借入が出来ない時 どこも駄目

借入が出来ない時、どこも駄目?

  1. ローンの借入ができないときの行動
  2. 大手消費者金融カードローンで借入できない主な理由
  3. 中小消費者金融も消費者金融の1つ
  4. 債務者が審査落ち、もう借りれないかも?
  5. ローンの借入ができないときの行動

 

 

ローンの借入ができないときの行動

どのようなローンにしても審査があります。車購入時のディーラーローン、銀行の住宅ローンや教育ローン。ポイントが貯まるdカードなどでは、審査次第では借入ができないことがあります。そして、消費者金融カードローンも然りです。

 

審査落ちしたときには

とりあえず、もう一度審査して下さいということは言わないで下さい。たいてい1度審査落ちしたときには、その審査基準に合っていないからです。

 

車に関しては、他のローンがあります。金融機関の各種ローンでは、他の銀行に行くか、一度持ち帰ることで、他のローンを検索してみましょう。家電量販店のローン審査では、高額な製品購入のとき、審査をいくつかの信販会社で行ってくれます。

 

○○はダメでしたが、○○で契約ができますと言われることがあります。または全て審査落ちです。

 

 

自分では行わないこと

この家電量販店の方法では、自身が借りれるローンを検索することができます。ところが、この方法は家電量販店だから許されることで、自身で一括でのローン申込みは絶対にしないようにして下さい。一括申込みしたときには、個人信用情報機関に照会をしています。

 

家電量販店が行うのは営業上のことですが、個人ではどこか借りれるところをマッチングをすることになります。そのとき、他の申込みをしていることが判明してしまうと、それだけで審査落ちの原因になります。要するに、家電量販店やいくつか信販会社と契約をしている場合の審査では、一括が有効です。

 

個人では1つ1つの審査を受けることが必要になります。一度に借入ができないというときには、必ず持ち帰ってというのは、そうした個人の行動だからです。

 

審査基準が低いところを探す

とは言っても、ホームページで審査基準が低いと紹介はされていません。

 

借入情報サイトでは、各種ローン、消費者金融に関しての審査基準の違いが口コミとして掲載しています。それを頼りに、自分で借入ができそうなところを検索して申込みをする作業が必要になります。

 

このときに気をつければならないのは、すぐに次の申込みはしないことです。どうしてもすぐに借入が必要な場合は多いですが、それでも時間経過してからの申込みが必要です。慌てて申込みしてしまうと、過去の審査落ちが原因で借入ができないことがあります。

 

各種ローンでも同様です。審査基準が低いところに行くときには、自身の借金が多すぎることが審査落ちになっている場合は、債務が少なくならなければ、借入ができないことが多いでしょう。

 

 

 

大手消費者金融カードローンで借入できない主な理由

大手消費者金融カードローンの借入ができないときはどうしたら良いのでしょう?審査に通らないときには、必ず原因があります。

 

年齢と収入

基本的なことですが、20歳以上で収入がありますか?相談者の支払い能力としての最低限の条件ですが、収入も安定していることが必要になります。

 

この安定とは1年以上の勤続年数、毎月給与としてもらっているなどの細かな審査内容があります。正確には個人事業主なども審査を受けることができますが、20歳、収入があることが大前提です。パート主婦、アルバイト学生も対象になります。

 

 

他にキャッシングは多くないですか?

多重債務しようと言うときには、債務の件数と額が問題になります。

 

このときdカードなどのクレジットカード、ディーラーローン、教育ローンなどは別計算です。キャッシングの債務でも消費者金融系の内容が問題になります。

 

収入に対して借入が既に多いときには、大手消費者金融カードローンでは借入が出来ないことがあります。各種ローンにしても、返済能力が乏しいとの審査では、今回は落ちてします。

 

返済の実態

キャッシングはもとより、各種ローンの返済が正常であることが必要です。上記で各種ローンの存在は、大手消費者金融カードローンの審査では問題にならないことが多いです。しかし、返済をしていないことはNGです。

 

最近では、スマートフォン代金が遅滞して支払いをしている場合、借りれない事態に陥ることが多いと言います。ローン審査では、支払いが出来ない実態があると、契約が出来ないでしょう。

 

これらのことは、信用情報の審査のとき大手消費者金融側で厳しくチェックをします。嘘は通じないので、速やかに返済していない部分を解消してから、申込みをして下さい。

 

 

債務整理しましたか?

