キャッシング 審査落ち

キャッシング 審査落ち

  1. キャッシング審査落ち回避に保証会社のチェックを!
  2. キャッシング審査落ちになる金融事故の登録年数
  3. キャッシング審査落ちする金融事故の種類
  4. 返済負担比率とキャッシング審査落ちの関係
  5. 在籍確認が取れないとキャッシング審査落ちに

キャッシング審査落ち回避に保証会社のチェックを!

消費者金融系や銀行系カードローンなどに融資の申し込みをすると、場合によってはキャッシング審査落ちになることもあります。
審査に通過しない原因はいろいろ考えられますが、例えば申込者が専業主婦の場合、本人に全く金融事故やブラック情報がなくても、消費者金融などの貸金業者に借入れの申し込みをすれば最初からキャッシング審査落ちは確実です。

 

その理由は、消費者金融会社は貸金業法の総量規制の対象となっており、年収の3分の1を利用限度額とする融資しか認められていないことから、そもそもご本人への収入がない専業主婦の方はアウトとなります。
専業主婦の方は消費者金融業者ではなく銀行カードローンに申し込みをするか、配偶者貸付を利用するなどの方法をお勧めします。

 

借金をしたことがなかったり、していても返済の延滞をしていないなどキャッシング審査落ちする原因に思い当たらない場合は、どんな対策をすればいいかわからないので打つ手がなくなってしまいます。
そんなときは、個人信用情報会社のご自身に関する情報を開示してみると原因の解明に役立つかもしれません。

 

日本には個人信用情報機関が3カ所あり、キャッシングなどの申し込みフォームで入力した個人情報などが登録されているところです。
金融会社で返済の長期延滞をしていたり債務整理をしているなどの事故情報(異動情報)が個人信用情報機関のデータベースに登録されていると、銀行や大手消費者金融の審査に通る可能性はまずなくなるでしょう。
中小消費者金融は独自審査を行っていることから、債務整理などの経験がある場合でも、可決している人は大勢いますが、大手金融機関の契約は難しくなるというのが現状です。

 

銀行カードローンを利用したいけれど審査に通らないという場合、保証会社をチェックしてみるのも一つの方法です。
保証会社は各銀行カードローンの公式ホームページで公開されていますので、一般の方でも調べることができます。

 

保証会社とは、銀行カードローンの利用者が返済を遅延してしまったとき、本人に代わって銀行側に弁済してくれる金融業者のことです。
立て替えているだけですので、そのときからカードローン利用者が返済する先は銀行ではなく保証会社となります。

 

例えば、オリックス銀行カードローンの場合は保証会社が2カ所あり、新生フィナンシャル株式会社とオリックス・クレジット株式会社になります。
保証会社はA銀行1カ所だけ担当するとは限らず、B銀行の公式サイトを見てみたらこっちにも名前が載っていたなんてこともあります。

 

実は審査は銀行が行っているのではなく、この保証会社が行っています。
前回キャッシング審査落ちした銀行と同じ保証会社のところに申し込みをしたら、銀行は違っても審査ノウハウは同じでしょうから、審査落ちしやすいと推測できます。
金利などの条件でどこにするか決めたら、保証会社がどこかも確認してから最終決断をした方が審査に通過する確率がアップするはずです。
次回融資の申し込みをするときには、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

▲メニューに戻る

キャッシング審査落ちになる金融事故の登録年数

キャッシング審査落ちになる原因は各金融機関によってさまざまでしょうが、共通していることの中に金融事故があります。
カードローンやキャッシング、クレジットカードを利用すると、信用情報というものが個人信用情報機関に登録されます。

 

これらのサービスを提供しているどこの会社も、3カ所ある個人信用情報機関のいずれかに加入しています。
全銀協(全国銀行個人信用情報センター)、CIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)の3カ所です。

 

他社で新規の申し込みがあったとき、その申込者と契約をしても貸し倒れを回避できるよう情報が共有されています。
ウソの個人情報を申告するとすぐにバレてしまうのは、このシステムがあるためです。
登録されている主なないようは、申し込みをしたときの内容やこれまでの利用履歴、ローンの返済実績などです。

 

契約を守ってきちんと返済されていれば、金融事故を起こすことはないのですが、起こしてしまうと一定期間は個人信用情報機関に登録され、期間を過ぎれば抹消されます。
登録されている間はキャッシング審査落ちしやすくなりますので、大手銀行カードローンや大手消費者金融に新規で申し込みをするなら、まずこの期間の長さを知ることをおすすめします。
過ぎてから手続きをした方が、格段に審査に通過しやすくなります。

 

金融事故の主な種類は、支払いの長期延滞、債務整理、代位弁済、強制解約です。
さらに債務整理は4種類あり、任意整理、自己破産、特定調停、個人再生(民事再生)がありますので、全部で7種類に分類されます。
個人信用情報機関によって少し登録期間に違いがありますので、チェックしてみてください。
貸金業者の公式ホームページを見てみると、3カ所のうちどこの個人信用情報機関に加入しているか書かれています。
1社で2カ所に加入しているところもあります。

