どこも借り入れできない

どこも借り入れできない

どこも借り入れできないの関連記事

  1. すぐにお金が必要だけどどこも借り入れできない
  2. どこも借り入れできない…自分はどういった状況?
  3. どうしても借りることができない…どうしたらいい?
  4. 多重債務を解消することを考える
  5. とりあえず口コミ情報などを利用して貸してくれる消費者金融会社を探す

 

すぐにお金が必要だけどどこも借り入れできない

お金が必要なのにどこもお金を貸してくれない…そんなときはどうしたらいいのでしょうか。そもそもお金を借りることができない。借り入れができないというのはどういった状況でしょうか。まずはお金を貸してくれない。借り入れできない原因を探ってみましょう。お金を借りるとなるとまず最初に頭に浮かぶのが銀行です。お金を預けたり引き出したり、そして必要なときはお金を貸してくれるので一般の人にはとても身近な存在となっているのです。

 

それでも銀行はお金を貸すのが本業でもあるのに審査が厳しいというのがもっぱらの評判です。つまりなかなか貸してくれないということですね。お金を貸すのが本業であるのにお金をなかなか貸してくれないというのはどういったことでしょうか。もっとも銀行はちゃんと仕事をしているのです。つまりお金を貸しているということですね。お金を貸してくれない、借り入れできない銀行カードローンの審査に落ちてしまうというのは、申し込み者の属性が低いということに尽きるのです。普通に働いていて安定した収入があってあちこちに借金がなければ正社員ではなくても個人事業主やパートアルバイトでも銀行からの融資を受けることは可能でしょう。それでも消費者金融会社のカードローンの審査よりも厳しくなっているのは間違いありません。

 

肝心なのは審査が厳しいと感じるその比較条件ということになります。審査が厳しいどこからも借り入れできないと感じる人は相対的に自分の属性が下がっている可能性が高いのです。何もなければまずは銀行カードローンからの融資を受けるべきでしょう。第一の理由はやはり金利が低いからです。金利が低いのは預金の金利が低いと多くの人は思っていることでしょう。1%荷も届かず0.2%という超低金利ですから当然です。預けるほうもそうですが、貸し出す方も銀行では金利が低くなっているのです。

 

この場合は比較対象が他の金融機関である消費者金融会社のカードローンの金利となりますが1%から2%は低い金利となっています。金額が大きくなればなるほど金利の高低というのは大きく影響してきますですから、少しでも返済が楽になるように他からの借り入れもなく属性が高いうちに銀行からの借り入れの申し込みをするようにしましょう。銀行の本業は当然ですがお金を貸し出すことです。預金者から低金利でお金を集めて、同じように低金利で貸し出します。

 

同じ低金利でも預金の金利と貸し出しの金利ではかなりの差があります。その差が銀行の収益つまりは売り上げということになるのです。そうなると疑問に思えるのが消費者金融会社のカードローンです消費者金融会社はご存知のように預金でお金を集めることはできません。預金できるのは銀行だけですから当然です。ということは消費者金融会社はお金を貸し出すだけです。それなのにどうして金利を高くしているのでしょうか。

 

銀行は低金利でさらには預金の金利との差額があるので金利差を考えると銀行のほうが収益は低くなります。それでいて銀行のほうが貸し出しの際の審査が消費者金融会社のカードローンよりも厳しいのですから、ますます銀行は収益を上げることはできないということになります。それでも銀行が収益を上げることができるのは貸し出し数の絶対数が違うからです。というのも銀行は企業などの法人にも多額の融資を行っています。消費者金融会社は法人への融資は行っていません。

 

社名にもあるように消費者専門の金融業者、貸金業者ですから当然です。つまりは貸出金額トータルで考えたら消費者金融会社の貸出金額の合計よりも銀行のほうが桁が違うくらい多いのです。これは地方銀行でも同様でメガバンクならますます貸出金額は多いと考えていいでしょう。そういった貸出金利の収益の他に銀行は、預金者から預かったお金を集中的に運用して収益をあげています。この収益もかなりのものとなっているのです。昨今、銀行は儲かっていないとか将来的に大胆な人員整理をしなくてはいけないという記事が飛び交っていますが、高収益体制であることは間違いありません。さらに預金者から預かった大事なお金は元本を保障しなくてはいけませんから、貸し倒れや焦げ付きにはとても慎重なのです。

 

だからこそ審査が厳しいということですね。もう1つ付け加えると、属性の低い人に貸し出すリスクをできるだけ回避したいことがあげられるのです。

 

 

銀行でお金を借りるにはどうしたらいい?

