ゆるい審査 言っても 総量規制 厳しい

ゆるい審査と言っても総量規制は厳しい

総量規制とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の利用限度額です。年収3分の一が規定です。大手消費者金融、ゆるい審査の消費者金融会社などで適用されています。

 

低い収入には低い限度額

大手消費者金融などでは、ホームページです限度額300万円とある場合があります。
今200万円借りたいと申し込みをすると、200万通らないことがあります。
もし申込者が600万円以上の収入で、他に借入がないのなら借入ができるかもしれません。

 

では、大手消費者金融ではゆるい審査の消費者金融に行ったとしても、結果は同じです。
これが、年収600万円以下の方、600万円あったとしても、他に借入がある方は、どうしても借りる事ができないです。審査が甘くなったとしても、200万円借りれるのは、600万円以上の年収の方です。

 

 

多重債務よりも債務整理

ゆるい審査の消費者金融では、大手消費者金融や銀行カードローンで借りれない人でも借入かできます。金融事故がある方で、多重債務より債務整理でブラックリストになっている方の方が審査に通りやすいです。それは返済ができる可能性が高いと見られるからです。

 

ゆるい審査の中小消費者金融でも、総量規制が審査基準が厳正な内容です。
現在借入があり、ギリギリ1万円借りたいというよりは、数年前に自己破産をして、現在は借入なし。それで2万円借りたい方が借りやすいということです。

 

中小消費者金融では、もともと初回は小口融資ですが、申込者の返済額が少なければ少ないほど、審査に通ると言います。業者としては、他の返済同様に自分の借金返済ができる方でなければ、審査は通らないとも言えるでしょう。金融事故をおこしていたとしても、返済能力があればという点でいけば、きっちり債務整理をして、返済をなくしてからの申込が良いわけです。

 

総量規制は1円もはみ出せない

ゆるい審査と言っても、この総量規制は絶対です。中小消費者金融の多くは、最大4件の借入OKになっています。そして、毎月の返済額は2,000円程度が対応していますが、件数よりも借入額が少なければ少ないほど借りやすいです。

 

金融会社としては、ゆるい審査では、返済能力がある方の申込がほしいわけで、いうなれば、3社多重債務でギリギリの総量規制でこられるよりも、借入なしの自己破産者の方が良いということです。

 

ただし、債務整理者については、それぞれの中小消費者金融で一定の期間が過ごしていること、収入が一定していることの条件があり、誰でも受け入れることはないです。
ゆるいですが、審査体制はきちんと確立されているので、ここは甘く見ないことです。

関連ページ

ゆるい審査の消費者金融会社でお金を借りる
お金を借りるとなると、プロミスなどの大手消費者金融に行くのが妥当ですが、審査に通らないようなブラックリストでは審査がゆるい中小消費者金融や街金での借入がおすすめです。金利は高いですが、金融事故を起こしても借りれるなど、安心安全に利用できる正規金融業者です。
借りやすいから?うっかりブラックに便利なゆるい審査の中小消費者金融
同じ月に続けてキャッシングをしてしまう、つい返済忘れの遅滞を続けてしまう、などです。一定期間ロックが発動して、キャッシング不能になってしまいます。こんな場合でも中小消費者金融に行けば借入の相談が出来るのです。すぐに返済出来ること前提の利用がおすすめです。
ゆるい審査の消費者金融といっても、大手と同じ申し込みを
ゆるい審査の消費者金融と言っても、申込自体は大体同じです。インターネット申込みが主流です。身分証明書や収入証明書が必要になり、在籍確認の電話があるのです。返済能力の有無を見ており、これらが主に審査の内容で大事となるでしょう。
中小消費者金融は闇金ではない ゆるい審査だけど審査はきちんと存在
中小消費者金融は言葉通り、経営を大きくしていない金融会社で、正規金融業者となります。多重債務者、債務整理者の利用もおおいですが、賃金法を守っており、総量規制内での借入出来るのです。審査では、返済能力があっても、延滞と遅延だけは容赦がありません。