大手消費者金融 中小消費者金融 審査 違い

大手消費者金融と中小消費者金融の審査に違い

大手消費者金融でお金を借りたいけれど、
事故情報があると、審査に通らないことがあります。
申し込み情報の時点で審査に落ちることもあります。

 

大手消費者金融では、ホームページ上では申し込み対象、条件があります。
20歳以上で収入があり、その上で審査をします。

 

 

個人信用情報が肝心

収入があることは、返済ができることの証拠です。
まずはこれを押さえておくのです。
その上で、今申し込みをしている段階での、借り入れ状況を確認。
これが審査です。

 

例えば、多重債務をしている、延滞をしているなどの現在進行形の内容と、
少し前の債務整理者は、審査落ちの対象になります。
この内容をみて、債務整理をしてから2年程度しか経っていない、
多重債務であることを自覚している方は、どうしたって借り入れができない状態です。

 

個人信用情報は、今までの借り入れが全て記録されています。
年数が経つと更新される情報ですが、直近の金融事故や多重債務などでは、
確実に、審査落ちの対象になってしまうのです。

 

中小消費者金融の審査は流動的

大手消費者金融の審査では、
個人信用情報機関上の金融事故である、異動情報で審査落ちになります。
審査内容が変わる、甘い審査基準の中小消費者金融では、
大手消費者金融で借り入れができなかった方でも、キャッシングができることがあります。

 

こちらの審査では、ブラック対応とか、
金融事故があっても、借りれるとの口コミがあります。
事実、審査は事故情報があっても、本当に借りれるケースが多いです。
ホームページでも、ブラック対応の内容が明記しているところもあります。
多重債務でも4社まで、債務整理1年程度で対応してくれることになります。

 

要するに、大手消費者金融審査落ちでも借りれる可能性があります。
中小消費者金融の存在は、ブラック対応は本当です。

 

 

大手消費者金融の審査に落ちたら

どうしてもキャッシングの必要性がある場合は、中小消費者金融に行くことをオススメします。
利用限度額の総量規制範囲内であれば、借りれることがあります。
金利が多少高くなることはありますが、20%を超えることはなく、計画的に返済ができます。
延滞をしていないこと、収入があることが必要です。

 

申し込みはインターネットで簡単にできますが、審査には多少時間がかかります。
そして、中小消費者金融の審査に通らないのでしたら、債務整理をするしかないでしょう。
その先の、正規消費者金融はありません。

 

また、大手消費者金融の審査落ちのときに、これ以上の返済が無理な場合は、
中小消費者金融にも行かないことです。そのまま債務整理した方が良い方もいます。

関連ページ

大手消費者金融の審査に落ちたら、確認してほしいこと
大手消費者金融の審査はだいたい同じで、債務整理をした後、多重債務も3社目、申し込みブラックなどで審査落ちしてしまうケースが多いようです。クチコミ情報を確認して、審査基準を調べましょう。中小のほうが基準は甘いです。年収の3分の1までの総量規制に引っかかる事にも気をつけましょう。
消費者金融は借りやすいけれど、事故情報は審査落ちになる
返済をしていなくて延滞している、既に3社以上の多重債務、債務整理直後などは大手消費者金融ではNGの異動情報です。また、少ない収入の申告であちこち借りている、続けて申し込みをしている申し込みブラック等も審査に通らないです。金融事故での審査落ちになりますが、大手消費者金融では厳しいです。
金融事故では大金の借り入れは無理 消費者金融の審査基準
20万円のキャッシングは、並大抵の金額できないです。大手消費者金融では収入証明書の提出対象にもならない金額ですが、最低でも100万円程度の収入は必要です。債務整理者、または多重債務や延滞の可能性、もしくは返済能力が足りてないなど、自己の情報を確認してキャッシングをしましょう。
多重債務者キャッシングは審査落ちの要件が大きい
多重債務者は要注意です。今度のキャッシングでは審査落ちしてしまうかもしれません。はじめてのキャッシングではないか、総量規制範囲内か、延滞はしていないかなどを確認した上で、審査に臨みましょう。まとめローンなども出来ないなら、債務整理となります。