今すぐお金が必要 借りれない

今すぐお金が必要 借りれない

  1. お金が必要なときはどうする?
  2. 銀行や消費者金融会社で借りる
  3. 消費者金融会社で借りる
  4. 中小消費者金融会社と街金で借りる
  5. ブラックでも借りることができる?

 

 

お金が必要なときはどうする?

お金がすぐにでも必要なときは、まずは働くことを考えたほうがいいでしょう。働くとなるとメインの仕事があるので土日などの週末か夜の仕事になってしまいます。

 

男性の場合でしたら、日払いのバイトとなるとガテン系のバイトしかありません。ガテン系のバイトとなると肉体労働となるので、建築現場などの仕事がメインとなるでしょう。いずれにしても体力勝負の仕事となるので、体力に自信のない人でしたら、ガテン系の仕事をしないほうがいいかもしれません。

 

また慣れない仕事になるのでケガもつきものです。雇い主が労災保険に加入しているはずなのですが、日払いのバイトには労災保険をかけていないところも少なくないようですから、事前に労災保険の加入の有無を確認しておきましょう。労災保険に加入していないようでしたら、日払いのバイトはしないほうがいいでしょう。慣れないガテン系の仕事になるのでケガがつきものです。労災保険に加入していなければ、治療費も自腹ということになるので、その点はくれぐれも注意しておいたほうがいいです。

 

あるいは、日払いのバイトは求人情報誌やネットの情報などで確認することになるのですが、あったとしてもすぐに埋まったり、確認がとれても直前になってキャンセルなども日常茶飯事です。そういった点にも注意が必要でしょう。一回の日払いの仕事で1万円程度になると思うので、3万円程度を稼ぐとなると3回のバイトでなんとかなるでしょう。自分の力で仕事をしてお金を稼ぐのですから、誰にも迷惑をかけないので、ガテン系の日払いのバイトはおすすめです。それでも、ケガには十分に注意をするようにしましょう。

 

ガテン系のバイトでしかも日払いのバイトとなると、ヘルメットや安全靴などの保護具は自前というところもあります。ヘルメットはともかく安全靴は自前で用意しておいたほうがいいでしょう。ヘルメットもあればホームセンターなどで購入しておくといいです。ヘルメットは何かと一つでもあれば重宝するのでこの機会に用意しておくといいでしょう。安全靴も同様です。災害の多い日本ですから、自分の身に降りかかる場合は当然ですが、ボランティアなどでも必ず重宝するでしょう。

 

3万円程度のお金でもすぐに欲しいとなると、手持ちにそのお金がなければどのように調達したらいいでしょうか、仕事もすぐに見つかるとも限りません。そのようなときは友人知人に頼るのも一つの方法です。昔ながらのつきあいですから、頼めばすぐにでも用立てしてくれることでしょう。

 

もっとも、借りるのは3万円程度が望ましいです。それも財布の中に入っているいわゆるポケットマネーです。ATMで引き出してまでも用立てしてくることがないようにしなくてはいけませんし、借りる側も財布の中に入っているお金で、というように無心するようにしましょう。

 

余ったお金ということではないのですが、借りるお金は小遣い程度のお金に抑えておくべきです。特に友人知人との間でしたら、そのくらいのお金がベストです。もちろん友人知人にもっと貸して欲しいと言えば貸してくれることでしょう。しかし、それは財布の中から出てくるものではないでしょう。ですから、そういったお金は友人から借りないようにしなくてはいけません。3万円以上のお金となると、身内か、銀行や消費者金融会社から借りるようにしましょう。

 

友人からお金を借りるときは、借りる側で借用書を用意するようにしましょう。通常でしたらお金を貸す側が借用書を用意するものですが、友人が借用書を用意するのは気が引けるものです。その点を察して借りる側で借用書を用意するのです。友人も水くさいといいそうですが、借用書は用意しておいたほうがいいですし、貸す側の友人知人も借用書があるとホッとすることでしょう。

 

借用書には給料日に一括で返済するといった文言を一筆したためておきましょう。間違っても分割で返済するといったことをしてはいけません。3万円程度の少額ですから、給料が出たら、何よりも最優先で3万円を友人に返済するようにしましょう。友人知人とのお金の貸し借りはできるだけ早く返済して片付けるようにしなくてはいけません。友人も財布の中から出してくれたお金ですから、困っていることには間違いないからです。

 

他には、自宅にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらう方法があります。不要品ですから、それほどの買取値は付かないことでしょう。それでもちりも積もれば山となることですし、不要品で買い取り業者も値がつかないというものでも、無料で処分してくれることがほとんどですから、不要品の処分と考えたら気が楽でしょう。それでも、中には値が付くものもありますから、かき集めると1万円あるいは2万円程度にはなるでしょう。

 

しかしながら、必要なお金には届いていませんから、そのときは書籍やコミックなどを買い取りしてもらうようにします。人気のコミックの全巻セットがあれば、かなりの高価買い取りが期待できます。さらに書籍もベストセラーよりもレア本のほうが高価買い取りとなるでしょう。書籍やコミックがある程度揃っていればそれだけでも必要な金額に届くと思います。

 

不要品の買い取りや、書籍やコミックの買い取りはいつも使える方法ではありませんから、ここ一番というときに買い取りしてもらうようにしましょう。書籍やコミックなどは普通の買い取り業者よりも、本の価値のわかる古本屋に買い取りをしてもらうようにしましょう。

 

クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。クレジットカードのキャッシングを利用する人は少ないかもしれません。金利も高いですから、クレジットカードはショッピング専門にして、何かあったときにキャッシングができるくらいに考えておいたほうがいいでしょう。クレジットカードを作るときに審査には通っているので、キャッシング枠まで借りることができますが、支払いがあるので必要な額だけをキャッシングするようにします。間違ってもリボルビング払いなどにはせずに、翌月一括払いで支払うようにしましょう。

