審査が落ちない 消費者金融

審査が落ちない 消費者金融

  1. 代表的カードローンの審査には通りたい
  2. 収入がなくては絶対に借りれない?
  3. キャッシング審査と年齢
  4. 個人信用情報機関と金融事故について
  5. そこはヤミ金のようです

 

 

代表的カードローンの審査には通りたい

消費者金融では審査があります。当たり前のことですが、誰でも審査通過したいと申込みをします。

 

審査基準の違いを確認

キャッシングと言えば、大手消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングが代表的でしょう。それぞれカードローンだったり、振込、大手消費者金融ではスマートフォンのアプリでのキャッシングができます。その方法も申込みも今では、インターネット上が無難ですが、電話や店舗などの申込み方法も健在です。

 

それぞれのサービスがありますが、審査基準は違います。それは、消費者金融と言っても、大手消費者金融と中小消費者金融の違い。銀行カードローンでは、大手銀行、ネット銀行、地銀や信用金庫などでも審査が違います。クレジットカードもたくさんの種類があります。

 

ここに挙げる大手消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングでは共通している審査基準が存在しています。

 

絶対に金融事故者が借りれない

20歳以上で収入がある方。しかも、勤続年数1年以上というのが基本です。この時点で借りれない方は、金融事故も無関係です。

 

ローンカードがある一般的キャッシングでは、個人信用情報機関に異動情報である金融事故があるだけで審査に通らないです。金融事故がある時点でこれらのカードローンは持てないでしょう。

 

審査に落ちたくないのはよく分かることです。そこで、ローン会社、クレジット会社、銀行での審査に落ちたくない方は、金融事故がない時に申込みをするしかないでしょう。

 

もし、金融事故の内容を知りたい時には、借入情報サイトを確認してみて下さい。少なくとも、多重債務である状態。延滞遅滞をしているようでは絶対に審査落ちです。個人信用情報機関では、借金と返済でトラブルがある時には、金融事故として認識します。

 

多重債務は一応大手消費者金融カードローンだけがなんとか借入ができそうです。しかし、銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングでは、初キャッシングが妥当でしょう。借入したいのが債務のない状態であり、20歳以上で安定収入であれば審査に落ちない確率が高いということです。

 

ただし、絶対に大丈夫と言えないのがキャッシングの審査です。何が引っかかるか?それが審査の謎であり、各金融業者では絶対に明かすことがありません。多分大丈夫でしょうということも情報サイトでは言えないので、審査に通るかもしれません程度の情報です。とにかく、金融事故の内容を理解することが必要です。

 

 

 

収入がなくては絶対に借りれない?

キャッシングやカードローンの審査で最大のポイントとは?それは収入です。とにかく無職では借入ができないのがキャッシングです。

 

収入があれば良いというものではない

一般的なカードローンでは、20歳以上で安定収入があることが要求されます。この安定収入ですが、理想としては毎月一定の給与がある方です。ですから、正社員限定ではなく、パートやアルバイト、派遣社員でも審査対象になります。半年に一回、1年一回、日払いなどでは、なかなか安定収入とは言えません。

 

しかし、職種とその収入額によっては、審査内容が変わります。風俗嬢では、日払いの給与の方もいます。実は、風俗嬢は各種カードローンの審査通過の人もいます。それは、勤務内容などで安定収入とされることで、借りれます。これが審査です。

 

とにかく安定がなくてはならない。年収で言うと、平均100万円程度です。ですから、パート主婦で月に3万円程度の収入では審査に通らないことになります。この金額も口コミでは、70万円、80万円でも借りれたとの報告がありますが、100万円の年収であれば、審査に落ちない程度ではないかと推測されます。

 

 

勤続年数

また、勤務先の入力が必ず存在しています。ここに、入社数ヶ月では借入ができないと言います。月収30万円の正社員で勤続年数10ヶ月では審査落ちになることがあります。年収では360万円ですが、1年未満の勤続年数がネックです。

 

ところが、パート歴15年主婦で年収80万円程度の方の審査通過の報告があります。正社員との年収の差が大きいものの勤続年数が長い方が信用が高いです。勤務先がはっきりとあり、1年以上の勤続年数も審査では焦点になります。

 

ちなみに、大手消費者金融では個人事業主も審査対象です。銀行カードローンでも同様の審査になりますが、銀行では口座があり長期間の取引がある場合は、審査内容は多少変わります。