すでに他社債務が複数ある場合はそこを突かれることが多いでしょう。通常の申し込みでは審査落ちとメールや電話で通知され、審査落ちした理由を聞き出すことはできません。そのあたりは推し測るしかないのですが、どこからも借り入れがなくローンも初めてということでしたら、銀行カードローンに申し込みをしたらいいでしょう。人によっては最初の借り入れが一番難しいと言います。

 

というのも、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者は融資したことに対しての返済実績というのを重視するからです。ローンが初めてという人はそういった貸した借りた返済したという実績がありませんから、そういう人からの融資の申し込みを受けると銀行としても融資をしても本当に返済してくれるのかと通常以上に厳しい審査をするのです。もっとも申し込む側としては普通に働いていて他社借り入れがないということしか売りになるものがありませんから審査の内容に一喜一憂するしかありません。

 

ブラック状態の人とは対極にあると考えてもいいかもしれませんね。申し込み者のせいではないのですが、返済実績がないということで信用度が足りないという判断になってしまうのです。ですから、そのような場合はまずはクレジットカードを作ってクレヒスをどんどん積み上げていくとよいでしょう。クレジットカードに一種の借金と考えられるのですが、申し込みに対しての理由付けはお金に困っているということではありませんから、審査にも通りやすいでそう。まずはクレジットカードを作って積極的に利用してクレヒスを積み上げることで信用度が増していくのです。

 

そうなると銀行カードローンの審査にも通りやすくなるでしょう。クレジットカードは債務ではないので他社債務にカウントされることはありません。もっともクレジットカードを多く作っているとお金に困っているのでは?という判断をされる場合もあります。日本人のクレジットカード保有枚数の平均は3枚程度とされています。これ以上持っている人も多いと思うのですが、3枚から5枚程度が無難なところと言っても良いでしょう。

 

 

銀行からの借り入れが期待できないときは

すでに銀行カードローンを借りている、退職してパートアルバイトの状況なので属性が悪くなった…などの理由で銀行からの借り入れが難しい場合は消費者金融会社へ融資の申し込みをしてみましょう。

 

消費者金融会社にはその規模によって大手消費者金融会社、中小の消費者金融会社、小規模な街金などがあります。もっと細分化してもいいくらいその規模の大きさは千差万別なのです。中には債務整理中であっても貸し出しをしてくれる消費者金融会社もあるようですし、金融ブラックでもOKといったブラック対応をしてくれる消費者金融会社もあるようです。ある時期にまとめて融資の申し込みをしてことごとく審査に落ちるという申込ブラックにも対応してくれるところもあるようです。

 

そういった情報はネットの口コミなどで得るくらいしかありませんが、気になる人は口コミサイトで確認するといいでしょう。申込ブラックというのは、審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されていてそれを他の金融機関や貸金業者が照会し、他社の審査に落ちたのならこっちでも通すことはできないということで審査落ちをするのです。それが申込ブラックということですね。

 

この情報は半年間保存されるということですから、審査に落ちて次の融資の申込をするときは半年待ったほうがいいということになります。しかし、ある時期に集中して申込をすると審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されるタイムラグを狙うという手もあります。属性が不安な人は数社くらい融資の申込を同時にしてみるのもいいでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

どこも借り入れできない…自分はどういった状況?

どこも借り入れができない、どこもお金を貸してくれないという状況はたいていの場合は自分自身に問題のある可能性が高いです。消費者金融会社から借りまくってしまって、総量規制に引っかかってしまっている場合もあるかもしれません。

 

この総量規制というのは収入(年収)の3分の1までしか借りることができないというものです。300万円の年収でしたら100万円までしか借りることができないということになります。現在が他社借り入れも含めて100万円の借り入れになっている可能性が高いのです。消費者金融会社から複数の借り入れをしているときは総量規制を念頭に置いたほうがいいでしょう。また、銀行からの借り入れは総量規制対象外となっています。ですから、銀行カードローンの債務金額は総量規制に計算されません。

 

銀行カードローンある場合はさらに債務残高が高くなりそうです。総量規制とは関係ないのですが、債務の合計は当然のことですが審査の対象となります。年収に対して借りすぎであるとか、返済能力以上の債務を抱えていると判断されれば融資の審査に通ることはできないでしょう。総量規制というのは法律で定められているものですから、まずはそれを遵守しなくてはいけないのです。それを加味しながら独自の審査が行われるということですね。

