審査落ち クレジットカード

審査落ち クレジットカード

  1. クレジットカードで審査に落ちてもカードは作れる?
  2. 審査落ちの人はクレジットカードを諦めるべき?
  3. クレジットカードの審査落ちの理由ってどんなケースがあるの?
  4. 意外と厳しいクレジットカード!!審査落ちした人はどうすればいいの?
  5. 審査落ちしても作れるクレジットカードとは?

 

 

クレジットカードで審査に落ちてもカードは作れる?

クレジットカードへ申し込みしたけど、審査に通らない人がいましたら、それは信用情報に事故がある可能性があります。カード会社では信用情報が第一なので、この信用性に欠けるような人であれば、当然審査落ち確定したも同然です。

 

じゃあ、信用情報機関に事故があれば必ずカードが作れないのか?そう考えた時に、事故があったら申し込みできない立場となるので、アコムACマスターカードなどは無理となります。事故情報が消えれば利用可能かもしれませんが、信用情報が全回復するまでの間は、カードローンやクレジットカードの作成は不可能となるでしょう。だから、どんなに会社で頑張っている人でもカードが作れない属性となっている以上、カードは作れないと思っておいて下さい。

 

但し、事故情報がある人でも、カードローン以外であればカードが作る方法は0ではありません。その方法としては、支払い専用のデビットカードなどへ申し込みすれば、クレジットカードのように分割は出来ませんが、とりあえずカードが欲しい方が審査に通りたいとかカードを持ちたいと思う時に実質的に利用出来るものだと思います。

 

ですので、ゴールドカードや楽天カードのような利用は出来ませんが、とにかくカードを作りたいと思っているのであれば、審査に通らない現状の気の紛らわしにはなってくれるかもしれません。そして、カードが作れない人でもこのようなデビットカードなら作れますので、スコアリング審査とかクレヒスが足りなくてカードが作れない上で、興味があればデビットカードを利用してみて下さい。

 

 

 

審査落ちの人はクレジットカードを諦めるべき?

如何なる理由があっても審査に通らないのであれば、カードは作れないです。こればかりは、自分の信用情報に問題があるので、アコムACマスターカードなどのカードが作れないです。

 

勿論、審査が甘い楽天カードでも信用情報にキズがあればカードは作れません。こんな人にとっては、カード会社でカードが作れる事がないですので、ゴールドカードも遠い存在となるでしょう。

 

じゃあ、事故情報があっても作れるクレジットカードってないの?一応あるにはあるんですが・・・カードローンじゃないんですよね。誰でも申込すればすぐに作れるカードであれば、デビットカードが存在しています。

 

しかし、これではカードローンのようにお金が借りれる事もなければ、クレジットカードのように分割も出来ませんから、やはり出来れば信用情報が回復してから再びクレジットカードへ申し込みするべきです。

 

じゃないと、今のままではずっとカードが作れないですから、こればかりは事故情報が消えない限りカード申し込み出来ないでしょうし、カードローンの審査に通らないからです。

 

どう足掻いても信用が無ければ利用は不可能ですので、ACマスターカードなどでカードが作れない=クレジットカードに関しては、今は諦めるべきだと思います。だから、JCBカードも無理でしょうし、金融事故があれば利用は一切出来ないものとなるでしょう。

 

どれだけ利用したいと思っても、申込情報でアウトであれば審査に絶対に通りませんから、こんな人が別の方法として消費者金融でアコムカードならイケると思っていても、結局は利用者にとって申込みするメリットは無いと言えるのです。

 

 

 

クレジットカードの審査落ちの理由ってどんなケースがあるの?

基本的に、審査に通らない人がカードを作る事は実質的に考えて不可能です。これは、情報チェックされて信用情報に何か信用に欠けるマイナス情報が見つかるからだと思います。ですので、カード会社で審査に落ちる人は、必ず審査落ちの理由があるのでしょう。

 

でも、意外に審査落ちの原因が分からない事はあると思います。だから、何故クレジットカード申込しても否決されたのか、審査に通らないのか?あらゆるパターンで審査落ちの理由について考えてみましょう。カード会社では、生きてる間の審査で申込者の信用情報を随時チェックするので、何かしら理由があってカードが作れない場合も多いのです。

 

ですから、自分はアコムACマスターカードへ申し込みしたけれど落ちたとか、ゴールドカード希望していたとか、JCBカード、楽天カードなどなど希望していたクレジットカードに全て落ちてしまった人がいましたら、このままではずっとカードが作れない可能性があるので、一旦自分の信用情報やカードが作れない原因について改めてみて下さい。

 

主にクレジットカード審査であれば、信用情報は勿論クレヒスなども関係してくるので、さすがに信用情報がクリア過ぎるような信用性や利用実績が無い状態ならば、過去に破産した人と思われてカードが作れないケースもあるのです。だから、これが原因でカード発行に至らないし、審査に通らないというケースとなるのでしょう。

 

また、逆にブラックなどの事故情報があれば、まずカードが作れないでしょう。後は、3件以上申し込まない事もポイントとなります。沢山申し込みしていたら、申し込みによる事故が起こる場合もあり、事故情報が1年間消えないので、こうなったらカードローンはアウトだと思っておいて下さい。必ず、カードローンやクレジットカード審査に落ちる事には原因があるので、これを改善出来ればきっとカードが作れますよ。

 

最後にまとめると、カードローンやクレジットカードのスコアリング審査をクリアするのであれば・・・。

 

  • 利用実績(クレヒス)を作る
  • 信用情報はクリア過ぎてもブラック過ぎてもいけない
  • 三件以上同時に申込みしない
  • 延滞などは一切なしの状態で申請する

 

これらがクリア出来れば、いきなり否決される事はまず無いでしょう。うまくカードが作れない属性や審査通過の為のポイントを把握しておけば、カードローンやクレジットカードの申し込みも全然怖くないかと思います。

 

 

 

意外と厳しいクレジットカード!!審査落ちした人はどうすればいいの?