 

全銀協の場合、任意整理・特定調停・代位弁済・強制解約が5年、自己破産・個人再生が10年です。
長期延滞は、借金残高を全て完済した日からカウントして5年で、延滞が解消されてからではありません。

 

CICは、自己破産・代位弁済・強制解約が5年です。
長期延滞は、延滞が解消されてから5年。
任意整理・特定調停・個人再生の場合、債務整理のいずれなのかは明記されないものの、債務整理を行使してからの状況が載ります。

 

JICCは、長期延滞をして延滞解消されてから1年間です。
長期延滞以外の金融事故は、いずれも5年です。

 

キャッシング審査落ちをしているという方は、これらの期間を過ぎているか確認すれば、より次回は審査に通過しやすくなります。
こんなに何年もの長い間待てない、今すぐ融資を受けたいという場合は、中小消費者金融をおすすめします。
確かに、長期延滞などがあると審査に不利になりますし、通過しても希望融資額より少額になります。
やはり返済の取り決めを守ることが、希望の借り入れを叶えるなによりの秘訣です。

 

 

▲メニューに戻る

キャッシング審査落ちする金融事故の種類

キャッシング審査落ちになる原因の金融事故には、いくつかの種類があります。
どのような行為をすると、金融事故につながるでしょう。

 

債務整理は、金融機関から融資を受けている人が借り入れ金額の返済を免れたり、減らしてもらうなどの手続きのことです。
長期延滞は、クレジットカードやカードローン、キャッシングなどの毎月の返済が、長い間遅れてしまうことです。

 

強制解約は、融資を受けている人が規約違反をするなどの行為、貸し付け業者サイドより契約終了にされることです。
代位弁済は、融資を受けている人が返済の滞納などを続け、本人ではなく第三者(保証会社など)が肩代わりしてくれることです。

 

債務整理は1種類ではなく、この中に4つの種類があります。
自己破産・個人再生(民事再生)・特定調停・任意整理です。
自己破産は、申し立てを裁判所へ行い、所有している財産は全て借金返済に使われます。
私財を返済に全て投じた上で、裁判所に認められると、借入残高の返済義務がなくなります。

 

個人再生(民事再生)は、申し立てを裁判所に行い、借入金額の残高を可能な限り減らしてから支払い計画を組み、3年間で実行に移していきます。
特定調停は、融資を受けている金融機関との仲介に入ってもらい、協議を進めて遅延損害金や利息を減らすプランを立てます。
任意整理は、融資を受けている金融機関と協議を行い遅延損害金や利息をこれから支払っていくためのプランを立てます。

 

これらの金融事故になっている場合、大手はまずキャッシング審査落ちするものと考え、中小消費者金融に切り替えることにより、審査に通過する可能性が見えてきます。
中小消費者金融は審査が緩いなどいうウワサもありますが、審査は必ず行われており、落ちている人がいることもいます。

 

中小消費者金融はインターネットから申し込みができ、WEB完結できるところが増えてきています。
またお電話で申し込みをしてご指定の口座に振り込む、またはコンビニなどの提携ATM
店舗まで足を運ぶ必要がないところも多くあります。
金融会社の店舗の場所が遠方にあっても金利が有利だったり限度額が高いなどのメリットがあれば、申し込みをしてみてはいかがでしょう。

 

ホームページの申し込みフォームを送信すると、電話で返信が来ます。
多くの場合は当日中または翌日に金融機関の担当者から連絡が入り、いくつか質問を受けます。
この人にお金を融資してもきちんと返してくれると思わせられるよう、ハキハキ受け答えしましょう。

 

店舗に直接出向ける中小消費者金融があれば、面談向きのきちんとした服装で身だしなみを整えて行くなどすれば、場合によっては即日融資という展開も実際に出ています。
店舗まで行くとなると面倒くさいイメージがありますが、アピールできる場が提供されていると考えれば、電話よりしっかり話を聞いてもらえ、キャッシングの審査に通る可能性が高まるでしょう。

 

 

▲メニューに戻る

返済負担比率とキャッシング審査落ちの関係

返済負担比率という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
返済負担比率が一定を上回る数字に達した場合、キャッシング審査落ちするといわれています。

 

私たちは生活している上でさまざまな消費をしており、それには返済が必要なものがあります。
1年間の間にいくらぐらいの返済をしているか把握しているでしょうか。
返済負担比率とは、1年間の返済による支出が、収入のどのくらいの割合を占めているかを表す数字です。

 