 

 

自分の属性はどうなっているのか考えてみる

自分の属性はどうなっているのかを考えてみましょう。正社員であるのでしたら安定した収入があると判断されるのでそれほど問題視はされないのですが、パートアルバイトとなると話が違ってきます。通常でしたら収入証明書の提出も必要ないのですがパートアルバイトの場合は収入証明書の提出を求められる場合があるのです。

 

ですから、パートアルバイトの場合は年収も当然ですが日々きちんと働いているのかが重視されます。直近の月々の給料明細書の提出も求められる場合もあるでしょう。失業中の場合は世帯収入で融資を受けることもできます。そのときは世帯主の同意書が必要になるので提出しなくてはいけません。そして多重債務のある場合です。他社借入のある人でそれが2,3件程度でしたら不問という場合もあるのですが、他社借入が5件ある場合は立派な多重債務と認定されます。

 

そうなると審査に通ることはできないでしょう。消費者金融会社や銀行は独自の審査基準を持っていますがどこも多重債務者には厳しい審査を行っているのです。銀行よりも大手消費者金融会社金融会社のほうが審査基準が緩いとされています。それよりもさらに審査基準が緩いのが中小消費者金融会社です。そして街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社がもっとも審査が緩いとされています。その分金利が高くなったり少額融資になってしまうのです。まずは銀行からの融資を受けるようにして、それがダメなら大手消費者金融会社、さらに中小というように下流に流れていくのが融資を受ける基本と言えます。

 

▲メニューに戻る

 

どうしても借りることができない…どうしたらいい?

まったくどこからも借りていないのにどこも貸してくれないというのは、無職の人以外は考えられません。まった区返済能力がないと判断されているので、それを打開するためには収入を得るしかないでしょう。すなわち働きに出るしかないということになります。パートでもアルバイトでもいいですから働くようにしましょう。働くことで収入を得ることができますから、借り入れをしなくても済む場合もあるでしょう。

 

もっとも、こういった人はごく少数はだと思います。多くの借りることができないと悩んでいる人や切羽詰まっている人は、すでに他社からの借り入れが多くてその返済に困ってさらに借金をしようとしている人ではないでしょうか。切羽詰まってしまうと背に腹は変えられずということで、優良消費者金融からお金を借りたいのに金利の高い闇金などからお金を借りてしまう人もいます。闇金です、と向こうから言ってくることはありません。

 

優良な消費者金融会社を装って融資をしますと近寄ってきますから、闇金と見破る判断力が必要になります。闇金は利息制限法で決まっている上限金利20%以上の金利で融資しようとしますから、まずは20%以上の金利はないということを頭の中に入れておかなければいけません。仮に20%以上の金利で借りた場合は後で請求ができます。

 

これが過払い請求です。もともと闇金はアウトローつまりは非合法組織ですから、そんなことがバレて警察に追われてしまうと逃げるのがオチです。闇金からお金を借りた場合は自分にも非がある場合も出て来ますができるだけ早く周りの人に相談して警察に届けるようにしたいものです。

 

 

多重債務の場合でも滞納はしない

申込者が多重債務であれば、審査に通ることは難しいと言えます。借金がそれでなくても多くなっているはずですから返済能力に難ありと考えられるからです。また、クイックな対応をしてくれる消費者金融会社でもなかなか融資をしてくれるところはないでしょう。借入れができなければ行きつく先は自己破産と考えている人も多いと思います。

 

しかし、多重債務でも滞納をしていなければ、今ある債務、つまりはカードローンを活用する方法があります。これは利用している(返済している)カードローンの利用限度額の増枠申請をするのです。

 

総量規制の壁も考えなくてはいけないのですが、まだ余裕がある場合は消費者金融会社に相談してみるといいでしょう。生活資金を犠牲にしてまで返済しているようでしたら、すでに資金繰りは無理と考えてもいいです。ブラックになってもブラック対応業者も探せばいます。ヤミ金には気をつけるようにしたら自力再生の道は残されているのです。債務整理状態になってないのでしたら、今は苦しくても滞納や延滞は絶対にしないようにがんばりましょう。

 

▲メニューに戻る

 

多重債務を解消することを考える

多重債務の解消にはおまとめローンを活用するとう方法があります。すでに総量規制でいっぱいだから新たな借入れはできない…多くの人はそう考えることでしょう。おまとめローンの場合は総量規制対象外となっているのです。それは消費者金融会社のおまとめローンでも同様です。おまとめローンは借り換えローンとも言われています。そのような趣旨のローンに限っては総量規制対象外となっているのです。