クレジットカードなどのカードが作れないからと言って、その理由をカード会社は決して述べてはくれません。だから、極論を言えば自分で悟るしかないのです。

 

と言っても、どうやって・・・?クレジットカードの審査では、主にスコアリング審査で減点が多ければ審査落ちとなるのですが、審査に落ちる=減点が多い人となっています。ですから、心当たりを探してマイナス情報を改善していく事が大事でしょう。

 

だけど、中にはどうしても信用情報に事故情報が登録されている場合もあるので、こんな場合だと自分でどうこうするのは難しいものがあるでしょうね。

 

だから、こんな人が審査に通らない場合でもカードを作りたい場合はどうしたらいいのか?または、こんな人以外でも審査に落ちるって一体どんな人が危ないのか?それぞれの疑問に主観をおきながら、問題点をポイントポイント追って解決していってみましょう。

 

まず、事故情報があってカードが作れない場合についてです。

 

事故情報がある人はカードが絶対に作れない

基本的に、信用情報に事故がある場合はカードが絶対に作れませんから、それでもカードが作りたい場合はデビットカードなどのカード発行であれば無審査で完了するでしょう。しかし、クレジットカードのように実用的かどうかで言えば、カードローンのように使えないし、キャッシング枠もないので、結果的に無くてもあっても変わらないと思う人もいるかもしれません。

 

ですが、自分がカードが作れない可能性が絶対と決められてしまっている以上、カードの申込はどうやっても無理がある話となりますので、ACマスターカード、JCBカード、ゴールドカード、楽天カードなどを検討したくても、個人情報や信用情報をチェックされて、スコアリング審査で減点対象が当然多い金融事故者では信用性が無い為、カード利用は絶対に不可能となるでしょう。

 

こんな人がカードローンがだめとなれば、残された方法はカードローンじゃないキャッシングを利用するとか、FITカードと言われるカードでお金が借りれる、中小カードローンを利用する流れとなってくるでしょう。

 

では、逆に何もブラックでもないのにカードが作れない人は一体どんな人でしょうか。自分は特に信用情報に事故情報もないのにも関わらずカード審査で落ちる人の場合、考えられる点は下記の通りです。

 

  • クレヒスの実績が少ない
  • 既に他社で複数キャッシングしている
  • 実は申し込みブラックでカードが作れない
  • キャッシングを延滞している又はしていた

 

クレヒスは信用性がチェック出来る利用実績みたいなもの

ちなみに、クレヒスとは利用実績みたいなものですね。信用情報で既に今現在取引している情報があれば、それだけで延滞していない事もわかりますし、信用性がわかるというものだったりするので、これがある人は審査に通りやすいんです。逆に、これが少ないとカード申込しても審査に落ちる可能性があるので、出来るだけ利用実績は稼いでおくようにしておきましょう。

 

複数カードがある場合は作れない事がある

他社で複数申込しているとかカードを作っている場合は、規定のカード件数オーバーとなる可能性があるので、あまり最初から沢山のカードを作ってしまうと、ここぞという時に申し込みしたいカードに申し込みできない事だってあるでしょう。これで他社で延滞なんてしていたら、尚更スコアリング審査で不利になる事も考えられるでしょう。

 

意外と知られていない申し込みブラック

ラストは申し込みブラックですが、これに案外気付いていない人も多いのです。特にブラックでも無いけれど、過度なキャッシングやカード申込によって審査で落ちる事が続いているのにも関わらず無理に申し込みしていると、半年か一年間消えない事故情報が出来てしまうというものです。

 

審査に落ちる原因は全て自分にあると思うので、ちゃんと原因は改善してから申込してみましょう。カードが作りたいからすぐに電話したいし申込したいとか、安易に思っていたらカードがずっと作れないかもしれませんので、審査落ちした人はこれまでのポイントや自分の原因なども改め直して再検討するようにしてみましょう。

 

 

 

審査落ちしても作れるクレジットカードとは?

どんな理由があっても、信用情報に問題があって信用性が無ければ、ここぞという時に申込してもカードは作れないし、キャッシングも出来ないと思います。

 

だから、キャッシングしたいと思って、消費者金融でカード申込してもだめな時はだめなんです。こればかりは、カード会社であるスコアリング審査によって決断されている事となりますので、審査に落ちた人はカードが作れる資格が無かったと思うしかありません。または、クレヒスが少ないとかでカードが作れない場合もあるのかもしれませんが、どちらにしても信用性が足りないという事がわかるでしょう。

 

じゃあ、信用性を作る為にはどうすればいいのか?実は、これが一番重要ポイントなので、ちゃんと覚えておきましょう。信用性を作る為にはクレヒスだけでなく、事故情報がある人であれば信用情報の回復を待つというのが、一番の正解なのです。

 

しかし、事故情報が消えるまで待てない人はどうすればいいのか?何か別のクレジットカードなら作れないのか?そう色々と考えていると思いますが、基本的にクレジットカード審査に落ちた人では、カードローン全般の審査に通らない可能性が高いと言えるでしょう。

 

という事は・・・楽天カードもだめですから、JCBカードなんかもだめなんです!!ですので、人気のアコムACマスタカードもだめでしょう。結果、審査落ちしても作れるクレジットカードはありません。

 

但し、例外として作れるカードとして、一般カードだったりデビットカード辺りが作れるというもので、同じカードでもキャッシング以外のカードを利用する方法ならばあるのです。というか、それが唯一審査落ちした人の妥当の策と言えるでしょう。