 

 

 

銀行や消費者金融会社で借りる

ある程度まとまったお金が必要なときは、銀行や消費者金融会社からお金を借りなければなりません。両者を比較すると銀行のほうが金利が低いので、借りるには返済利息が少なくなるので有利です。それでも銀行カードローンは誰でも気軽にお金を借りるというわけにはいかないのです。というのも、銀行カードローンを借りるにも審査が必要です。この審査に通らなければ銀行カードローンを借りることはできないのです。

 

この審査に通るには、ある程度の属性の高さが必要となります。この属性というのは信用度やお金の借りやすさ、さらには返済能力を表す指標です。属性は一つの項目で決まるのではなく、さまざまな項目が組み合わさって属性の高さが決まってくるのです。属性が高いとお金が借りやすく、属性が低いとお金が借りにくいのです。

 

属性は、居住形態が持ち家か借家かでも違いますし、雇用形態が正規雇用か非正規雇用かでも違ってきます。正規雇用でも勤続年数が長いか短いかでも属性に違いが出てくるのです。それぞれの項目をポイント化してスコアリングすることで、属性の高さを数値化するのが基本となっています。

 

いずれにしても銀行カードローンの審査は厳しくて、その理由としては銀行カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいのです。預かり金ですからいつでも引き出せるようにしておかなければいけません。そのため銀行カードローンを貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。

 

ですから、銀行では貸し倒れのリスクを回避するために保証会社と提携しています。これによって銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の審査に他に保証会社の審査も受けなくてはいけません。当然のことながら保証会社の審査に通らないと銀行カードローンを利用することはできません。

 

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって保証会社が残りの債務の全額を銀行に支払うのです。その後で改めて立て替えたお金を保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求することになります。

 

この時点ですでに債務整理に入っていますから、ここから任意整理の交渉が始まるのです。銀行にとってはノーリスクに見える仕組みですが、返済不能になった以降の返済利息という収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクということにはなりません。

 

銀行カードローンにデメリットがあるとしたら、即日融資ができないことでしょう。一頃はメガバンクのカードローンも即日融資を大々的に宣伝していました。それが最近ではそういった宣伝を見ることはありません。というのも即日融資ができなくなったからなのですが、その理由は警察庁のデータベースへのアクセスがあります。

 

不正融資を防止するための施策なのですが、それによって、銀行カードローンに融資の申し込みがあると、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけません。その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるということです。これによって銀行カードローンの即日融資はできなくなったということです。すぐにでもお金が必要なときは、消費者金融会社のカードローンに頼るしかないでしょう。

 

 

 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンで借りることができなかったときは、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。こちらも審査がありますが、銀行よりも審査基準が緩いので属性に不安のある人でも審査に通るでしょう。

 

消費者金融会社のカードローンの特徴は多彩な申し込み方法にあります。WEBや店頭での申し込みはもちろんですが、ほかには電話での申し込みもできますし、メガバンクと提携している消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置している自動契約機を使ってカードローンの申し込みができます。

 

また、最近ではWEB完結という、郵送物が自宅に届かない申し込みができるようになりました。家人にばれることなくカードローンの申し込みができるのがメリットですね。そして、大手消費者金融会社最大の特徴が全国各地に設置してある無人契約機の存在です。

 

24時間365日稼働している優れもので、いつでもカードローンの申し込みができるのが大きなメリットと言えるでしょう。即日融資にも対応しているので、その日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ればローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。大手消費者金融会社以外でしたら、店舗が閉まるとどうしようもありませんが、無人契約機の存在で夕方以降でもその日中の借り入れが可能となっているのです。

 

 

 

中小消費者金融会社と街金で借りる

大手消費者金融会社のカードローンは、消費者金融会社の中では審査が厳しいです。延滞歴があるような人でしたら他のカードローンの審査に通ることは難しいでしょう。

 

今すぐお金が必要というときがあります。そのときは、中小消費者金融会社や街金に頼るしかないでしょう。中小消費者金融会社も街金もそれほど馴染みがないという人も少なくないと思います。しかし、中小消費者金融会社は大手消費者金融会社のカードローンに審査落ちした人の受け皿的存在となっているので、大手消費者金融会社のカードローンなどで借りることできなかった、それでも今すぐお金が必要というときに力になってくれることでしょう。

 

中小消費者金融会社は、業容が幅広く大手並にカードローンを取り扱うほどの業容を誇っているところもあるかと思えば、街金並みの中小消費者金融会社もあります。それぞれ身の丈にあった、中小消費者金融会社ならではの特徴のある貸金業を営んでいるのです。街金はさらに小規模な消費者金融会社ですが、地域に根ざした貸金業を行っています。審査基準も緩いので、どうしても借りることができない人が行き着くのが街金と考えていいでしょう。

 

 

 

ブラックでも借りることができる?

ブラックでも借りることができるのかというと、答えはNOと答えるしかないのですが、一部の中小消費者金融会社や街金のように独自審査を行っている貸金業者でしたら、ブラックでも借りることができるかもしれません。

 

独自審査は信用情報機関を通さない独自審査を行っている貸金業者です。現在の属性のみで審査を行うので、電話による在籍確認や収入証明書の提出などができれば審査OKというものです。これで、ブラックでも必ず借りることができるというものではありませんが、しっかりと働いていて収入も安定していたら借りることができるかもしれません。

 

また、消費者金融会社で借りることができなければ、ネットの個人間融資掲示板を利用する方法があります。連絡がきちんと取れることが条件といえば条件であとは交渉次第ですぐにでも融資を受けることができるので、最後の手段としてはこれしかないでしょう。