 

法律でおまとめローンという言葉は出てこないのですが、複数の債務を一本化して多重債務の状態よりも返済が楽になる場合は総量規制の対象外というような文言があります。法律的にも合法ですから、おまとめローンを多重債務の解消に是非とも活用したいものです。

 

注意したいところは銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者によって多重債務や他社借入れ件数などのカウントに微妙な差があることです。銀行では3社からの借入れでも多重債務と判定する場合があります。一方の消費者金融会社は5社までとなっていたり、結局は銀行もおまとめローンという金融商品を持っていてもおまとめローンになっていないような融資の仕方をしているということになりますね。

 

もっとも消費者金融会社の尾まとめローンも多重債務は5件までというように明確に他社借入れ件数を指定してくるところもあれば曖昧にしているところもあります。多くのカードローンの借り入れをしてさらにはクレジットカードのキャッシング機能まで利用している人でしたら審査に通ることは難しいかもしれません。特にクレジットカードのキャッシングは銀行系のクレジットカードでも金利が高いです。それは消費者金融会社のカードローンに匹敵するかそれ以上と考えてもいいでしょう。クレジットカードのキャッシングをしてその返済をしている人は要注意です。かなりの利息を支払っている可能性があるからです。

 

 

1つでも多くの債務を返済する

もう少しで完済できるという債務があれば全力でそれを完済するようにします。そうすることで債務が1つ減ることになりますから審査に通りやすくなるということですね。すでにどれも利用可能額いっぱいまで借りているということになると、信用力の低下も気になるところですが、カードローンの増枠申請をしてみましょう。利用可能額を増やす手続きです。

 

滞納などがなければ、信用情報データベースからすぐにでも照会できますから、増枠申請が通る可能性もあります。新たに借入れの審査を受けるよりも今利用しているカードローンの増枠申請のほうが多少でも信用力がありますから審査に通る可能性もあるのです。

 

▲メニューに戻る

 

とりあえず口コミ情報などを利用して貸してくれる消費者金融会社を探す

返済に窮して、さらにどこからも借入れできないとなると行きつく先は破産者のレッテルを貼られることになります。多重債務者は結局のところ任意整理を受けることになるのが通り相場ですが、中にはここから任意整理を受けずに自力で立ち直った人もいるのです。借してくれるところがないというのでしたら、貸してくれるところを探す努力が必要です。

 

銀行はあきらめても大手消費者金融会社やネットで全国展開している中小消費者金融会社の中でも比較的大手に近い消費者金融会社からの借入れを求めているのではないでしょうか。インターネットに公式サイトを設けているのは中小消費者金融会社以上の消費者金融会社です。ネットにサイトを開設していない消費者金融会社も多く存在しているのです。そういった消費者金融会社は金利は高いですが、審査基準が甘く中にはブラック状態の人にでも融資をしてくれるという口コミ情報もあります。

 

そういったネットの口コミ情報を最大限に活用しましょう。多重債務者でも融資をしてくれる街金もありますし、ブラックでも貸してくれるところもあります。その一方で小口融資しか対応していない街金もあります。そのためその場しのぎでの借入れしかできない可能性もありますが、事態を先延ばしすることで状況が好転するようでしたら、積極的に活用したいものです。気をつけなくてはいけないのは街金がヤミ金である場合です。ヤミ金は都道府県知事の認可を受けていませんし、貸金業協会の会員でもありません。

 

ですから、店舗に行ったときにそうような許可証や会員証がない場合はヤミ金である可能性が高いので融資を受けないようにしましょう。

 

 

その場しのぎでも借りたほうがいい場合がある

返済に窮していることを嘆く前にしっかりと働かなくてはいけないのですが、そのためにも現在をなんとか凌がなければいけません。その場しのぎはますます立場を悪くすると考える人もいるのですが、反対に立場を良くする場合もあるのです。

 

だからこそ現状を打破するためにもなんとかして借入れをして返済の糧にするようにしたいものです。インターネットの口コミサイトではブラックでも多重債務者でも審査OKで融資を受けることができたという情報がたくさん載っています。それのどれもが信ぴょう性の高いものではありませんが、中には具体的に書いている人もいます。そのような方法に納得できれば自分自身もそれを模倣して融資の申し込みをしたらいいでしょう。

 

▲メニューに戻る