がいますが、それはやってはいけません。
申し込みブラックといって、そんなにもお金に困っている危ない人と判断されて審査に落ちる原因となります。

他にも、他社から融資を受けている人、その借入ですでに年収入の三分の一の額の融資を受けている場合、消費者金融ではそれ以上の融資は受けられないので審査に落ちることとなります。 消費者金融などの貸金業者では総量規制に従って営業しなければいけないからです。
銀行は総量規制の対象外なので年収に関係なく融資を受けることが出来ます。
ただし銀行の審査は保証会社が行っており、とても厳しいです。

このように見ていくと、消費者金融の審査に落ちたら、事故情報がある場合はもうどこからも借入することが出来ないということでしょうか?
実は消費者金融はアコムなどの大手と中小消費者金融(街金)との大きく2つに分けることが出来ます。
街金などの小規模な消費者金融であれば審査が柔軟なので、多少の金融事故情報があっても融資を受けられる可能性があります。
しかし金利が高いことと利用限度額が低いというデメリットがあります。
利用するときはそういった点もよく考えなければいけません。

もし借金の返済で悩んでいるのであれば、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
プロの弁護士さんに相談することで解決策が見つかるかもしれません。
無料匿名相談もあるようなので、一度利用してみてもいいのではないでしょうか。

▲TOPにもどる