こちらも個人信用情報機関の内容ですが、過去5年間に債務整理をしたり、他の返済で契約変更などがあると、大手消費者金融カードローンの借入ができません。

 

今は、債務整理のおかげで債務が少なくなっているとしても、最低5年程度は大手消費者金融も銀行カードローンも審査は通らないとされています。上記のことがらで心当たりがあると、今回の大手消費者金融カードローン申込みは諦めて下さい。

 

もう借入は諦める?

大手消費者金融は全て諦めることになりますが、大手消費者金融より審査基準が甘い中小消費者金融なら借りれる場合があります。

 

このとき、絶対的なことは、収入があることと返済していない事実がないことです。確かに甘い審査ですが、やはり各種ローンなどの支払いができていない、キャッシングの返済ができないことがあると、中小消費者金融も借入ができないことがあります。

 

 

 

中小消費者金融も消費者金融の1つ

国内の消費者金融業者では、大手消費者金融ばかりではありません。いわゆる中小消費者金融、街金などと称する金融業者が存在しています。インターネットでホームページ開設していることから、口コミがとても多いです。

 

中小消費者金融の特徴

大手消費者金融カードローンで借入ができない方に最適です。どうしても貸金業法の大手消費者金融では、厳しい判定です。多くの方が借入しているようですが、審査通過率が50%満たない点では、実は厳しい審査です。

 

そこで、中小消費者金融ホームページなどを確認すると、他社で断られた方も相談してくださいとの文言があります。中小消費者金融の多くは、このスタンスで審査をしています。同時に多くの口コミサイトも開設しています。

 

 

キャッシングがどうしてもしたい

大手消費者金融カードローンで借入ができないときには、何かしらの原因があります。

 

そこで、中小消費者金融の借入ができる場合も条件が存在しています。口コミサイトなどではブラックリストでも借りれるとありますが、これは事実です。ただし、審査次第というのが条件です。

 

中小消費者金融の審査

ブラックリストでも申込みができます。重視する点は、返済能力です。債務がある場合は、これ以上の借金が返せるかどうかです。

 

消費者金融を管轄する貸金業法では、限度額の設定があります。申告する年収3分の一です。大手消費者金融も中小消費者金融も同じですが、大手消費者金融では50万円以下の借入では収入証明書は不必要です。

 

ところが、中小消費者金融では1万円の借入でも収入証明書を要して細かく審査をします。1万だとしても返済の可能性がない場合は借入ができません。口で言うよりも、中小消費者金融では審査が甘い分細かいというのが口コミ報告があります。

 

ブラックリストでも借りれるとの触れ込みですが、実際にはいろいろと担当者から聞かれた。ホームページに即日融資とあったけれど、1週間以上もかかったなどの話しもあります。ただし、ブラックリストも借りれている現状を見ると、そうした範囲内で収入があるのなら、大手消費者金融カードローン審査落ち後の申込みは妥当です。

 

全国に点在していてインターネット申込もできます。融資は振込だったり、会社で現金借入などがあります。全国で利用ができるローンカードを持つ中小消費者金融もあります。

 

口コミサイトでは、共通した会社紹介があります。口コミも含め、多くのサイトで推薦している中小消費者金融に行くことが必要です。中小消費者金融といいながら、実は闇金の場合もありますので、注意して下さい。

 

 

 

債務者が審査落ち、もう借りれないかも?

大手消費者金融、銀行カードローンのキャッシングというのは誰でも申込みが簡単にできるものです。インターネット完結という時代ですが、審査があります。この審査が案外と厳しいことで、借入が出来ない人も多いです。

 

何が原因ですか?

審査に通らないのは、収入が少ないとか、無職の場合も少なくないです。誰でもというのは、収入がなくてはならないものです。

 

貸金業法の消費者金融、銀行法の銀行カードローンもまずは年間100万程度の年収が必要です。パートアルバイトでも対応していますが、ここで1つポイントになることでしょう。

 

ローン会社の審査で年収では約100万円がボーダーラインです。個人信用情報云々の前に、返せるだけの収入があるかを重視します。

 

 

個人信用情報で金融事故がある

これはあまり意識しない人がいますが、その多くが借りすぎです。大手消費者金融では限度額は自由に借入が出来ます。同時に多重債務も対応している部分で、つい借りすぎで限度額である総量規制以上の申込みをしてしまう方が案外といます。

