大手消費者金融 審査 落ちたら 確認 してほしい こと

大手消費者金融の審査に落ちたら、確認してほしいこと

消費者金融カードローンの審査は、はっきりと公表されていないです。
キャッシングの申し込みのときには、あまり考えないことが多いですが、
信用情報でどこまで何がダメで、審査落ちになるかがわからない方も多いでしょう。

 

 

大手消費者金融の審査はだいたい同じ

公表されていない審査内容ですが、口コミ情報では、
利用者の経験等で、なんとなく全容が見えています。

 

債務整理をした後、多重債務も3社目、
申し込みブラックなどで、審査落ちしてしまうケースが多いようです。
これがあると借入ができない。
または、キャッシング審査に通らないとの情報を知ることができます。

 

申し込み情報では、年齢と収入があれば良い程度しか、ホームページではわからないのですが、口コミ情報を確認すると、審査基準がわかってきます。
それで、大手消費者金融はどこも似たような内容であるとされています。

 

甘い審査の中小消費者金融

銀行カードローンは、大手消費者金融で借りられない方は審査落ちは決定的です。
ですから、同じ消費者金融でも、中小消費者金融の存在があります。

 

大手消費者金融で借り入れられない方でも借りれた報告が多いです。
審査が甘いというだけで、審査基準はそれぞれです。
大手消費者金融の審査に落ちたら、中小消費者金融に行ってみるのは妥当な方法です。

 

 

もう借りない

20万円借りたいと、銀行系カードローンや大手消費者金融に申し込みした。
ところが、借りられなかった。
このときに10万円だったり、5万円では借り入れができる場合があります。

 

しかし、審査に落ちたらもう借りない。
その時の選択肢としては、すぐに債務整理もあります。
当然、借りないことで済むのなら、債務整理で良いのなら、自己破産でも任意整理しましょう。

 

どうして20万円借りられなかった?

収入の3分の一が消費金融とクレジットカードのキャッシング枠の限度額です。
20万円の枠がないことで審査落ち。それだけの理由です。

 

ですから、少ないキャッシング希望なら借りれたかもしれませんが、
それをしないで、債務整理をするのも悪いことではないでしょう。
ただ、多少損をしてしまうような感じです。

 

そこで、消費者金融に行く前に

総量規制のこと、カードローンのこと。
審査落ちの要件から、審査基準まで、全て確認されることをオススメします。
大手消費者金融の審査落ち後の中小消費者金融の選択でも、
高い金利が大変で、最終的に債務整理するしかない場合もあります。
反対に債務整理をしたけれど、それをするまでもなかった場合も。

 

必ず審査落ちになったときの選択は、自分で調べることです。
その時に借金無料相談をすると、方向性が見える場合があります。
契約なしで、何度でも相談ができますから、審査に落ちたらすぐに次の行動前に、
まだ借りたいか、債務整理しなければならないかを確認しましょう。

関連ページ

大手消費者金融と中小消費者金融の審査に違い
大手では、事故情報があると審査に通らないことがあります。20歳以上で収入があり、その上で審査をします。借入状況や延滞の有無、債務整理者か、多重債務者かどうかも審査されます。勿論ダメです。中小では、こういった金融事故者に対するキャッシングを行っています。独自審査で甘いのです。
消費者金融は借りやすいけれど、事故情報は審査落ちになる
返済をしていなくて延滞している、既に3社以上の多重債務、債務整理直後などは大手消費者金融ではNGの異動情報です。また、少ない収入の申告であちこち借りている、続けて申し込みをしている申し込みブラック等も審査に通らないです。金融事故での審査落ちになりますが、大手消費者金融では厳しいです。
金融事故では大金の借り入れは無理 消費者金融の審査基準
20万円のキャッシングは、並大抵の金額できないです。大手消費者金融では収入証明書の提出対象にもならない金額ですが、最低でも100万円程度の収入は必要です。債務整理者、または多重債務や延滞の可能性、もしくは返済能力が足りてないなど、自己の情報を確認してキャッシングをしましょう。
多重債務者キャッシングは審査落ちの要件が大きい
多重債務者は要注意です。今度のキャッシングでは審査落ちしてしまうかもしれません。はじめてのキャッシングではないか、総量規制範囲内か、延滞はしていないかなどを確認した上で、審査に臨みましょう。まとめローンなども出来ないなら、債務整理となります。