どうして キャッシング 審査落ち 考えられる 3つの理由

どうしてキャッシングの審査落ちになっての?考えられる3つの理由

キャッシングの審査に通りたい。だけど、借りられないとき、多重債務でもないのに、収入もあるのにどうして?という場合もあります。

 

返済負担が不安

キャッシングもしていないけれど、クレジットカードを頻繁に使っている、住宅ローン、カーローンなどの返済が多い方は、信用情報での審査落ちが考えられます。
例えば、住宅ローンですが、高い返済比率でローンを組んでいる場合、住宅ローンの審査はどうにか審査通過はできたものの、キャッシングができない状態があります。
その時にカーローンなどがある場合です。

 

もし、住宅ローンだけでしたら、審査落ちではない場合もありますが、低収入でムリして住宅ローンを組んでいる方のキャッシングは難しいです。クレジットカードも同様です。
お買い物をすべてクレジットカードで行っている、公共料金、医療費もすべてクレジットカードの方は多いです。

 

別に収入がきちんとありますから、返済には直接影響はないのですが、信用情報的には、月額10万円以上の返済があるといます。最近では、家賃もクレジットカードの方もいます。そうなると、その上キャッシングもと言うことになれば、数字だけをみると、月にいくらの借金をしている?返している?ということになります。返済負担が大きいことで信用が下がります。これで、年収1000万円ほどある方なら問題はないはずですが。

 

 

クレジットカード経験がない

キャッシング申込前に、クレヒスがない方で、審査が難しいとされる方もいます。
1度でもクレジットカードを使っている、ローンを組んでいるのなら、完済記録が信用になります。

 

ところが、申込もしていない、信用情報が真っ白の場合、消費者金融では2つの心配があります。借入しても返済ができる人なのか?実は債務整理後で、今はブラックリストの時期なのか?ブラックリスト後の方なら、年数が経っていないと審査落ちですが、初めてのキャッシングでは、怪しまれることが多いです。

 

この場合、いきなりキャッシングではなく、クレジットカードでお買い物などをしておくと信用ができます。スマホ契約でも、安い機種ではなく、利用料金とともに機種代を返済する形になると、クレヒスが自然とできます。

 

在籍確認がとれない

勤務先を申込のときに入力します。そのときに電話番号を必ず入れるのですが、その番号が間違っている、または電話に出ない場合は、キャッシングが審査落ちになることがあります。

 

会社で私用電話できないなどの事情がある場合、社会保険証などで代用される場合がありますが、最初から在籍確認ができないと審査落ちですと言われる場合も少なくないです。

関連ページ

キャッシングの審査落ちの原因 収入
キャッシングの審査落ちの原因は1つではありません。申込み時点で最初から借入できない場合があります。基本的には20歳以上の収入がある方で、勤続年数が1年以上、消費者金融では総量規制内となり、個人信用情報の内容に事故情報が含まれていなければ良いでしょう。
キャッシングの審査落ちの原因 虚偽申込
収入の他にも勤務年数、年齢などもバレる可能性は大きいです。金融側もある程度のデータを持っています。虚偽申込みは犯罪です。虚偽がバレた場合は、審査落ちだけではなく、その金融業者からの借り入れは一切できないです。自分の信用情報、申込情報で真っ向勝負です。
キャッシング審査落ちの原因 在籍確認
キャッシング審査では、必ず在籍確認がありますが、これが出来ないと審査完了となりません。本当に働いているのかどうかの確認を取るわけです。最近では社会保険証や社員証で代用できることもあります。
審査基準は分からない どうしてキャッシングの審査落ちになる?
銀行系、信販系、消費者金融系でも違いがありますが、20歳以上で収入が安定している方で、金融事故の有無、延滞と遅延があるかないか。加えて、多重債務、債務整理の記録など、これらが審査基準によって確認されて、審査通過かどうかとなります。必ず審査があり、それが無い所は闇金となります。