この場合の返済にあてはまるのは、銀行カードローンや消費者金融キャッシング、さまざまな種類のローン、クレジットカードのリボ払い・分割払い・キャッシング、奨学金、スマホや携帯電話の端末機器の分割払いなどです。
詳細な定義は銀行によって多少の違いはありますが、おおまかにはこれらの返済をさしています。

 

融資の申し込みを受けた金融機関によって、返済負担比率でキャッシング審査落ちにするという数字は異なりますが、目安は35%〜40%以上です。
たとえば1年間に支払いっている総返済額が105万円〜120万円、月々の返済額が9万円弱〜10万円ほどの人は、年収300万円でもキャッシング審査落ちする確率が高いという計算になります。

 

返済負担比率については、平たく言うと収入に対して返済額、つまり借金の負担が大きいとキャッシング審査落ちしやすくなるということになりますが、借り入れ件数が多過ぎることも要注意です。
融資の申し込みをする時点ですでに複数の他社から借り入れをしている人で、あきらかに多過ぎるという場合は、一本化するなど件数を減らしてから申し込みをされることをおすすめします。

 

他社からの借り入れ件数が一定以上であることは、審査時に個人信用情報機関の照会によって知られてしまうことですので、虚偽の申告をしても意味がありません。
借り入れ件数が多いという理由でキャッシング審査落ちする基準は、銀行か消費者金融によって異なります。

 

銀行の方が消費者金融よりも厳しく、銀行は3カ所以上、消費者金融は4〜5カ所以上で審査に不利になるということです。
ご自身の借り入れ状況によってこれから申し込む金融会社を変えたり、おまとめローンを利用して件数を減らしたりなど、いろいろな選択肢があります。
また、通常通り返済をしていって件数を減らしたり、利用限度額に余裕がある借入先があればそちらに移行するなど、審査に通過するためにできる限りの準備を整えて挑みましょう。

 

ちなみに、他社の借り入れにカウントする業者は、銀行の場合は他行の銀行や貸金業者など全ての金融業者のカードローンやキャッシングが対象です。
一方の貸金業者(消費者金融など)の場合は銀行は含まれず、貸金業者でのカードローンやキャッシングとなります。
利用中の金融機関の分野はどれが対象になるか振り分けて、数えてみてください。

 

 

▲メニューに戻る

在籍確認が取れないとキャッシング審査落ちに

キャッシングやカードローンの契約では、一定の安定した収入を得ていることが条件の一つにあげられています。
申し込みフォームで申告した勤務先に在籍確認を行うのですが、最も多い方法は電話での確認。
源泉徴収票や給与明細書、社員証などの提示によって、確かにその職場に在籍していると判断される金融会社もあります。

 

企業によっては、電話を入れたとしても社員の在籍について回答していないところがあるそうで、その場合には上記のような書類での対応が金融業者によってなされています。
最初から電話による在籍確認は行っておらず、給与明細書などの書類確認だけを行っている金融機関もありますので、ご都合によって申し込み先を選んではいかがでしょう。
必要提出書類として、公式ホームページで紹介されています。

 

在籍確認の電話は金融会社の社名を名乗ることはなく、オペレーターの個人名で連絡をしますから、融資の申し込みをしていることがバレないよう配慮されています。
在籍確認してキャッシング審査落ちになるケースには、以下のような例があげられます。
・勤務先に虚偽の申告をしたため、最初からそこで働いていない。
・以前に勤務していたものも、退職した。
・長期休暇に入っているなど。

 

在籍確認は、安定収入が確保されていることを確かめる目的があります。
長期休暇中でも籍が置いてあるならいいような気もしますが、休んでいる期間中はその職場から収入が入っていませんので、キャッシング審査落ちにつながるでしょう。
ただ、長期休暇の種類によっては、休んでいる間も給料が支払われている場合があります。
その場合は収入が確保されていますので、審査に通る可能性が高くなります。

 

安定収入の定義は、多くの金融機関では毎月定期的に入る収入が1回以上あることをさします。
収入と認めるものは、金融業者によって異なります。
収入が年金だけの方や、パートやアルバイトなどをしていない専業主婦の方は、審査甘いに通過しづらい業者(主に貸金業者)もあります。
銀行は配偶者が安定収入を得ている場合、専業主婦でも融資OKなところがあります。

 

勤務先が詐欺を働く会社や暴力団などの反社会的な組織の場合、安定して働いているとしてもキャッシング審査落ちします。
収入が不安定だとみなされがちな芸能人や水商売の職業の方も、審査に通過しにくいこともあります。

 

勤続年数が長いほど、審査では安定感あるとして好印象になります。
逆にまだ働き始めて間もないうちは、もしかしたらすぐ辞めてしまうかもしれないと考えられ、キャッシング審査落ちする場合もあります。
その長さは金融機関によって異なりますが、3カ月以上働いていれば十分というところもあれば、1年以上続いていないと認めないというところもあります。
勤続年数がまだ短いという方がキャッシング審査落ちした場合は、これが原因でしょう。