キャッシング 審査落ち 原因 虚偽申込

キャッシングの審査落ちの原因 虚偽申込

本当は審査に通らないかもしれない。
総量規制は知っているから、100万円借りたいけれど、収入は300万円ない。

 

だけど、適当に書いておいたら、なんとかごまかせるのでは?
収入証明書は必要ないので、適当に書いておこう。

 

消費者金融系の審査はごまかせる?

収入証明書の提出が必要ないので、収入をごまかすことも考える方もいます。
しかし、これがバレないと思っている方、バレます。確かに収入証明書は必要ない程度のキャッシングではないのですが、消費者金融では、収入が高すぎとか、怪しいので収入証明書を提出してくださいという対応があります。

 

その時、収入証明書と申込みの収入の数が違えば審査落ちになります。
絶対に、こうなるということはないのですが、もしかして疑われることがあれば、バレる可能性がとても高いです。

 

 

調子良く借りれた

もし追加融資をしたいというときには、収入証明書が必要になります。
ごまかしの金額が年収で10万円程度だとしても、ごまかしはごまかしです。

 

消費者金融としては、年齢、勤務先、収入のある程度のデータを持っています。
過去に収入ごまかしで、審査落ちしている方もいることから、正直の申請をすることです。

 

収入の他にも

勤務年数、年齢などもバレる可能性は大きいです。
身分証明書の提出があるので、年齢は絶対に正直申請が必要ですし、勤務年数は多重債務では整合性の問題から、わかってしまうことが多いです。他社借り入れは、個人信用情報機関の照会ですぐにごまかしはバレます。

 

勘違いでしたでは通用しないので、多重債務の方は、借入件数、借入金はきちんと確認してからの申込みが必要になります。もし、正直に申込みして審査落ちするのなら、それは仕方ないことですが、ごまかして審査に通ったとしても、いつバレる?とドキドキしながらのキャッシングはどうでしょう?

 

虚偽申込みは犯罪

虚偽がバレた場合は、審査落ちだけではなく、その金融業者からの借り入れは一切できないです。また、偽造した収入証明書などを使用したときには、犯罪行為になります。
どうしてもお金を借りたい、審査落ちになりたくないから、このときだけいい加減な申込みはしないことです。今の自分の信用情報、申込情報で真っ向勝負です。

 

審査落ちはいろいろありますが、ごまかして審査通るのでは虚しいことです。
キャッシングの審査落ちは、永遠のものではなく、債務整理者でも時間経過で再び借り入れができます。最初は低収入で審査通過したとしても、収入証明書できちんと増加していき、その時に信用情報で問題がなければ、限度額が上ります。正直に申込をしていればこその結果です。

関連ページ

キャッシングの審査落ちの原因 収入
キャッシングの審査落ちの原因は1つではありません。申込み時点で最初から借入できない場合があります。基本的には20歳以上の収入がある方で、勤続年数が1年以上、消費者金融では総量規制内となり、個人信用情報の内容に事故情報が含まれていなければ良いでしょう。
どうしてキャッシングの審査落ちになの?考えられる3つの理由
キャッシング審査に落ちる場合の考えられる3つの理由があります。一つは返済負担が大きい場合です。クレジットカードを頻繁に利用したりなど信用情報で審査落ちです。またはクレジットカードの利用経験がない、そして在籍確認が取れない場合には、これもまた審査おちです。
キャッシング審査落ちの原因 在籍確認
キャッシング審査では、必ず在籍確認がありますが、これが出来ないと審査完了となりません。本当に働いているのかどうかの確認を取るわけです。最近では社会保険証や社員証で代用できることもあります。
審査基準は分からない どうしてキャッシングの審査落ちになる?
銀行系、信販系、消費者金融系でも違いがありますが、20歳以上で収入が安定している方で、金融事故の有無、延滞と遅延があるかないか。加えて、多重債務、債務整理の記録など、これらが審査基準によって確認されて、審査通過かどうかとなります。必ず審査があり、それが無い所は闇金となります。