キャッシング 審査落ち 原因 在籍確認

キャッシング審査落ちの原因 在籍確認

キャッシング審査では、必ず在籍確認があります。
その方法は、勤務先に私用電話的に、金融会社担当者が個人名で電話をかけるのです。
だいたいこの方法で統一されている在籍確認ですが、これができないと審査完了にならないです。

 

在籍確認がない?

消費者金融も銀行カードローンも在籍確認は必ず存在しています。
ところが、セブン銀行カードローンは在籍確認なしです。また、提出書類もないです。

 

これはどういうことか?というと、セブン銀行のカードローンの申込では必ず口座開設が義務になっています。その時には、普通の銀行口座開設よりも提出書類が多いのが特徴です。身分証明書の他に公共料金の領収書などが必要です。要するに、20歳以上で収入があると認められることが必要です。そこで、カードローンの申込では二重の提出書類はないということです。

 

収入は記入しますが、在籍確認は必要なし。収入証明書もないことから、申込がとにかく楽です。在籍確認は、金融業者からの連絡が来ることです。たとえ個人名だとしても、私用電話がマズい場合は、セブン銀行カードローンのキャッシングを検討してみてください。

 

 

在籍確認ができない

勤務先で、担当者は◯◯さんはいますか?と申込者の名前で聞くだけです。
その時にそんな人はいません、で審査落ちです。会社があなたのことを知らないということはないかもしれませんが、最近では個人情報の観点から、一定の取引先からしか電話応対をしない会社もあります。

 

また、記載した電話番号が違っていると、このようなことは起こり得る話しです。
たまたま誰もいない、電話に出ない。在籍確認ができないとキャッシングは審査落ちです。

 

勤務先に電話がかかってくることを伝える

これができればベストです。
借入をしたからではなく、◯◯さんから電話がかかってくるけれど、よろしくと言えれば良いのですが、個人情報を伝えることができないということになると、セブン銀行カードローンのような在籍確認なしのキャッシングしかないです。最近では、社会保険証や社員証で代用できることもありますが、それがない場合は、在籍確認も証明もできないです。

 

本当に働いているの?

在籍確認の目的はここです。
消費者金融では、50万円以下のキャッシングでは収入証明書が必要ないです。
記載された収入は、働いている証明にはならないので、記載された勤務先への確認が必要です。収入の額ではなく、働いている証拠のための在籍確認です。

 

たいてい信用情報がOKの方が、最後の審査として在籍確認をされることが多いので、ここはきっちりきめたいことです。
いわばもう借りられる一歩手前なのに、在籍確認で審査落ちはもったいないです。

関連ページ

キャッシングの審査落ちの原因 収入
キャッシングの審査落ちの原因は1つではありません。申込み時点で最初から借入できない場合があります。基本的には20歳以上の収入がある方で、勤続年数が1年以上、消費者金融では総量規制内となり、個人信用情報の内容に事故情報が含まれていなければ良いでしょう。
キャッシングの審査落ちの原因 虚偽申込
収入の他にも勤務年数、年齢などもバレる可能性は大きいです。金融側もある程度のデータを持っています。虚偽申込みは犯罪です。虚偽がバレた場合は、審査落ちだけではなく、その金融業者からの借り入れは一切できないです。自分の信用情報、申込情報で真っ向勝負です。
どうしてキャッシングの審査落ちになの?考えられる3つの理由
キャッシング審査に落ちる場合の考えられる3つの理由があります。一つは返済負担が大きい場合です。クレジットカードを頻繁に利用したりなど信用情報で審査落ちです。またはクレジットカードの利用経験がない、そして在籍確認が取れない場合には、これもまた審査おちです。
審査基準は分からない どうしてキャッシングの審査落ちになる?
銀行系、信販系、消費者金融系でも違いがありますが、20歳以上で収入が安定している方で、金融事故の有無、延滞と遅延があるかないか。加えて、多重債務、債務整理の記録など、これらが審査基準によって確認されて、審査通過かどうかとなります。必ず審査があり、それが無い所は闇金となります。