 

キャッシングの審査では、銀行カードローンでは銀行だけではなく保証会社が関係します。ただし、お得意さんとして付き合いがあることでは、専業主婦の収入ゼロでも借りれることがあります。

 

消費者金融と銀行の大きな違い

実は、銀行カードローンでは無職は借入ができませんが、専業主婦だけは審査対象です。配偶者の収入があることで、限度額が少ない専業主婦枠があります。この場合、勤続年数である主婦歴を問われることなく、個人信用情報だけの審査になります。

 

銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングの一部では、こうした特例がありますが、基本的には1年以上の安定収入があることが、審査に落ちないポイントになります。キャッシングの審査の根幹になります。ここのチェック後に個人信用情報の内容審査になります。

 

 

 

キャッシング審査と年齢

20歳以上で安定収入。例外として18歳で収入がある方が借りれるとか、収入も担当者の納得の形で借りれる場合があります。これは、中小消費者金融、街金と言われるキャッシングの審査です。

 

珍しいパターン

さすがに高校生は無理ですが、18歳以上で収入が安定していれば審査対象になります。

 

ちなみにクレジット会社では、ショッピングローン10万円程度は収入がない大学生でも18歳で作ることができます。保護者の確認がありますが、キャッシングも同様に保護者確認がある可能性があります。

 

中小消費者金融でも少ないのですが。反対に25歳以上でなくては借りれない中小消費者金融や街金もあります。一般的にはキャッシングは20歳以上となっています。

 

 

何歳まで借りれる?

大手消費者金融などでは、60歳代が限度です。年金受給者が借りれない場合があります。一応現役世代ということであれば、60歳定年後のキャッシングは難しいでしょう。住宅ローンなどでもこの申込年齢は厳しいです。完済可能性を確認しますが、カードローンでも同様です。

 

高齢ほど多くは借入ができないとされていますが、収入が高い場合は、毎月負担が高いことで審査に通ることがあります。ちなみに住宅ローンやマイカーローンなどがあるとしても、カードローンの申込みは別枠になります。

 

シルバーローンも存在している

こちらは70歳、80歳を上限としているもので、当然年金額も収入と見立てた場合のキャッシングです。

 

大手消費者金融ではないのですが、一部のクレジット会社、中小消費者金融や街金のサービスです。年金対象ということでは、借りれる限度も決まっていますが、高齢者でもキャッシングが可能です。さすがにインターネット申込ではなく、電話などの対応になります。

 

限度額も少ないですが、利息などはサービスなしで普通のカードローン金利並です。中小消費者金融などではローンカードがなくATMでの入出金ではなく、振込による貸付になります。

 

やはり肝心なのは収入

年齢による審査落ちは、各金融業者で扱いが違います。25歳から60歳の収入が安定しているのなら申込みができると見て良いでしょう。どのキャッシングも働き盛りで、返済リスクが少ないことで、審査通過ができるという意味です。

 

年金に関しては、老齢年金の他に障害年金などもありますが、根本的に受け付けないところ、かえって安定収入だと認識することがあります。甘い審査ほど年金受給者には借りやすい環境になっています。

 

ただし、生活保護だけは、収入にはならないので注意して下さい。年金受給者の場合は証明が必要ですが、生活保護なのに年金という嘘をつくことは絶対にバレます。

 

 

 

個人信用情報機関と金融事故について

審査に落ちないためには、個人信用情報の内容で金融事故がないことです。

 

個人信用情報?金融事故?それがわからない方もいますが、わからないということは借りれる人とも言えます。これらは、審査落ちして初めて意識する方も多いでしょう。

 

個人信用情報機関の存在

どのキャッシングでも審査をしますとあります。これは申込者の入力した情報と同時にそれぞれの金融業者が加盟している個人信用情報機関に照会します。

 

そのとき調べることは、過去と現在の借入と返済の確認です。要するに、申込者の情報では現在の借入などはわかりますが、これまでの情報が必要です。先月債務整理しましたとか、実は延滞していますというような情報も正確に知りたいのが、個人信用情報で確認するためです。

 

ちなみに、申込み内容で借入ゼロとあり、個人信用情報機関の内容と違う場合、それだけでは虚偽の申込みになります。個人信用情報機関の内容と違うだけで審査に通らないことになります。