 

銀行カードローンではもともと多重債務は困難ですが、消費者金融の借入と別枠になっている点では、やはり返済が出来ないと判断されることになります。そこで、情報サイトでもブラックリストでも借りれる中小消費者金融や街金の選択です。

 

借りすぎは無理

中小消費者金融は、たしかにブラックリストでも借りれる審査があります。しかし、限度額の総量規制は大手消費者金融カードローンと同じです。

 

返済能力の上で借りすぎている方は、中小消費者金融でもキャッシングが出来ないことが多いです。せめて、数ヶ月返済してからの申込みが妥当であり、返済が困難なら思い切って債務整理してしまうことです。借りれないのなら、審査基準を下げて挑戦ですが、それでも駄目なら、債務整理です。

 

借金と相反する行動ですが、身の丈にあう限度額は年収3分の一と決まっています。それ以上の借入では、どんな場合でも貸金業法範囲内ではキャッシング不能です。金融業者は法律違反の貸付はしていないため、債務が多い方のキャッシングは何かとうるさいでしょう。

 

中小消費者金融の口コミでも、理由なく審査落ちの多くは、返済出来ないほどの債務者が多いです。中小消費者金融担当者から、債務整理した方が良いとアドバイスされている方も多いです。

 

ちなみに、債務整理後は1年程度で中小消費者金融なら返済能力があればキャッシングが出来ます。これは債務整理で減額されたことで、債務整理であることよりも返済能力が安定していることを評価されるものです。

 

 

 

ブラックリストキャッシングのメリットとデメリット

銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも審査があります。

 

ここで借入が出来ない場合は、中小消費者金融や街金で借りれるという口コミはとても多いです。初めてこのことを知ったときには、ブラックリストでも借りれる金融業者があることが驚きです。

 

ブラックリストでもどうして借りれる?

ブラックリストというのは、個人信用情報で金融事故がある方全般を指します。ただし、中小消費者金融では審査基準を甘くしていることで、数万円程度なら貸付しても返済ができるのなら貸すという内容です。

 

そこで、多重債務も借入件数を4件までと設定していることが多く、大手消費者金融よりも幅が大きいです。信用情報できちんと返済を続けていることがわかり、今後の収入が安定している審査で、ブラックリストとは言えど貸すことになります。

 

もうすぐ大手消費者金融が完済などでは、簡単に借りれるブラックリストも少なくないです。

 

 

債務整理者の評価

債務の返済が出来ないと、大手消費者金融でも債務整理してしまうことで借金減額が出来ます。その途中でも中小消費者金融では、少ない債務だからと貸付する場合が多いです。

 

本当は、任意整理完済後1年程度、自己破産では2年程度という時間経過がほしいのですが、こうしたブラックリストでも借入が出来ます。任意整理、個人再生では返済中でも借りれる中小消費者金融があるなど、柔軟です。

 

こうした中小消費者金融の審査に通過できるのは、安定収入の正社員などです。退職しない限り、安定して返済をすることを約束できるのなら、過去のブラックリストは目をつぶりましょうという審査です。口コミ投稿者では、自己破産後にまとまった借金ができる方もいました。

 

絶対完済

中小消費者金融や街金を甘く見てはならないのが、必ず完済することです。債務整理も出来ますが、基本的には完済しなければならないと思ってください。

 

取り立て口コミなどが依然多く、闇金まがいのところも少なくないです。違反ではありませんが、口調が厳しい取り立ては、精神的に参ってしまうことでしょう。

 

大手消費者金融も銀行カードローンも審査落ちでは、中小消費者金融や街金審査で借りれるブラックリストはいます。ただし、そのキャッシングは完済ができなければ、多少大変になってしまう。

 

反対に、ブラックリストなのに貸したのだから、わかっているよね?という暗黙の了解が甘い審査にはあります。闇金ではありませんが、取り立てになると闇金化する中小消費者金融の姿は全国に存在しています。

 

本物の闇金

そして、審査がない金融業者もあります。正式には業者ではない闇金、ソフトヤミ金になりますが、ここは最初から話しにならないです。

 

ブラックリストでも借りれるけれど、審査もないから安心というのは絶対に危険です。中小消費者金融のことを良く知らない方は、必ず情報サイトなどで下調べしてから申込みをしてください。間違っても本物の闇金には行かないことです。