大手消費者金融の場合

大手消費者金融の場合

アコム、プロミスなどの大手消費者金融の審査落ちは結構ショックです。

 

簡単キャッシングじゃないの?

タレント起用の大手消費者金融のCMは誰でも簡単に申し込みができるカード会社です。
昔で言うサラ金の大手消費者金融では、20歳以上で収入があれば、WEB完結1時間もあれば、現金が手に入るものです。
ところが審査です。
これは誰のせいでもない、自分のお金の使い方がNGになった原因ですが、基本的には大手消費者金融は作りやすいカードローンです。
利用者は職業は、パートやアルバイトでもOK。
とにかく一定した収入で、年収の3分の一の範囲内の借入ができます。
300万円の年収の方は100万円までですが、ここで希望借入額を200万円としてしまうと審査落ちです。
案外とこのことを知らない方も多いのですが、あくまでも年収3分の一が限度です。

 

個人情報よりも信用情報

大手消費者金融の審査では、収入があれば信用情報に移ります。
金融事故の確認ですが、多重債務、債務整理、延滞情報などが主なものです。
収入は多ければ良いのですが、安定した職業の方が良いです。
保証会社の保証ですが、消費者金融ではキャッシング初心者より完済記録がある方が審査は通りやすいです。
初めてのキャッシングよりも延滞のない完済記録が価値が高いというのです。
これも意外な事実です。

 

審査落ちはどれ?

多重債務の方が迷いところです。
100万円で2件より3件が落ちやすいです。
2件だとすると、少ない場合他社借入件数が少ない方が良いです。
ですから、多重債務者で審査落ちをする場合、連数と金額のバランス、年収にとっての返済比率などが関係して、これだという理由を挙げられないのが辛い部分です。
もちろん金融業者はどこも審査落ちの理由は教えてくれません。

 

延滞はNG

とにかく延滞はすべての金融業者で審査落ちの理由にしています。
申し込みをした時に、どんなに良い個人情報でも、信用情報にただ今延滞とあるだけで、NGです。
指定信用情報機関は、消費者金融はだいたい共通しています。
ですから、ここの大手消費者金融がダメだったから、次の大手消費者金融といっても、微妙な審査落ち以外は続けて審査落ちになります。
また、その微妙というのも、その金融業者によって変わったり、支店によってちがうなどの噂もあります。

 

カードローン申込をする前に

大手消費者金融に申込に行く時には、多重債務なら正確な他社借入件数と金額、延滞の有無などを調べてから行くことです。
多重債務も3つを2つにできるのなら、それからの申し込もがお勧めです。
一度に続けて2回・3回の申込も禁止です。
申込ブラックと言って、それが審査落ちの原因になってしまい、半年間は審査に落ちまくりです。

関連ページ

中小消費者金融の場合 WEB申込
審査の甘い消費者金融は、国内には無数にあります。大手消費者金融は支店が多いですが、これらの消費者金融は1つ店舗が多いです。・審査が甘い消費者金融一般的には大手と比較して中小消費者金融とか中堅消費者金融、街金などと呼ばれています。インターネットの普及によって、検索で簡単に調べる事ができます。これはとても便利なもので、多くの中小消費者金融が全国対応です。
街金 来店審査
街金は中小消費者金融の部類に入ります。インターネットでも検索OKで、審査が甘いと言われています。・いきなり債務整理の相談街金に申込をする方で、開口一番債務整理を勧められる方もいます。それまで金融機関や金融業者すべてに審査落ちした方に多いですが、審査が甘いと口コミでも言われた街金での債務整理の勧めは重いです。
そして闇金にようこそ 何ていうことがないように
消費者金融、銀行カードローンで借りられない。じゃあそこに行こう、闇金。・闇金がダメな理由闇金利用がダメな理由は、・金利が高く返済が大変・自分だけではなく家族や勤務先も巻き込む・自分が犯罪の加担者になる・結局は自分に甘えているからです。よく言われるのは、借り入れのための審査がなく誰でも貸してくれる無法業者です。