キャッシング 審査落ち 原因 収入

キャッシングの審査落ちの原因 収入

キャッシングの審査落ちの原因は、1つではありません。
個人信用情報機関の内容もありますが、申込情報の時点で最初から借り入れができない方もいます。

 

共通の審査落ち

キャッシングができる方は、基本的に収入がある20歳以上です。
カードローンが持てる収入では、安定した一定の収入が必要です。
毎月収入があることが基本になり、それも申込のときに一定期間経っていることが必要です。

 

例えば、勤続年数が1年未満の場合は、借り入れできないこともありました。
最近では、大手消費者金融でも継続して6ヶ月以上であれば、借り入れできることもありますが、1年未満では信用情報の内容を逐一調べられることがあります。
少なくとも1年程度の収入が審査落ちしない条件の一つです。

 

 

収入の高さはあまり問題ではない

消費者金融も銀行カードローンも、限度額は限定的です。
消費者金融では、年収3分の一の総量規制範囲内です。
100万円の年収なら33万円、300万円の年収なら100万円程度が限度額です。

 

ですから、最低年収として100万円前後が規定ではあるものの、高すぎなくてはならないことはないです。これは、キャッシングの申込者がパートやアルバイトでもOKであることが関係しています。パートでは、配偶者の扶養範囲内で最初からたくさん稼がない方も多いです。

 

キャッシングは、以前は300万円程度の年収がなければ審査対象にもならなかったのですが、現在は違いますアルバイト大学生もパート主婦もキャッシング対象者になることから、収入の高さが問題ではないです。それよりも毎月一定の収入があることの方が、.審査では大切な事項です。

 

転職し立てはばれる?

消費者金融系での申込でも銀行カードローンでも、必ず審査では個人信用情報の内容を照会します。少し前にキャッシング申込をして、多重債務なり、再び申込をしたときに、極端に年収が上がっていたとします。

 

それは、転職をしたからですが、その時に虚偽申請として勤続年数をごまかしたとしたら、個人信用情報内容でおかしい?と言うことになります。過去の申込がわかるので、極端な年収の高さはおかしい?と言うことに。1年程度のタイムラグがあれば良いのですが。

 

しかし、実際には信用情報的に特別問題がないと、借りれることもありますが、決してごまかさないことが必要です。大手消費者金融では50万円以下のキャッシングでし収入証明書も出さないので、ばれないだろうと思って申込みをしていると、審査落ちになることもあります。

関連ページ

キャッシングの審査落ちの原因 虚偽申込
収入の他にも勤務年数、年齢などもバレる可能性は大きいです。金融側もある程度のデータを持っています。虚偽申込みは犯罪です。虚偽がバレた場合は、審査落ちだけではなく、その金融業者からの借り入れは一切できないです。自分の信用情報、申込情報で真っ向勝負です。
どうしてキャッシングの審査落ちになの?考えられる3つの理由
キャッシング審査に落ちる場合の考えられる3つの理由があります。一つは返済負担が大きい場合です。クレジットカードを頻繁に利用したりなど信用情報で審査落ちです。またはクレジットカードの利用経験がない、そして在籍確認が取れない場合には、これもまた審査おちです。
キャッシング審査落ちの原因 在籍確認
キャッシング審査では、必ず在籍確認がありますが、これが出来ないと審査完了となりません。本当に働いているのかどうかの確認を取るわけです。最近では社会保険証や社員証で代用できることもあります。
審査基準は分からない どうしてキャッシングの審査落ちになる?
銀行系、信販系、消費者金融系でも違いがありますが、20歳以上で収入が安定している方で、金融事故の有無、延滞と遅延があるかないか。加えて、多重債務、債務整理の記録など、これらが審査基準によって確認されて、審査通過かどうかとなります。必ず審査があり、それが無い所は闇金となります。