こんなこと 審査落ち 絶対 注意して

こんなことでも審査落ち!絶対に注意して!

消費者金融での審査落ちの理由については、1つではないようです。現在の収入と借入件数、過去の事故情報が大きな原因であることが多いです。それと、本当は審査が通るかもしれないのに、という申込時に注意したいことがあります。

 

虚偽申告

最初の簡易審査は通ったあとに、詳しい情報を入力したり、申告します。その時に間違った情報を伝えると、故意ではなくとも虚偽申告とみなされます。住所の打ち間違え、年収詐称、借入件数の数え間違いなどです。

 

いずれも、慌てて間違ったからでは済まされないのです。本当は審査が通る内容だったのに、ということであれば、本当に損なことです。入力は慎重に行うようにしてください。

 

申込ブラック

これは、1日何回も消費者金融などの申込をすることを言います。1回でダメ、2回3回と行ったり、他の消費者金融などでも立て続けに簡易審査を行う場合です。実は、簡易審査、申し込みをした時の情報は、全て個人信用情報機関に報告されることになります。ということで、この方はこんなに申し込みをしているから、怪しいと思われてしまうのです。これも損な話です。

 

申し込みの際には慎重に行うだけではなく、一回審査に通らなかったのなら、何度も行うのはやめましょう。そして、冷静に考えて、今の自分は大手消費者金融や銀行カードローンの申し込みはやばいと思った方は、審査が甘いとされる中小消費者金融に申し込みをしてみましょう。こちらなら、2回めの申し込みと報告はされますが、申込ブラック扱いにならず、審査も通りやすいでしょう。

関連ページ

気をつけよう、申し込みブラック 審査落ち後の行動
消費者金融の審査に落ちるのには原因があります。 ちなみに、この後銀行カードローンに申し込みをしたとしても、審査に通らないことがあります。また、ここでやってはならないのが、他の大手消費者金融に申し込みをたくさんしてしまうことです。信用情報での事故情報はすべて共有しています。1社の審査に通らない、2社も、他社も通らないでしょう。
延滞と無収入は審査落ち決定 中小消費者金融でもNG
どんなに審査の甘いところでも借りられないのが、延滞者です。無収入は消費者金融の審査対象にならないです。審査落ちになります。中小消費者金融でも、審査落ち後は債務整理をしましょう。返済内容を確認して、それに対しての対応が必要となります。
債務整理後のキャッシングについて
債務整理後のキャッシングについて。個人信用情報機関に残る記録は5年以上はあります。その間の審査では、大手消費者金融や銀行系カードローンでは絶対にキャッシングができないです。中小消費者金融については、審査対象になります。収入がある、総量規制範囲内であることで、中小の審査対象となります。
こんな人は審査通過、こんな人は落ちる
収入証明書ができること、延滞はしていないことが基本です。ブラックについては中小での対応が様々。返済能力があれば対応できる。ごまかしができない範囲内であり、借入は数万円が多い。勤続年数や債務整理は時間が必要になるので、要注意。最初にチェックしてから借りましょう。
総量規制が原因で審査に落ちた
事故情報は審査落ちの原因です。消費者金融によってハードルが違い、中小消費者金融ではハードルが低いです。総量規制以上の申し込みはできません。もちろん延滞や、無収入の場合も同様です。自身の状況を確認してキャッシングに臨みましょう。
簡易審査、やり過ぎ注意!
良く消費者金融のホームページに、数秒で借りられるかわかりますという簡易審査があります。年収と職業、借入件数を入れることが多いですが、ここでダメですと、その後の審査対象にもなりません。一日に何回もあちこちの簡易審査をしていると申し込みブラックとなるので注意です。
銀行での審査落ち 消費者金融なら大丈夫?
一般的に銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査は通りやすいと言われています。審査の違いは明確なデータはありませんが、考えられるのは個人信用情報です。パートやアルバイトなど収入がある方については審査対象になります。属性、金融事故の有無などが関係しているようです。
多重債務が原因で審査落ち
どんなシーンにおいてもローンを組むときには、信用情報の照会が必要です。審査落ちには必ず理由があり、それは多重債務や総量規制という借入限度額を超えていたりする場合です。返済が出来ないと判断され融資に結びつかなくなりますので、気をつけましょう。
大手消費者金融がダメなら中小消費者金融
あなたが審査落ちした消費者金融が大手消費者金融なら、まだ落ち込むことはありません。すぐに審査が甘い中小消費者金融の申し込みをしてみましょう。今度は審査に通ることが考えられます。即日融資は期待できませんが、審査が甘いのです。必ず収入があり仕事をしていることが条件です。