こんな人 審査通過 落ちる

こんな人は審査通過、こんな人は落ちる

キャッシングの審査では、公表こそはないですが、
口コミ情報などで、だいたいの内容が分かります。

 

ですから、もしキャッシングをしたいと申し込む前に、
審査落ちをしないために、是非チェックしてみてください。

 

大手消費者金融の場合と、
中小消費者金融の場合でも、違います。

 

 

大手消費者金融の場合

勤続年数1年以上で、一定収入の最低ラインは100万円程度。

 

カードローン利用はパートやアルバイト、派遣社員でもOKですが、
専業主婦は、借りれません。(銀行系カードローンはOK)

 

勤務先への在籍確認はありますが、一部の大手消費者金融では、
写真付きの社員証などの対応にも、相談に乗ってくれます。

 

50万円以上の希望額の場合は、
本人確認書類以外に、収入証明書が必要です。

 

それがないと、キャッシングができないです。

 

信用情報では、個人信用情報機関に、異動情報があれば審査落ちです。
多重債務者、延滞者、債務整理者などですが、
多重債務者は他社借入2件の記録があれば、審査落ちでしょう。

 

限度額である、総量規制も厳守です。

 

年収3分の一以上の、
借入は受け付けていません。

 

中小消費者金融の場合

収入などは大手消費者金融と同じですが、
安定した配偶者がいる、専業主婦は、
配偶者貸付が、できる場合があります。

 

このときに、配偶者の審査状況も関係します。

 

収入がないとNGは同じですが、
数万円のキャッシングでも、収入証明書が必要な場合があります。
突然の在籍確認もあり、こちらは代用はできません。

 

個人信用情報機関のブラックも、基本的にはOKです。
多重債務者も4社程度、債務整理後も収入があり、
返済能力がある方の場合、総量規制範囲内でのキャッシングができます。

 

延滞者は借入不可能です。

 

 

総合してみると

収入証明書ができること、延滞はしていないことが基本です。

 

ブラックについては、中小消費者金融の対応がさまざまであり、
返済能力があれば対応できますが、総量規制範囲内です。

 

収入証明書の提出がありますから、
ごまかしことができない範囲内であり、
たいていは中小消費者金融の借入は、数万円が多いです。

 

このように、もし自分の借金の内容が、
審査に通るようであれば、申し込むことを考えてみてください。

 

この中で、1つでもNGがあれば、
申し込みは、しないほうが良いでしょう。

 

時間が必要なのは、勤続年数(転職者は気をつけて)、
債務整理(大手消費者金融なら最低でも5年)です。

 

大手消費者金融審査落ち後に、
中小消費者金融でも借入はできますが、債務整理の選択もあります。

 

中小消費者金融でのまとめローンもできますが、
それぞれに、メリットとデメリットがあります。

 

審査落ちはしたくないですから、
多重債務者や、債務整理などの方は、
最初にチェックをしてから、借りるかどうかを決めてください。

関連ページ

気をつけよう、申し込みブラック 審査落ち後の行動
消費者金融の審査に落ちるのには原因があります。 ちなみに、この後銀行カードローンに申し込みをしたとしても、審査に通らないことがあります。また、ここでやってはならないのが、他の大手消費者金融に申し込みをたくさんしてしまうことです。信用情報での事故情報はすべて共有しています。1社の審査に通らない、2社も、他社も通らないでしょう。
延滞と無収入は審査落ち決定 中小消費者金融でもNG
どんなに審査の甘いところでも借りられないのが、延滞者です。無収入は消費者金融の審査対象にならないです。審査落ちになります。中小消費者金融でも、審査落ち後は債務整理をしましょう。返済内容を確認して、それに対しての対応が必要となります。
債務整理後のキャッシングについて
債務整理後のキャッシングについて。個人信用情報機関に残る記録は5年以上はあります。その間の審査では、大手消費者金融や銀行系カードローンでは絶対にキャッシングができないです。中小消費者金融については、審査対象になります。収入がある、総量規制範囲内であることで、中小の審査対象となります。
総量規制が原因で審査に落ちた
事故情報は審査落ちの原因です。消費者金融によってハードルが違い、中小消費者金融ではハードルが低いです。総量規制以上の申し込みはできません。もちろん延滞や、無収入の場合も同様です。自身の状況を確認してキャッシングに臨みましょう。
簡易審査、やり過ぎ注意!
良く消費者金融のホームページに、数秒で借りられるかわかりますという簡易審査があります。年収と職業、借入件数を入れることが多いですが、ここでダメですと、その後の審査対象にもなりません。一日に何回もあちこちの簡易審査をしていると申し込みブラックとなるので注意です。
銀行での審査落ち 消費者金融なら大丈夫?
一般的に銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査は通りやすいと言われています。審査の違いは明確なデータはありませんが、考えられるのは個人信用情報です。パートやアルバイトなど収入がある方については審査対象になります。属性、金融事故の有無などが関係しているようです。
多重債務が原因で審査落ち
どんなシーンにおいてもローンを組むときには、信用情報の照会が必要です。審査落ちには必ず理由があり、それは多重債務や総量規制という借入限度額を超えていたりする場合です。返済が出来ないと判断され融資に結びつかなくなりますので、気をつけましょう。
こんなことでも審査落ち!絶対に注意して!
消費者金融での審査落ちの理由については、1つではないようです。虚偽申告や、申し込みブラック、現在の収益や借入件数、過去の金融事故居などによっては、審査に通らないのです。審査が甘いとされる中小消費者金融の利用も一つの手段です。
大手消費者金融がダメなら中小消費者金融
あなたが審査落ちした消費者金融が大手消費者金融なら、まだ落ち込むことはありません。すぐに審査が甘い中小消費者金融の申し込みをしてみましょう。今度は審査に通ることが考えられます。即日融資は期待できませんが、審査が甘いのです。必ず収入があり仕事をしていることが条件です。
初めてのキャッシングなのに大手消費者金融で落ちるってあり?
消費者金融の中でも大手消費者金融の審査落ちは、原因がいろいろとあります。クレジットカードや各種ローンを組んだ際に記録される信用情報に問題があったり、債務整理をしていた場合や、または信用情報が真っ白な場合など、様々な要因でキャッシングの審査に落ちる場合があるのです。
収入が少なすぎて大手消費者金融の審査落ちた
大手消費者金融で借りられない理由は信用情報だけではなく、条件が20歳以上、60代前半未満収入が無い方や少ない方なども対象になります。年金受給者は審査に通る方通らない方、年収が最低70万程度が必要、多重債務ではせいぜい2社など、様々なハードルがあるのです。
入力ミスで審査落ち?そんな簡単に借りれないもの?
わざとではなくても、間違った情報での申込みは虚偽申請と取られてしまいます。ですので、正確な情報な必要です。電話番号を間違うのも厳禁です。限度額は年収の3分の1ですが、危険な借り方はしないようにしましょう。小さなミスや誤解があるだけでも借りられない結果になるのです。
大手消費者金融審査落ちでもまだ諦めるな
大手消費者金融の審査落ちになっても、まだ諦める必要はありません。そこより甘い審査のところは中小消費者金融や街金とされる金融業者です。ネームバリューがなく、あまり知られていませんが、信用情報でブラックリストの人でも返済能力があれば借り入れ出来る甘い審査なのです。
申し込みブラックには気をつけて
審査落ちの原因では、収入が低い、多重債務で借入が多い、自己破産から5年経っていないなど様々な理由が考えられますが、短期間に申込みし続けているいわゆる申込みブラックにも気をつけましょう。中でも延滞や遅延は、どこの金融からも借入できなくなりますので、気をつけましょう。