 

 

きちんと返していた

現在契約しているカードローンの返済は遅れたことはない。ただし、携帯電話の料金が毎月遅れている。

 

消費者金融の審査では、カードローン、キャッシング以外の全てのローンの状況も確認します。そこで、契約している全てのローンの内容が個人信用情報機関でバレます。

 

キャッシング返済はしていても、違うローンで返済していないと、審査に通らないでしょう。延滞遅滞情報として、借入ができないし契約もできないです。

 

債務整理した

債務整理も金融業者で扱いが違います。中小消費者金融や街金以外では、債務整理完結後5年は審査落ちになります。この間は一切の申込みはしないことです。クレジットカードも作れない。ショッピングローンも審査落ちになります。

 

ところが、中小消費者金融の場合は、一部の債務整理であれば、すぐに借りれることがあります。特に任意整理の場合は、完済後の申込み受け付けをしている場合があります。

 

任意整理は、債務の利息カットの元金部分で3年間で完済できるように計画を立てます。その完済後は、甘い審査の中小消費者金融では5年待たずに借りれるブラック対応の審査として口コミがあります。

 

そのときに、中小消費者金融で少額融資で全て完済ができるだけの安定収入があることが必要です。審査内容はそれぞれですが、返済能力が認められることで、任意整理完済後は比較的借りれるとのことです。

 

借入情報サイトで、あちこちで推薦されている中小消費者金融がオススメです。必ず、数サイトの確認を念入りに行ってから申込みをして下さい。同名のヤミ金もありますから、公式サイトを間違いなく申込みをすることです。

 

 

 

そこはヤミ金のようです

カードローンはありませんが、審査もない消費者金融だと聞いて申込みをしました。しかし、ちょっと内容が考えていたのとは違うので、借りようか迷っています。同時に変な電話やメールが多く困っています。

 

こんな経験ありませんか?

審査がないキャッシングの選択では、大手消費者金融や中小消費者金融の借入ができない方でしょうか?

 

カードローンの借入をして、大手消費者金融でも銀行カードローンでも借りれない。甘い審査でブラックリストでも借りれるという中小消費者金融でももう借りれない。そうした時に、審査がないとか、誰でも借りれるというホームページを見かけて申込みした。

 

 

審査に落ちない消費者金融はない?

審査に落ちないというのは、申込者が審査基準に合致していたからです。

 

しかし、審査基準を満たしていないと借入ができません。ですから、消費者金融では審査通過100%は有りえません。こうした場合、他の審査基準のところに言っても借りれないでしょう。

 

大手消費者金融では、金融事故があるだけで審査落ちです。そこで、それなら最初から審査がないとされる消費者金融があれば、そこで確実に借りようというのは自然な流れです。

 

ただし、審査がない消費者金融もありません。審査が実在することで消費者金融と名乗ることができます。原則的に審査がない金融業者は全てヤミ金になります。

 

何も知らずにヤミ金に申込をしていた?

審査がないとか、申込と同時にいたずら電話やスパムメールが大量に来ると言うのがヤミ金の証拠です。ローン会社のようなふりをして、巧妙に審査に通らないブラックリストを引き入れようというのがヤミ金の作戦です。

 

会社などではなく、電話番号だけでいつでも逃げられる対応になっています。ホームページには電話番号もなく、応募フォームだけがあるところも少なくないでしょう。

 

ちなみに審査はないのは当たり前で、個人信用情報機関の確認もできません。彼らの目的は、ひっかかったブラックリストに法外な金利を付けてお金を恐喝すること。または、個人情報を拡散することです。

 

ですから、たくさんのスパムメールも舞い込むのですが、その数は1日1000通以上もザラです。しまったと思った、話しを聞くととんでもない金利で断ったというのが正解です。

 

申込みしてしまった時には、ヤミ金対応の弁護士に相談ができます。電話で相談ができますし、全国対応、24時間対応のところもありますので、遠慮なく事情を話して下さい。すぐに解決することもあります。

 

審査がないというのは、全てヤミ金です。そして、審査に通らないということは何かしらの原因があります。審査落ちの問題解決は、債務相談してみて下さい。多重債務や債務が多い、延滞遅滞をしていて、返済の見通しがつかない時には債務整理をしましょう。